2019年6月17日月曜日

都市鉱山は希少金属の宝庫なのだが…。

都市鉱山は希少金属の宝庫 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催にあたり、日本の大会組織委員会は 「都市鉱山」から採取した金・銀等の希少金属を各メダルに再利用いう試みを4月か ら始めるも遅々として進んでいない。 「なぜ、何だろう?」 こうした希少金属の再資源化は今に始まったことではない。13年に使用済み電子機器 等を対象にした「小型家電リサイクル法」が施行されるも、各使用済み製品の各回収 義務のないため回収率は15年度で10%足らず。メダル再利用をキッカケに都市鉱山の 再資源化…夢のまた夢という現況とは。。

●都市鉱山とは 都市鉱山とは、スマートフォン、ガラ携、ゲーム機等のIT製品や小型家電製品にレア メタル(希少金属)や有価貴金属等が含まれている。 それら使用済み製品を「採掘可能」な資源と考えて、都市に埋蔵されるひとつ鉱山と する概念。 都市部で排出された不用になった電気・電子機器をリサイクルして、そこから貴金属 やレアメタルを取り出し再利用するもの。1980年に南條道夫(当時東北大学選鉱製錬研 究所教授)らによって提唱された。 株価の低迷での「金本位」、東京オリンピック・パラリンピックのメダルへの再利用等 の機運もあり、金・銀等の貴金属の価格が上昇するに伴い、再び注目されている。

●世界有数の金銀の所有国 物質・材料研究機構の試算では、日本の都市鉱山には金が1800㌧と世界の埋蔵量の16% 、銀が60000万㌧で約22%が眠っている。金銀ともに埋蔵量は世界一だ。 ちなみに銅は3800㌧で第2位だ。それぞれが世界の需要に対して約3年分は充分に供給で きる量に達する。 その他リチウム7年、白金5年、レアアース2年分は優に供給可能だ。 この都市鉱山の埋蔵量からみると、日本は世界有数の隠れた「資源国」なのだ。しかし 未利用のまま放置状態が続く。 資源小国・日本として、排出量は世界トップクラスの食品ロスと同様に、今一度考え直 す命題のひとつだ。

●海外での資源獲得よりも再資源化の道を パソコン、スマホやゲーム機等に含有される金は0・03%。一方、自然界の鉱石1㌧から の採取量は3~5%だと言われている。その割合は0・0003%程度。枯渇性の高い他 の金属も鉱石からの採取量も次第に減ってきている。取り過ぎて含有量の多い鉱石が減少 しているからだ。 そんな現状を踏まえれば、含有量が確実な都市鉱山の有効利用へおのずと目が向く。 しかも都市鉱山なら、大規模な採掘での自然破壊、採取時の有害物質による環境への悪影 響、地域住民の公害・健康被害の抑制に繋がる。しかし産業界や学者の一部から紋切型の 声を聞く。「コスト面では天然鉱石には勝てない」と。 実際のところ、金銀その他のレアメタル回収のリサイクルコストを下げる技術は日進月 歩で進んいる。 環境ビジネスでは、「リサイクルは廃棄物を材料とした製造業」と視点からみると、都市 鉱山からの金属回収を業とする成功事例も少なくない。横浜金属を先達として、今は田中 貴金属も本格参入して事業所の裾野を広げている。

●各メダル全部の供給は空疎 2020年東京オリンピック・パラリンピック大会組織委は4月に「都市鉱山からつくる!みん なのメダルプロジェクト」を東京都始め、全国の自治体を窓口にスマホ、ガラ携、ゲーム 機、パソコン等電子小型家電の回収を始めた。リサイクルした金、銀、銅でメダル5000個 すべてを作るのが目標だ。掛け声だけの取り組みに終わるのでは、と言う危惧がある。 2001年家電リサイクル法施行、現在、家電リサイクル率52%。2013年小型家電リサイクル 法施行、現在、同リサイクル率10%以下と言うのが実情。 国としてはオリンピック・パリンピックの大イヴェントに相乗りして、進まないリサイク ル率を一気に高めたいところだが、ここでも他人任せの「自主的な」回収システムにお任 せなのだ。結果として都市鉱山の小型家電は資源として海外へ流出したり、自治体に引き 渡される過程で業者に高い値段で流されたり、リサイクル費用後払い(リサイクル費用逃 れ)ゆえの不法投棄されたりしている。要は、普通の経済ルールでモノが動いている。

●減容・減量化が課題 出たものをどうするか?と言う対処療法でなく、都市鉱山が誕生しないように最初からヴァージン資源を極力使わないルール作りが求められている。変わらない消費者の果てしない 欲望をくすぐる新製品が市場を賑わす。資源小国であり、しかも将来世代の持続可能な社 会の実現を考えるならば、将来世代が享受すべき資源の先取り、資源浪費は回避の発想が 必要ではないのか。

Increase in waste paper and purchase value 1999.08.15

In August, the amount of paper wholesaler in Kanto area rose by 50 Sen from the previous month by a newspaper paper of 4 to 5 yen, and cardboard paper for 1 to 2 yen. Four to four newspapers in the Kansai area. 5 yen, and the magazine paper is 0 yen and 50 sen to 1 yen each. Demand for paper companies is growing. That said, the price is still low, many people look at the recovery companies that it is not expected to increase the recovery at this level of appreciation.

