2018年10月22日月曜日

EIN neuer Wirtschaftsindex ist erforderlich

Während das BIP (Bruttosozialprodukt) als Maß für Wirtschaftswachstum vorherrscht, in dem neue wirtschaftliche Indikatoren erforderlich sind, hat ein neuer wirtschaftlicher Maßstab, der das "natürliche Kapital" widerspiegelt, das die natürliche Umwelt der Region einbezieht, Aufmerksamkeit erregt. "Umweltökonomie" ist erforderlich, um einen neuen Indikator zu schaffen, um eine prosperierende und nachhaltige Gesellschaft für künftige Generationen und Menschen in Entwicklungsländern zu verwirklichen.

 Einige große Telekommunikationsunternehmen haben begonnen, den Kapitalwert der natürlichen Umwelt, wie Wälder, Ackerland und Fischereiressourcen, zu "visualisieren". ● Berechnung des natürlichen Wertes natürliches Kapital ist das Kapital, das Wasser, Luft, Boden, Flora und Fauna bilden. Das Konzept des Kapitals, das ein wichtiges produktionselement ist, das von Land und Arbeit in der Ökonomie gesäumt ist, wurde weithin auf natürliche Objekte verstärkt. Basierend auf öffentlichen Daten wie der Regierungsstatistik ist ein neuer Funktions Dienst, der neben dem Kapitalwert der Natur, der Einwohner und der künstlichen Strukturen von rund 1740 Kommunen im ganzen Land die Merkmale jeder Kommune aus den Umwelt-, Sozial-und Wirtschaftsindizes bewertet. Evasiva in der Öffentlichkeit. "Evasiva" hat den Bewohnern die Möglichkeit geboten, den Jahreswert von Wald und Ackerland zu berechnen.


 So werden beispielsweise die Auswirkungen des Oberflächen Einbruchs und der Lawinen Vorbeugung durch den Wald, die Absorptions Wirkung von Kohlendioxid (CO2), die aus dem Ackerland mitgebrachten landwirtschaftlichen Erzeugnisse, der Einfluss des Klimawandels usw. durch den Index der 10 Straßen eine quantitative Bewertung ermöglicht. In der neuen Funktion als neuer ökonomischer Indikator, aus dem Markt Ausblick, wie Versandvolumen und Transaktionspreis der Waldfläche und Holz, um ein Beispiel zu nennen, wird der Gesamtwert des Ressourcen Wertes, den der Wald jeder Gemeinde im Besitz einer regionalen Hauptstadt berechnet, sichtbar gemacht. Die Gemeinde misst die Höhe der Veränderungen in der Wald Hauptstadt und kann eine Maßnahme zur Sicherung nachhaltiger Waldressourcen aufstellen. Obwohl viele der Mittel für das Japan der kleinen Ressourcen importiert werden, ist die Nutzung der Waldressourcen im drittgrößten Waldgebiet der Welt, ohne sich auf Importe zu verlassen, ein wichtiges Thema. Es ist möglich, das "natürliche Kapital" zu quantifizieren, das das Ackerland und die Fischereiressource usw. neben dem Wald auf jeden Fall in der Zukunft gleichgültig geben. Es ist möglich, den Verlust der Quantität, die Verschlechterung der Qualität und die unsichtbare Weisheit und Kultur zu berechnen, die nicht physisch monetär sind.

new economic indicators are required

While the GDP (gross national product) is prevalent as a measure of economic growth in which new economic indicators are required, a new economic scale reflecting the "natural capital" incorporating the natural environment of the region has been attracting attention. "Environmental economy" is required to create a new indicator in view of the realization of a prosperous and sustainable society for future generations and people in developing countries.

