2018年9月17日月曜日

Ecobusiness network report Décembre, 2002: Slow food

En entrant dans le XXIe siècle, qui est dit être le siècle de l'environnement, un changement de conception est nécessaire pour le mode de vie de l'économie et la société, bien sûr, de notre vie quotidienne. Récemment, l'idée de "Slow" de la conventionnelle "rapide" se répand sur la vie des vêtements, la nourriture, et la vie en général ou la vie des gens. La lenteur de la vie et les propositions alimentaires lentes sont servies par les consommateurs. En particulier, tandis que la sécurité alimentaire et la sécurité sont remis en question, Slow Food attire l'attention, et c'est aussi un sujet de lancement d'un magasin d'alimentation avec Slow Food comme un concept et un CD de musique avec une recette de nourriture lente. Fast-Food, qui a commencé comme une activité à but non lucratif du village d'Italie Bra (BRA) en 1998, qui est l'opposé de la restauration rapide représentée par mcdonald's, s'en tenir à la sécurité, de bonne qualité alimentaire et la culture alimentaire, et de repenser la vie moderne de l'efficacité entièrement. Le ① est de promouvoir l'éducation des goûts des consommateurs, y compris les enfants ③, la défense des petits producteurs offrant ② de la nourriture de bonne qualité, la préservation des ingrédients traditionnels et la cuisine, des aliments de qualité et des vins qui peuvent être éteints. C'est une idée de restauration rapide dominée par des objections axées sur l'efficacité de la première chaîne, mais l'uniformité le sens originel de la «nourriture» plutôt que la simple réexamen de la première entreprise et de l'industrie alimentaire à grande échelle, les gens dans la culture alimentaire locale, les habitudes alimentaires, manger Il y a une signification active de redécouvrir et ré-évaluer la manière de parler et de cuisiner.

Actuellement, il y a plus de 8 millions membres dans 45 pays. Dans le mouvement Slow Food, nous pouvons voir la production et la consommation durables en harmonie avec l'environnement naturel grâce à un canal de distribution nouveau et approprié grâce à une relation visible entre les producteurs et les consommateurs. La nourriture n'est pas seulement «appât» qui remplit le ventre et assure la nourriture.


Le prix bas est le facteur déterminant de la restauration rapide, qui est loin de la sûreté et de la sécurité de l'environnement naturel. Décembre, 2002

Ecobusiness network report Dezember, 2002 : Slow food

Wenn wir in das 21. Jahrhundert eintreten, das als das Jahrhundert der Umwelt gilt, ist eine Änderung der Empfängnis für die Lebensweise der Wirtschaft und der Gesellschaft, natürlich unseres täglichen Lebens, erforderlich. In jüngster Zeit breitet sich die Idee des "langsamen" aus dem konventionellen "Fasten" über das Leben von Kleidung, Nahrung und Leben im allgemeinen oder Menschen leben aus. Langsame Lebens-und Slow-Food-Vorschläge werden von den Verbrauchern bedient. Vor allem während die Lebensmittelsicherheit und-Sicherheit in Frage gestellt werden, erregen Slow Food Aufmerksamkeit, und es ist auch ein Thema der Einführung eines Lebensmittel Ladens mit Slow Food als Konzept und einer Musik-CD mit Slow-Food-Rezept. Fast Food, das als gemeinnützige Aktivität aus dem Dorf Italien Bra (BRA) in 1998 begann, die das Gegenteil von Fast Food ist, die von McDonald es repräsentiert wird, die sich an sichere, qualitativ hochwertige Lebensmittel-und Esskultur hält und das moderne Leben der Effizienz vollständig überdenken. Die ① soll die Erziehung des Geschmacks der Verbraucher fördern, einschließlich ③ Kinder, die Kleinerzeuger verteidigen, die ② von qualitativ hochwertigen Lebensmitteln anbieten, traditionelle Zutaten und Kochen, hochwertige Lebensmittel und Weine, die ausgelöscht werden können, erhalten. Es ist eine fast-food-Idee, die von effizienzorientierten Einwendungen der ersten Kette dominiert wird, aber die Einheitlichkeit der ursprünglichen Bedeutung von "Lebensmitteln" und nicht die bloße Neubewertung des ersten Geschäfts und der großflächigen Lebensmittelindustrie, der Menschen in der lokalen Esskultur, der Essgewohnheiten, des Essens Es gibt einen aktiven Sinn, die Art des Sprechens und Kochens wiederzuentdecken und neu zu bewerten.

Derzeit gibt es mehr als 8 Millionen Mitglieder in 45 Ländern. In der Slow-Food-Bewegung können wir die nachhaltige Produktion und den Konsum im Einklang mit der natürlichen Umwelt durch einen neuen und angemessenen Vertriebskanal durch eine sichtbare Beziehung zwischen Produzenten und Verbrauchern sehen. Essen ist nicht nur "Köder", der den Bauch füllt und für Nahrung sorgt.