2019年6月16日日曜日

To Nature reproduction type Public Works 2003.03.20

The company entered a period of transition from public works that caused deterioration of the environment to natural rebuild-type public works. Last December, the governor of Kumamoto Prefecture, Yoshiko Seya, announced that it would immediately take the removal work after renewing water rights until March 31, 2003, when the water rights of the prefectural Arase Dam Country (50 years) expired on March 31, 2002. In the background of this nationwide first dam removal policy, there is a reason such as environmental deterioration of the Kuma River, fiscal pressure by the repair cost of dam embankment and the generator, and less than 1% of the demand amount of total electricity in the prefecture. In the midst of this dam, Yatsushiro-gun, the "devastating impact of the fishery aquaculture industry due to the deterioration of the natural environment" is a keen peep. The removal of this arase dam is inevitable now, the impact on the existing dam operation and new dam construction of 2700 group size combined nationwide. United States the dam kingdom, where the dam is believed to be a symbol of progress and prosperity, the 75000 more than 50 years have passed since the 1990s, when dams have been removed from the 90 's, and more than 500 dams have been removed. Doubts about water quality, environmental deterioration, flood control and economic effect by dam. Furthermore, in some states of United States, if an accident occurs due to dams, state laws are enacted to impose the responsibility on the dam owners, and they are directing the dam to be removed. After the dam removal in the United States, a lot of schools of fish are confirmed one year later, and the return to nature is advanced. Then, a new industry is born. In addition to the dam removal overseas, reclamation, wetland, and other natural environmental regeneration are the main projects for public works. The regenerated nature contributes to the creation of key industries in the region, including fisheries and hydrophilic tourism, as well as water purification. It has been proven that the rebuilding of the environment is not simply "natural regeneration", but it is effective for economic and regional activity. It is wiser to pursue the possibility of a big business opportunity in a fresh public works flow such as the dam removal, the multi-nature of the river and the reclaimed land.

食品産業における有機性排水処理 1999.03.15

環境庁が98年2月に発表した「97年度公共用水域水質測定結果」によると、カドミウムやシアンなどの有害物質を対象とした健康項目で環境基準を超えた測定値点は、全国5549地点のうち27地点で、 達成率は99.5%だったのに対し、 生活環境項目については水質汚濁の指標とされるBOD
(生物化学的酸素要求量)やCOD(化学的酸素要求量)の達成率は低く、 河川で80.9%と前年度を7.3%上回ったものの、湖沼は41.0%(前年度42.0%) 、海では 74.9%(同81.1%) と大幅に下回った。この結果からも分かるように、近年の水質汚濁で問題となっているのは有機性排水を原因とする生活環境項目であり、 早急な対策が必要となっている。

汚染原因の7 割を占める一般家庭からの生活排水については、厚生省が補助金制度を設けて合併処理浄化槽の普及促進をすすめている。ー方の事業系排水に関しては、これまで水質汚濁防止法の規制対象外だった1曰平均排水量50立方メートル未満の小規模事業場について、すべての都道府県がより厳しい上乗せ排水基準を設けるなど、規制強化の方向で進んでおり、日本産業機械工業会の「環境ビジネスに関わる調査研究によれば、水質汚濁防止関連の市場規模は2010年に8兆3786憶2000万円まで拡大すると予測されている。とくに大半を小規模事業場が占める食品工場や外食産業では小型の有機性排水処理装置や油水分離装置の需要拡大が測待される。

2019年6月15日土曜日

1日4トンの堆肥を作るリサイクル工場を兼ねる牧場 2002.10.20

食品廃棄物は排出事業所が徹底分別して搬入する。分別された廃棄物は飼料用と堆肥用に使われる。堆肥についていえば、約3か月かけて70度℃の温度を保ち、牛糞などを混入して機械で切り替えしつつ発酵させる。月のプランニングコストは5万円程度。そして残りの3か月で熟成させる。まさに酒の醸造を同じなのである。できあがったたい肥は匂いもなく、さらさら・どんなところで使っても「安全・安心」の特上のもの。一部の堆肥は近隣の農家が買い取る。堆肥が良いから美味しい農作物が収穫できる。それを排出した温泉旅館や飲食店などが買い上げる。排出事業所ー牧場ー農家ー排出事業所と廃棄物がぐるりと循環し、農作物に姿を変えて戻ってくる。

リサイクル事業とは、それぞれの事業所の連携の上で成立。一事業所のみでは成立しない。まして装置導入しただけでは循環しない。廃棄物の循環のシクミがあってこそ、事業として成立する。多くのリサイクル事業を見ていると、装置導入が取り上げられているが、そうではない。リサイクル事業の一環として、適正な装置を手当てしてこそ、装置は活きるし、導入可能になる。要はビジネスモデルの構築が先決である。当牧場は独自には衣鉢した切り替えし装置を3000万円で販売する。社長の夢は「堆肥を打ったお金で肥料代をまかなう」賢い限り。