 Some major telecommunications companies have begun trying to "visualize" the capital value of the natural environment, such as forests, farmland, and fishery resources. ● Calculation of natural value natural capital is the capital that water, air, soil, flora and fauna form. The concept of capital, which is an important production element lined with land and labor in economics, has been widely amplify to natural objects. Based on public data such as government statistics, a new function service that evaluates the characteristics of each municipality from the environmental, social, and economic indices in addition to the capital value of the nature, inhabitants, and artificial structures of about 1740 municipalities around the country. Evasiva in the public. "Evasiva" has provided the ability to calculate the year's worth of forest and farmland to the inhabitants.


 For example, the effect of the surface collapse and the avalanche prevention by the forest, the absorption effect of carbon dioxide (CO2), the farm products brought from the farmland, the influence of climate change, etc. are made possible quantitative evaluation by the index of 10 streets. In the new function as a new economic indicator, from the market outlook, such as shipping volume and transaction price of the forest area and timber to give an example, the total of the resource value that the forest owned by each municipality is calculated in the future as a regional capital is made visible. The municipality measures the amount of change in the forest capital, and can set up a measure to secure sustainable forest resources. Although many of the resources are imported for the Japan of small resources, the use of forest resources in the world's third largest forest area without relying on imports is an important issue. It is possible to quantify "natural capital" that the farmland and the fishery resource, etc. give to indifferent in addition to the forest at any rate in the future. It is possible to calculate the loss of quantity, deterioration of quality, and invisible wisdom and culture that are not physically monetary.

需要一个新的经济指标

虽然国内生产总值 (国民生产总值) 是衡量经济增长的一种指标, 但需要新的经济指数, 但反映该区域自然环境的 "自然资本" 的新经济规模已引起人们的注意。 鉴于为子孙后代和发展中国家的人民实现一个繁荣和可持续的社会, 需要 "环境经济" 来创造一个新的指标。 一些大型电信公司已经开始试图 "形象化" 自然环境的资本价值, 如森林、农田和渔业资源。

 自然值自然资本的计算是水、空气、土壤、动植物形成的资本。 资本概念是在经济中以土地和劳动为核心的重要生产要素, 已被广泛地扩大到自然客体之中。 根据政府统计等公共数据, 一项新的职能服务, 除了全国大约1740个市镇的自然、居民和人工结构的资本价值外, 还从环境、社会和经济指数评估每个城市的特点。 在公众 Evasiva。 "Evasiva" 提供了计算森林和农田对居民的年价值的能力。 例如, 利用10条街道的指数对地表塌陷和森林防雪崩效应、二氧化碳吸收效应 (CO2)、农田所带来的农产品、气候变化的影响等进行了定量评价。


 在新的经济指标中, 从森林面积和木材的航运量和交易价格等市场前景看, 在未来作为区域资本, 每个城市所拥有的森林所拥有的资源价值总量是可见的。 自治市衡量森林资本的变化量, 并可以制定一项措施, 确保可持续的森林资源。 虽然许多资源是为日本进口的小资源, 但在世界第三大森林地区使用森林资源而不依赖进口是一个重要问题。 耕地和渔业资源等的 "自然资本" 是可以量化的, 除了在未来的森林中, 还要给予漠不关心。 可以计算出数量的损失、质量的恶化、无形的智慧和非实物货币的文化。

環境ビジネスここがポイント 2002年12月

製品の環境性能についての環境情報を製品のマーケティング、宣伝広告に使用する環境ラベルが製品に添付されるケースが増えている。背景には2つの理由がある。ひとつは購入者である事業者・生活者に対して環境ラベルを使用することで、製品について何が環境に配慮しているか、どのような環境負荷を持っているか、どのような点で環境保全に貢献するかなどの情報を開示。製品の利用を促進させるため。もうひとつの理由は生産者の環境主張が可能、環境ラベルの取り組みによって製品の環境性能を的確に捉えられる、環境面からの消費者のニーズを把握できる、グリーンコンシューマの育成に寄与できるなどが挙げられる。