建筑生产废弃物的平均自愿目标值 1998.09.15

在东京, 该公司与在东京拥有5亿多日元资本的82个承包商达成一致, 总结了其促进工业废物适宜性和资源管理的自愿目标。 1998财年, 资源利用率为沥青/混凝土质量的 8.1% (97 平均实际价值 8.6%)、混凝土质量 (88.6)、木材废料占 67.1% (50.1%) 和其他废物的 40.4 ( 如32.8%)。

2019年6月14日金曜日

ふとん再利用の推進協議会発足 1999.03.15

江東区で寝具店を営む4業者が「ふとんリサイクル推進協議会」を立ち上げた。ふとんは97年度に23区内で出された粗大ゴミのトップで32万枚。びん、缶などに比べ再利用が遅れ気味のふとんだが、ふとんの打ち直しにかかる費用は1枚8000円から1万円と新品を買う場合の半額程度。そのため、協議会では有効な再利用法として消費者にPRしていきたい考え。

廃プラの地球規模での海洋汚染深刻化

プラスチックごみ(廃プラの海洋汚染が世界規模で深刻化

プラスチックのごみ(廃プラ)が海洋汚染が拡大。生態系破綻に繋がる地球環境問題として浮上。その対策として日本政府・環境省が動き出した。全国のコンビニやスーパー等小売店で使われているプラスチック製レジ袋の無料提供を禁じる法制化に乗り出した。EU(欧州連合)は2030年までに使い捨てプラスチック製品の「使用禁止」を打ち出している。各国で排出されるプラスチックのごみが毎年約800万㌧が海を浸食中で、波力や紫外線によって分解された微細な粒子(5㍉以下のものをマイクロプラスチック)による生物や生態系への悪影響が深刻化しているが、現状追ってみた。

●海の生態系への悪影響
廃プラ(プラスチックごみ)の海洋汚染は今に始まったことではない。1970年代には海鳥に釣り用の糸が絡んで飛べなくなったり、海亀がプラスチック片を餌と間違えて飲み込んで死んだ事例が多く報告されている。90年代後半には海流によってプラスチックごみが集積してできた「太平洋ごみベルト」が問題視された。その面積は日本の国土の役4倍だと言われている。そして2018年6月にカナダで開催されたG7首脳会談では海洋に漂うプラごみを減らす数値目標を盛り込んだ「海洋プラスチック憲章」が採択された。ちなみに日本政府は米国政府と共にこの憲章の署名を見送っている。世界経済フォーラムの調査結果では、海洋へ流出するプラごみは年に約800万㌧。海に漂う1億5000万㌧余りだと言う。この状態を放置しておくと「50までに魚介類をの総量を超える」と警告している。更に水深6000㍍よりも深いところで発見されたごみの90%は使い捨てのレジ袋やペットボトルだったと言う。深刻なのはこうした廃プラのマイクロプラスチックが有害な化学物質と吸着。プランクトンや魚介が食べて有害物質は体内に蓄積・凝縮される。食物連鎖で人間を含む生物に悪影響を及ぼすのは必死だと思われる。目に見えない悪影響には無頓着なのがこの国の習い性だ。かっての水俣病の世界的な再来だ。

●増え続けるプラごみ
国連環境計画によると世界で消費されるレジ袋が年に5000億枚。飲料容器としてのペットボトルについては1分間に100万本消費される。先進国ではプラスチックのストロー等の使用中止やリサイクルの向上を目指しているも、それらの使い捨て製品はわずか9%に過ぎないのだ。日本は世界第3位の廃プラスチック輸出大国であり、2017年は143万トンの廃プラスチックを輸出した。日本のこれまで廃プラの主な輸出先は中国であり、年間輸出
量の半分を輸出していた。中国が2017年末から主に生活由来の廃プラスチックの輸入を禁止すると、日本の廃プラは東南アジアや台湾へ輸出されるようになったが、これらの国・地域も次々に輸入規制を導入した。このため、日本国内で処理される廃プラスチック量が増加している。廃プラを取り巻く環境が変化する中、新たな輸出先を探す対処療法的でなく、プラスチックに対する抜本的に発想を改める必要があるだろう。

●先駆的な都道府県の取り組み
レジ袋については2006年「容器包装リサイクル法」改正時に専門家らから有料化を求める声も出るも法制化は見送られた。その後、都道府県で何県かは独自で有料化をスタートさせた。例えば富山県。同県は08年以降、県内のスーパーやクリーニング店と協定を結びレジ袋の無料提供を廃止した結果、10年間でレジ袋約14億4700万枚を削減。山梨県も08年からスーパーのレジ袋の有料化を始め、これまで約8億5500万枚減らしたと言う。
現在レジ袋を有料化を実施する都道府県は20を超えている。

●エコマテリアル(環境配慮型素材)等の新産業の創出チャンス
一部のプラごみ対策として従来の石油系プラスチックから、天然・植物由来の紙や生分解性プラスチック(グリーンプラスチック)の使用促進の動きが本格化しそうだ。素材開発では世界のトップランナーを走る日本の素材開発メーカーには大きな商機を迎えている。環境に配慮したグリーンプラスチックの技術はすでにスタンバイ状態にある。市場に見合うコスト縮小も時間の問題モンダイなのだ。実現すれば名実ともに世界の「環境技術立国」だ。

●我が国の周回遅れの地球環境対策
食品ロスや海洋プラスチック問題など、地球規模の環境配慮に関する動きを見ていると、世界的に日本が進んでいるとは言い難い。2018年5月に開催されたSDGsのセミナーでも「日本は周回遅れ」と評されていた。国連環境計画(UNEP)によれば、日本人1人が排出する使い捨てプラスチックごみ量が、世界で2番目に多いのだ(1位は米国)。国際的なルールを反故にして海洋への放射能垂れ流し。廃プラは目に見えるが放射能や温室効果ガスは目に見えない世界だ。この目に見えない世界にこそ目を向ける時期にきているのでは。このところ我が国の環境政策は「新しい判断」とやらで大幅に後退しているように思えるのだ。人間の果てしない欲望の延長上に競い合うGDP(国民総生産)による尺度は限界値にある。相当以前に熱帯林を伐採し、木材を輸出してGDPを拡大した国々があった。しかし一方で緑・森林資源を減少した国は国力が長らく停滞している。今こそ、従来のGDP至上主義からの脱皮が求められている。今こそ「環境技術立国」に相応しいグリーンGDPの発想を構築する必要な時代にきている。安藤眞

今治毛巾 - 毛巾在风中编织

我们可以用思想和智慧进入环境商业。 今治毛巾现在已经发展成为一个世界性的品牌, 但也有这样的历史。 现在老了。 那是一个中国制造的大量廉价毛巾进入国内市场的时代。 被迫去某种挣扎的毛巾交易员..。 不要对正在成为产品趋势的环境考虑。 然而, 这些技术熟练的人并不具备这一技术。 出现的想法是这样的。 在毛巾编织的工厂中使用可再生能源和风力发电。 该公司决定从四国电力的风力发电中购买可再生能源来运营该厂。 "由风力发电编织的毛巾", 所以你放在毛巾上的名字是 "毛巾在风中编织"。 市场推出后, 销量超过预期。 有利可图。 通过盈利资金, 我们建立了环境管理, 并开始开发来自植物的生物降解塑料原料的新产品。 我多次被介绍为没有技术技能的智力和想法进入环境商业的例子之一。 之后植物的过渡是不确定的。

World population exceeds 6 billion people 1999.08.15

The world population counter, which is displayed on the Internet by the U.S. Department of Commerce and Statistics, topped six billion people at Japan time on July 19. According to the World Population report released in January 1999, the world population, which reached one billion people in 1804, has continued to increase at an accelerated pace even after it surpassed three billion people in 1960. It expects to reach approximately 8 billion people in 2025 and about 9.3 billion in 2050.

2019年6月13日木曜日

【要点在这里】生态城镇业务 - 私营企业为中心的领先回收设施 2002.06.20

"通过支持发展以私营企业为中心的领先回收设施, 生态泰的业务将继续积极发展, 作为一项国家政策, 以支持创建零废物城市, 并促进环境产业成为一个新的产业。 生态城镇业务将显示今年经济产业省环境预算分布的最大增长率。 今年, 去年增长了13亿日元。 以 "资源回收补贴" 为幌子, 今年的主要业务是 "对宠物瓶、塑料废塑料、废木等回收设施的补贴"。
过去, 生态城镇业务得到了全国 1 5个地点的认可。 我听说目前有50个地点, 该地区正准备申请生态城镇项目。 今年, 第一个 "富山生态城镇规划" 被经济产业省和环境部批准, 削减顶。 该业务的内容是用于包装塑料、塑料加工和农业中产生的废塑料的回收材料, 以及回收成胸罩材料的材料。 左边是转换为石油的过程。 促进 "混合废塑料回收利用", 该区域在没有废物的情况下使用。 此外, 我们还将建筑垃圾回收成高附加值的建筑材料, 以及当地房屋制造商使用的企业。
当我们看生态城镇业务的轮廓时, 我们将促进向铁路和航运的模式转变, 以建设静脉物流网络, 以及废物和服务回收、医疗废物和 pcb 解毒。 引入自然能源和更多。 未来, 生态城镇业务将加快发展, 实现区域循环型社会。 可以肯定的是, 它将在该地区创造第一个环保企业, 但这个问题能否作为盈利企业继续存在?