では、どんな環境ラベルのタイプがあるのか。ISOの環境ラベルの分類によると3タイプある。タイプ1は独立した第三者が事業者や一般消費者からの申請に基づき製品分野ごとの判断基準について認定し、マーク表示するもので、具体的にはエコマーク。タイプ2は事業所独自の基準によって、製品における環境配慮をマークのほか宣伝広告に使用するもの。タイプ3はLCA(ライフサイクルアセスメント)手法などを用いて環境負荷データを定量的に表示するもの。タイプ1のエコマーク認定は現在4647品目。89年、人程度開始当初はわずか9品目だった。

グリーン購入法の制定、グリーン購入ネットワーク(2601団体加盟)やグリーンコンシューマの台頭などが環境配慮型製品市場のゆるやかな拡大の誘因になっているが、現在、環境配慮を念頭に置いた消費行動をとる事業者や消費者は全体の3%だといわれている。しかしこれが7%を超えると、一気に市場はブレークするだろう。信頼性や透明性、広範な環境情報などの提供について課題はあるものの、これからますます環境ラベルの製品の購入者のインターフェースとしても役割は重要なものになってくるだろう。

2018年10月21日日曜日

環境ビジネスここがポイント 2002年1月

森林保全ビジネスが裾野を広げそうだ。国内の森林は言ってみれば荒れ放題。無策な植林、無配慮な伐採、すざんな管理など森林の荒廃は目にあまる。背景には森林事業の大いなる誤算があった。木材やバルブは安い価格で海外から供給され、森林事業は成り立たず壊滅状態に。しかし、森林事業が経済的インセンティブを伴う事業として成立しそうなほのかな光明が見え始めた。

理由はいくつか挙げられる。まず国際的な経済指標であるGDP(国内総生産)の係数の中に環境要求を取り入れるグリーンGDPの取り組みが始まっている。例えば森を切って海外へ輸出すればGDPは上がる。それによる土壌流出や森林消滅による生態系の破壊、CO2の増加によるコストはGCPには現れない。この環境へのマイナス影響を考慮して従来のGDPを見直そうというものだ。さらに排出権取引制度にからむCO2の抑制のための森林保全、ISO14000ベースの森林認証制度など。そうした国際的な流れを読むと、今まで通りに、おいそれと安い森林資源を海外に求めることは無理。したがって国内森林の有効な利用の取り組みは避けられない。

経済性、人的資源などに乏しい森林事業にいかに活力を与えるか。この担い手として登場しようとしているのが、マネジメント能力のある建設および土木関連事業である。森林保全とそれに伴う管理、そして間伐材など木質系廃棄物からのエネルギー回収、建材利用の促進、排出権取引などの新たな経済的インセンティブによる森林経営のトライアル。何もなかった襟裳岬を豊かな森に変え、豊潤な海を取り戻した襟裳岬の昆布漁師の言葉。「私らが漁師だからといって、海のことだけ考えればいいということではなくて、山が荒れると海が荒れるというんだということ。頭の芯からそう思うんですよね」。事業の原点であって欲しい。

2018年10月20日土曜日

新たな経済指標が求められている

新たな経済指標が求められている

 経済成長を測る尺度としてGDP(国民総生産)が常識・横行する一方で、地域の自然環境等を組み入れた「自然資本」を反映させた新たな経済尺度が注目されている。将来世代及び途上国の人々の豊かな持続可能な社会の実現を視野に入れた新たな指標創出「環境経済」が求められている。一部大手の通信関連企業が各地の所有する森林や農地、水産資源等の自然環境の資本価値を「見える化」しようとする試みも始めている。