土壤与信息交换网络的建设 1998.09.15

建设部将与农业、林业和运输部合作, 在1999财政年度建立和运行土壤建设信息交流系统, 以促进停滞的建筑土壤的再利用, 回收率为 32% (1995 财政年度)。 该系统是用个人电脑实时交换与建筑工地和公共工程及相关组织的信息。 了解基于注册信息的施工土的生成和再利用情况。

2019年6月12日水曜日

Japan's material balance 2001.07.20 (1)

According to "Japan's material balance" summarized by the Ministry of Land, Infrastructure, and environment, approximately 90% of the total material input in this country is natural resources (imports of crude oil, food, etc., about 700 million tons, and the domestic collection of 1.1 billion tons). About 40% of the energy consumption, about 400 million tons of food consumption, about 1 billion tons of industrial waste, and about 300 million tons, and general waste. 100 million tons). It is said that the entire 10% (about 200 million tons) are recycled and reused. By the way, 100 million tons of industrial wastes are recycled, and the remaining years of the final disposal site of the discontinued waste are still 1. Decline in six years. In order to break away from such mass consumption and mass-waste society, with the Ministry of Land and Infrastructure, the National Council on Land Development plans to formulate a new grand design, a country-wide plan to replace the current nationwide development plan (total), is under consideration of the "land formation of the circulation type and the environment symbiosis type".

It is important to recycle wastes and reuse them in the search for "land and regions with low environmental impact". However, it has various problems even if it is merely recycling. For example, compared to Virgin materials, the recycling material is high in price, the market is not formed as a valuable thing, and the problem of the environmental impact in the process of recycling. Therefore, the demand for recycled materials is low, and the cost of recycling flows toward lower costs. It is used as a fuel aid for the "gasification melting Furnace" which is the final means of recycling, and the blast furnace reducing agent of steel, and it melts waste at super high temperature. Many resources are depleted in the 21st century. When you think about it, it is important to recognize that waste is a resource, and how is the concept of easy recycling by cost and so on? The idea of mass production and mass recycling is in the background. Without the conversion of "optimal production, consumption, and minimum disposal" without the consumption of natural resources, the 21st century would be unsustainable.

オゾン層破壊を飛行船で食い止める 1999.03.15

環境庁国立環境研究所、通産省機械技術研究所などで、飛行船を使ったオゾン層破壊防止が構想されている。計画では、複数の無人飛行船を南極上空の成層圏にとどまらせ、気化させた金属ナトリウムを噴霧、オゾン層破壊を引き起こす塩素原子と反応させ塩化ナトリウムにするというもの。まずは成層圏内の詳しい大気観測をすることから始め、オゾンホール修復を目指す。

2019年6月11日火曜日

Eco Town Business 2002.06.15

"By supporting the development of a leading recycling facility centered on private business operators, the eco-town business will continue to be actively developed as a national policy for the purpose of supporting the creation of zero waste cities and fostering environmental industries as a new industry." The Eco-town business represents the largest rate of growth in the distribution of the Ministry of Economy, Trade and industry in this year. 8 billion yen for the previous fiscal year to 1.3 billion yen.

In the name of the "subsidy for resource recycling area promotion facility maintenance fee", the main business contents of this year are "subsidies for recycling facilities such as recycling facilities such as PET bottles, waste plastics, waste wood, etc." The eco-town business has been certified by 15 locations nationwide. I hear that we are currently preparing to apply for eco-town projects in 50 locations and regions. Among them, the first "Toyama City Eco-town plan" in Hokuriku, which was recognized by the Ministry of Economy, Trade and Industry and the Ministry of the Environment, cut the top of this year. The contents of the business are recycled into raw materials such as container packaging plastics, plastic processing and waste plastics generated in agriculture. The left is about oil processing. We promote "hybrid waste plastic recycling," which is used within the region without waste.

In addition, we recycle construction waste into high value-added building materials, and businesses that are used by local house manufacturers. If you look at the eco-town business outline of the application plan, we will promote modal shift to rail & Ship (rail & Shipping) to build a network of venous logistics, as well as waste materials and service recycling, medical waste and PCB detoxification, The introduction of natural energy. In the future, the eco-town business will accelerate to the realization of a regional recycling-oriented society. It is certain that the first environmental business will be created in the region, but the challenge will be to continue as a profitable business.

2019年6月10日月曜日

最新浄化技術で資料集 1999.03.15

土壌・地下水汚染のための新技術開発動向について環境庁が資料集をまとめた。バイオレメディエーションや、土壌を加熱して揮発性有機化合物を分解する技術、地中に電流を流し有害な重金属を集める方法など、約40種の技術について利用の仕方を紹介。浄化作業のしやすさや除去効果などの評価結果も盛り込んでいる。全国の自治体などに配布、技術選定の目安として利用してもらう。

How to launch environmental business in small and medium sized enterprises 1998.09.15

Let me introduce the way to the successful establishment of the eco-business of the small and medium-sized enterprise. At the beggining, recruit people who are interested in the environment business. It is the one like a different industry exchange association so to speak. When members gather together, they introduce the contents of the work of the business, and make the relation where the face is seen mutually is assumed. I propose what kind of business I want to create for the extension of the development. The talk is early if it comes to come to see the relation which can complement each other in the business creation and to do together. Not only one company, but also work and time can be dispersed if the respective specialties are effective. If there are a lot of members, and the theme is divided, I make a subcommittee. Then, formulate business possibilities and business plans. What is important here is market research. Jointly explore market needs and formulate ideas. This series of work is unexpectedly easily done, and the case to fail not to come to terms with the market as a result is not a little though the price is made a product plan and the material and the design are decided if the environment goods.