 ●自然価値の算出
 自然資本とは、水や大気、土壌、動植物等が形成する資本のこと。経済学でいう土地,労働と並ぶ重要な生産要素である資本の概念を広く自然物にも敷衍したもの。すでに政府統計等の公開データを基に、全国各地の約1740の自治体の自然や住民、人為的な構造物に関する資本価値に加えて、各自治体の持つ特性を環境・社会・経済の指標からも評価する新機能サービス「エヴァシーヴァ」として公開している。これまでの「エヴァシーヴァ」では、森林や農地がそこの住民に与える1年間の価値を算出する機能を提供してきた。例えば森林による表層崩壊・雪崩防止の効果や二酸化炭素(CO2)吸収効果、農地からもたらされる農作物、気候変動の影響等10通りの指標による定量的な評価を可能にしている。

 ●新たな経済指標として
 新機能では、一例を挙げると森林面積や木材の出荷量と取引価格等の市場見通しから、各自治体が所有する森林が将来算出する資源価値の合計を地域資本として見える化。自治体は森林資本の増減量を測りながら、持続可能な森林資源を確保できる対策を立てられる。資源小国の日本にとって資源の多くを輸入するが、輸入に頼らず国土の森林面積が世界3位の森林資源の利用は重要な課題なのだ。それはともかく森林の他、農地や水産資源等が将来にわたってわたしらに与えてくれる「自然資本」も定量化が可能だ。量の減少や質の劣化、物理的に金銭にならない見えない知恵や文化の算出も可能だ。

 ●今回の新機能はについては完成までには程遠い。逆に未完成だからこそ独自判断次第で自社の将来の得べかりし事業創出につながるのでは。こうした新たな試みは過去何度も繰り返し提案されてきたが、成功事例として結実した事例は残念ながらナシ。しかし自然資本の定量化は避けられない時代に入ってきている。枯渇性の高い資源の的確な把握、資源小国の日本にとって新たな資源開発は大きな商機である。ましてや環境ビジネス市場は第3次産業が中心になろうとしている。このいくつかのキーワードの中から浮上する新ビジネスはいくつも想定される。

 ●グリーンGDP的な発想を
 以前に本稿でグリーンGDPについて触れた。この発想こそが来るべき時代に求められている。この延長線上に新たな事業チャンスを発掘できるのだ。未利用資源は数えれば枚挙に暇がない程である。

2018年10月18日木曜日

環境ビジネスここがポイント 2002年2月

市場のグリーン化が始まっている。製品の購入、利用、廃棄について常に環境配慮を優先する消費者がこの国に登場した。グリーンコンシューマと呼ばれるこの消費者は全消費者との比率で言えば、わずか2~3%に過ぎない。しかし、この数値の多寡というより、むしろこうした新しいタイプの消費が登場したことがとても重要なのだ。なぜなら、物事が大きく動き始める時の必須のコアができたからだ。

物事が段階的に発展していく際の各段階の目安として3%、7%、30%という数値がある。たとえば最初に先駆的な3%のマニアが動き始め、次第に広がりを見せ7%に達すると、一気に加速化して30%台に。市場に影響を与え得るトレンドへと発展する。現段階において、グリーンコンシューマはいってみれば「環境マニア」かもしれない。しかし、消費者の環境意識の高揚、子供のリサイクル学習の普及、一方、企業の消費者に向けた環境情報の開示の進展などのインセンティブを考えると、このトレンドに揺るぎはない。ちなみにドイツあたりのグリーンコンシューマは60%を超えると。

グリーンコンシューマのグリーン購入にあたっての10原則がある。要約すると、リサイクル可能で、省エネ、省資源。環境負荷が少ない、修理、修繕が効いて長持ちして、かつ安全なものを購入基準としている。こうしたグリーンコンシューマの増大によって、企業サイドは環境配慮型製品や環境ラベルの開発が必至である。環境配慮のない製品や公害たれ流しの生産ラインから生産される製品が駆逐されてしまうのは将来、そう遠くない。安かろう、環境に悪かろうという中国製品はそう長く続かないと読む。百円ショップも難しくなる。逆に、品質・環境に配慮する製品およびサービスの本格出番はすぐそこだ。ちなみに、従来価格の15~20%高の環境分は買い支えるのがグリーンコンシューマである。