Now, if we decide to go with this, it is a business cooperative that is effective as an organization that promotes concrete business. The purpose of a joint business cooperative is to produce, process business, sales business, order business, market development, sales promotion business, R & D business, financial and debt guarantee business, and the low technology of small and medium-sized enterprises It is intended to complement and enhance the weakness of market development and financing. You can gather more than four members. The business cooperative is established thus, and the business is finally started.

For the examples of environmental business, we import and sell products and services from overseas, develop technology as an extension of our traditional businesses, develop products and services by taking advantage of our specialty fields, and develop many years of research into environmental technologies. It is possible to change the business category from a major subcontractor and enter into a new field. In any case, there is a strong commitment to the environment to the business entity, and a proactive proposal to improve the environment is the key to success.

盐管再生率70% 的措施 1998.09.15

氯乙烯管协会和配件协会宣布了对 PVC 管材等房屋的废弃物回收业务的积极措施。 将引入总承包商和建筑工会, 从全国36家回收和再循环公司中选择10个地点, 以支持设施的扩建。 10月, 关东和关西地区在本财政年度内在所有地区建立了基地。 它计划到2000年实现35% 的回收率, 达到 70%, 头三年的预算为5亿日元。

2019年6月9日日曜日

Das 21. Jahrhundert ist das Zeitalter der Wasserstoffzivilisation 2

● Entwicklung von Brennstoffzellen-und Wasserstofffahrzeugen, die mit Brennstoffzellen intensiviert werden. Das Brennstoffzellenauto, das mit dem Elektromotor fährt, soll die endgültige Form des Öko-Autos sein, und Toyota und die Autohersteller eilen zur Entwicklung. Ziel der Regierung sind 40.000 Einheiten bis 2020, der Status quo bleibt aber bei 1800. Wenn es einen Punkt gibt, an dem ein Autokonzern in einem Verbrennungsmotor mit einem herkömmlichen Benziner statt mit dem Motor am Laufen bleibt, ist das Wasserstoffauto mit dem Verbrennungsgerät mit Wasserstoff als Kraftstoff ausgestattet? Der Ausbau von Wasserstoffversorgungsstationen (derzeit 90) ist an beiden Stellen erforderlich. In den Medien aufgerusten.  

Es ist unvermeidlich, dass sie den Schwung des empfohlenen Elektroautos durch diese "Go-on-Verhaftung" fallen lassen werden, stattdessen werden Brennstoffzellenautos im Rampenlicht stehen ...

● Vermehrter Einsatz von mobilen Geräten. Sie kann lange als eine herkömmliche Batterie genutzt werden, die für mobile Geräte wie Mobiltelefone und Personal Computer genutzt wird. Brennstoffzellen wurden von Elektro-und Telekommunikationsgeräteherstellern entwickelt. Mit der Verbreitung mobiler Geräte auf dem Markt wurde die Nachfrage als dringend bezeichnet.  

Es ist jedoch der aktuelle Hals, dass die Methode der Reaktion auf Methanol und Luft üblich ist, und es ist schwierig, die Methanol-Patrone der Wasserstoffsammlung usw. durch die Terrorismusmaßnahmen ins Flugzeug zu bringen.

● Wasserstoffernte aus nicht fossilen Brennstoffen. Ressourcen, die auf den Großteil der Energieressourcen in Japan angewiesen sind, können wir auch die Ressourcensicherheit sichern, wenn wir Wasserstoff aus "Wasserressourcen" und "Biomasse" sammeln können, der im In-und Ausland beschafft werden kann. In Japan scheint die Ausbreitung der "Wasserstoffgesellschaft" vor allem dem nationalen Interesse zu entsprechen. Die Energiepolitik des Landes dreht sich.

Plant Factory Business is limited ①

On the other day, I looked into "agri business Japan" which was held at Tokyo International Exhibition Center. Approximately 160 offices in Japan and overseas are exhibited. The exhibits of agricultural workers were surprisingly small, and many of them were exhibited in home appliances, materials, plant manufacturers and facility horticulture. Most of the plants produced there are leafy vegetables such as lettuce, tomatoes and strawberries. Cultivation technology is seen as a trace of constantly evolving, but the biggest challenge is still profitability of the producer side.

It is very limited to be established as a business. The present day of the plant factory, only the leaf things such as lettuce were attached to the eye in the planner piled up in layers here and there in the hall.  Is it possible to do business of plant factories that produce food ingredients outside of these natural and ecological systems? What is a plant factory in the first place? The type of plant factory, there are two types of fully artificial light type using LED light source without sunlight (including led combination) and the solar light type broadly divided. The solar type is basically used for solar light in a semi-closed environment of greenhouse type. It is possible to plan production throughout the year by the supplementary light at the time of rain and cloudy, the high temperature suppression in the summer, etc., in addition to the leaves such as lettuce and spinach, fruit vegetables centered on tomatoes, strawberries, etc. are also suitable for cultivation features. In addition, the cultivation area is easy to be cultivated in the plane (one side), it is possible to adjust the proper yield amount. On the other hand, the fully artificial light type which does not use the solar light is a production method of planning production in a closed environment. The production of lettuce, spinach, etc. are mainly made of leafy products (fruits and vegetables are very limited). It is possible to secure the cultivation area by multi-stage cultivation, a lot of harvest is expected, it is close to the large consumption area (low distribution cost) is characterized by high installation suitability around the urban area.

Waste plastic oil conversion equipment 1998.09.15

When the waste plastic is reduced to the oil-in-oil, and the principle of an oil-to-fuel apparatus is briefly explained, the steamed of the polymer is dried out by the high temperature, and the gas is collected by cooling with the release device by the mechanism to recover it by the oil. There is no generation of dioxins or NOX as incineration for reduction treatment. In the current container and Packaging Recycling Act, since the reuse of waste plastics as fuel is intended for recycling only, the subsidy system for the establishment of facilities in countries and prefectures such as the energy-saving and Recycling support act and the Private Activity act has been enhanced. The tailwind of the waste plastic conversion equipment is beginning to blow. By using them, it is possible to reduce the initial cost of processing capacity of 70 million yen per 100 kilograms.

Das 21. Jahrhundert ist das Zeitalter der Wasserstoffzivilisation 1

Das 21. Jahrhundert ist das Zeitalter der Wasserstoffzivilisation. Es wird gesagt, dass das 21. Jahrhundert das Zeitalter der Wasserstoffzivilisation ist, und die Bemühungen beschleunigen sich in diese Zeit. Kern der Technologie ist die Brennstoffzelle (FC: FUELCELL). Laut Antrag gibt es drei Ströme. Einer ist stationärer Typ für Haus und Gewerbe. Die zweite ist für Kraftfahrzeuge und wird bereits als Brennstoffzellenfahrzeug auf sich aufmerksam gemacht. Der dritte ist für mobile Geräte wie Laptops und Mobiltelefone.  

Die technologische Innovation folgte der Brennstoffzelle des sich ständig entwickelnden. Was ist eine Brennstoffzelle? Das Prinzip der Brennstoffzelle ist die Rückseite der "Elektrolyse des Wassers" auf den Punkt gebracht. Das heißt, wenn der Sauerstoff und der Wasserstoff in der Luft kombiniert werden, okay. Bei der "Elektrolyse des Wassers" werden Wasserstoff und Sauerstoff durch den Strom im gelösten Wasser im Elektrolyten erzeugt, in der Brennstoffzelle wird aber Wasserstoff über den Elektrolyt an die Elektrode geschickt, und die chemische Reaktion wird durch den Versand von Sauerstoff an die andere Elektrode verursacht, und Wasser und Strom werden erzeugt. Die Brennstoffzelle ist ein Gerät, das "Wasserstoff" erzeugt, das als unerschöpfliche und saubere Energie Aufmerksamkeit erregt (die Hauptemissionen sind Wasser), im Gegensatz zu herkömmlichen fossilen Brennstoffen, die stark erschöpft sind und bei den Umweltauswirkungen unvermeidlich sind. Wenn mehr als 90% der Energieressourcen vom Übersee-Japan abhängen, ist es eine wichtige Energiequelle.  

Die Brennstoffzelle hat einen festen Polymertyp und einen Festoxid-Typ. -Der "Energiefarm" bezieht sich auf die Ausbreitung von Brennstoffzellen für den Eigenheimgebrauch als Energiefarm] ist der Spitz-und "Bauernhof"-der "Farm" und "Strom." Strom und Wärme aus Wasserstoff und Sauerstoff zu erzeugen. Mit einem Wort, man kann sagen, dass er Pflanzen durch Wasser und den Boden produziert. Der "Energiefarm" ist so, als würde man in jedem Haus ein Kraftwerk einführen, wenn es heißt. Ich mache mir meine eigene Energie. Die Stromerzeugung und die damit einhergehende Abwärme können für Wärmequellen wie Warmwasser und Heizung genutzt werden. Gas-und Mineralölkonzerne konzentrieren sich seit dem Unfall von Kernkraftwerken beim großen Erdbeben in Ostjapan auf die Verbreitung von Unternehmen zur Stromerzeugung aus Brennstoffzellen. Derzeit gibt es einen Hintergrund, dass die Kosten für Wasserstoff am teuersten sind, um aus Gas und Öl zu sammeln. Der Markt formiert sich seit 2009 ernsthaft. Ab Juli 2018 wurden 250.000 heimische Brennstoffzellen eingeführt, und Verifizierungstests wurden wiederholt. Damals konkurrierten die drei Unternehmen von ENEOS, Toshiba und Panasonic, doch jetzt bleibt Panasonic ein Unternehmen. Der Preis wurde um 2 Millionen Yen gekürzt.

2019年6月8日土曜日

136 Facilities at disposal site 1999.08.15

In the spring of 1998, when the Ministry of Health and Welfare investigated a managed disposal site established by municipalities, there were 538 facilities that were not subjected to anti-infiltration measures such as water-impervious sheets, and 364 facilities had reclaimed incineration ash and soot. On the other hand, the situation where the improvement of the equipment was requested, and 136 facilities were continued to carry the incineration ash without the water-shielding work because of the delay of securing the alternative treatment facilities by the survey in July, 1999 became clear.

21世紀は「水素文明時代」だ。

●21世紀は水素文明時代。21世紀は「水素文明時代」だと言われ、その時代へ向けてその取組みが加速している。 その技術の中核をなすのが燃料電池(FC:FUELCELL)だ。用途に応じて三つの流れがある。ひとつは、家庭・業務用の定置型。二つ目は自動車用の車載用で、燃料電池車としてす  でに注目される。 三つ目はノートパソコンや携帯電話等のモバイル機器用だ。技術革新が日進月歩の燃料電池を追ってみた。  

●燃料電池とは? 燃料電池の原理は、簡単に言えば「水の電気分解」を逆にしたもの。つまり空気中の酸素と水素を結合させればオーケー。「水の電気分解」では、電解質を溶かした水に電流を通して水素と酸素を発生させるが、燃料電池では、電解質をはさんだ電極に水素を、もう一方の電極に酸素を送ることによって化学反応を起こし、水と電気を発生させるのだ。枯渇性が高く、環境負荷は避けられない従来の化石燃料とは異なり無尽蔵でクリーンなエネルギー(主な排出物は水)として注目されている 「水素」を創り出す装置が燃料電池なのだ。エネルギー資源の90%以上を海外に依存する日本にしてみれば、重要なエネルギー資源なのだ。燃料電池には固体高分子タイプと固体酸化物タイプがある。  

●「エネファーム」として家庭用燃料電池の普及進む家庭用燃料電池を指して言う「エネファーム」とは、「エネルギー」と「ファーム =農場」の造語。水素と酸素から電気と熱をつくること。つまり水と大地で農作物をつくることだと言える。「エネファーム」は、言ってみれば各家庭に発電所を導  入するようなもの。自分のエネルギーを自分でつくる。発電とそれに伴う排熱は給  湯、冷暖 房等の熱源に利用可能だ。東日本大震災の東電原発事故以降、ガス・石  油系企業が燃料電池による発電事業の普及に注力している。現在、水素はガス、石  油からの採取が一番コストが掛からないという背景もある。2009年から本格的に市場が形成されつつある。2018年7月現在、家庭用燃料電池25万台が導入され、実証  試験が繰り返えされている。当時、ENEOS、東芝、パナソニックの3社が競合していたが、現在、パナソニック1社が残っている。価格は200万円を切ってきている。  100万円切れば普及率は一気に加速するのではないか…。その導入のための補助金は毎年組まれているのだ。ちなみに燃料電池導入による光熱費は、年に5~6万円減らせる。  

●燃料電池・水素自動車の開発激化燃料電池で発電。その電気でモーターで走行する燃料電池車はエコカーの最終形といわれ、トヨタを始め、自動車メーカー各社は開発を急いでいる。政府の目標は2020年までに累計4万台だが、現状は1800台にとどまる。自動車各社としてはモーター  走行よりも従来のガソリンによる内燃装置での走行にこだわるところがあるとすれ  ば水素を燃料とした内燃装置搭載の水素自動車か?どちらにしても水素供給の水素 スタンドの拡充(現在90数ヶ所)が求められている。マスコミ大騒ぎ中の。あのゴー ン逮捕によって彼らがおススメの電気自動車の勢い低下は必至で、代わりに燃料電池自動車が脚光を浴びるだろう…。  

●モバイル(移動)機器での利用拡大。携帯電話やパソコン等携帯機器に使っている従来型の電池よりも長時間利用できる。燃料電池は電気製品、通信機器メーカー各社で開発が進められてきた。広がるモバイル機器市場と伴にここにきて需要が急伸と聞く。ただメタノールと空気を反応させる方式が一般的で、テロ対策で飛行機内等への水素採取のメタノール・カートリッジ持ち込み困難なのが、現在ネックになっている。  

●化石燃料以外からの水素採取。エネルギー資源の大半を海外に依存する資源小国の我が国では純国産・国内調達可能な「水資源」「バイオマス」から水素採取できれば資源セキュリティも確保できる。 日本では「水素社会」普及は何よりも国益に添っていると思われるのだ。国のエネルギー政策の転換期を迎えている。

2019年6月7日金曜日

Halong recovery without progressing concentration 1999.08.15

Atmospheric concentrations of the ozone depleting substances Halong are still rising in the Japan sky. The environmental agency's research has increased the concentration of 1.5 to 1.7 times in the 10 years from 89 to 98, to about 0.004 ppb. Halon is used as a fire extinguishing material, and the production was completely discontinued at the end of 1993 in the Japan, but it is seen that the release continues from the fire extinguishers sold before that. After the strengthening of the regulations, industry organizations are voluntarily recovering, but the amount of recovery to date is less than 1% of the production volume.