Der niedrige Preis ist der entscheidende Faktor für Fast Food, der weit entfernt ist von der Sicherheit und Sicherheit der natürlichen Umwelt.
Dezember, 2002

2018年9月16日日曜日

Ecobusiness network report 2002 December: Slow food

Entering the 21st century, which is said to be the century of the environment, a change of conception is required for the way of life of the economy and society, of course, of our daily lives. Recently, the idea of "slow" from the conventional "fast" is spreading about the life of clothes, food, and living in general or people's lives. Slow life and Slow food proposals are being served by consumers. In particular, while food safety and security are being questioned, slow food is attracting attention, and it is also a topic of the launch of a food store with slow food as a concept and a music CD with a Slow food recipe. Fast food, which started as a nonprofit activity from the village of Italy Bra (Bra) in 1998, which is the opposite of fast food represented by McDonald's, sticking to safe, good quality food and food culture, and rethink the modern life of efficiency wholly. The ① is to promote the education of consumers ' tastes, including ③ children, defending small-scale producers offering ② of good quality food, preserving traditional ingredients and cooking, quality foods and wines that may be extinguished. It's a fast-food idea dominated by efficiency-oriented first-chain objections, but uniformity the original meaning of "food" rather than mere reconsideration of the first business and the large-scale food industry, people in the local food culture, eating habits, eating There is an active meaning of rediscovering and re-evaluating the way of talking and cooking.


Currently, there are more than eight million members in 45 countries. In the Slow Food movement, we can see the sustainable production and consumption in harmony with the natural environment through a new and appropriate distribution channel through a visible relationship between producers and consumers. Food is not just "bait" that fills the belly and ensures nourishment. The low price is the deciding factor of fast food, which is far from the safety and security of the natural environment.

Ecobusiness network report 2002 August: Social infrastructure

Public works for the purpose of social capital will have to change in the future. Conventional public works include the development of infrastructure such as industrial infrastructure such as roads, bridges, bay ports, fishing ports, airports, sewage systems, housing, parks, waste disposal facilities, afforestation, and the development of disaster prevention infrastructures such as flood control. Criticism of public works has erupted. The main reason for this is that public works have been positioned as a pillar of fiscal policy for economic stimulus since the period of high economic growth. Although there is no objection to using public works for economic measures, only the aspects of the economic stimulus measures have been emphasized in the Japan, and the business content has been neglected. The symbol is a basic plan for public investment of 630 trillion yen, which was pledged to the United States (from 1995 to fy2007). It is that the total amount of the public works expense has been decided first without being asked whether it is public nature for whom in the region.


As a result, public works will not escape the wasteful type of concession, the regional environmental destruction type, and the slander of the regional community destruction type. When we look at public works in various parts of the world, environmental regeneration and environmental harmony and utilization are becoming mainstream. In addition to the restoration and restoration of the natural environment, which has deteriorated, the preservation of the natural environment in existence, and the next generation of sustainable social capital. Such a public work has no immediate effect, and even if the short-term cost seems to be costly, compared with conventional public works, it brings about economic effects in the long term. In the Japan, the concept of social capital development, such as resource recycling, conservation of the natural environment, and developing new energy, in line with the realization of a recycling-oriented society, is sparse in public works. The quality change of public works has begun in some parts of Japan country. In the request of a certain ministry to the southern island of the south, my work is to shift the introduction of the traditional public works expense to the preservation of the recycling, the natural energy, and the natural environment which aspirations the nature and the social resources of the island. The direction and content of the public works in the future is there?

環境ビジネスここがポイント 2002年8月

社会資本を目的とする公共事業は今後、変わらざるを得ないだろう。従来の公共事業といえば、一律的な道路、橋、湾港、漁港、空港など産業基盤型整備、下水道、住宅、公園、廃棄物処理施設などの生活基盤整備、治山、治水などの防災基盤整備などが挙げられるが、このところ公共事業に対する批判が噴出している。その主な理由として、高度経済成長期以降、景気対策的財政政策の柱として公共事業が位置付けられて来たからである。公共事業を景気対策につかうことに異論はないが、日本では景気対策の側面のみが強調され、その事業内容が軽視されてきた。その象徴は対米公約とされた630兆円の公共投資基本計画(1995年度~2007年度)。地域の誰にとっての公共性なのかが問われずに、公共事業費の総額が先に決定されてしまったことだ。結果として公共事業は利権がらみの浪費型、地域環境破壊型、地域コミュニティ破壊型のそしりを免れないことに。

世界各地で取り組まれている公共事業を見てみると、環境再生型及び、環境調和・活用型が主流になりつつある。現存する自然環境の保全、悪化してしまった自然環境の修復・復元などのほか、次世代の持続可能な社会資本整備などである。そうした公共事業は即効性がなく、短期的なコストがかかるように見えても、従来型の公共事業と比べると長期的には経済効果をもたらす。日本では公共事業の中に循環型社会の実現に沿った資源循環、自然環境の保全・新エネルギー開発などの社会資本整備といった発想が希薄である。公共事業の質的変化は日本国内の一部で始まっている。南の離島へ某省の依頼で行った私の仕事は、従来の公共事業費の投入を、島内の自然および社会資源を渇仰したリサイクル、自然エネルギー、然環境の保全などへ移行するためのものである。これからの公共事業の方向と内容がそこにある?

環境ビジネス ここがポイント 2002年9月

各地の現場を歩いていると、概ねリサイクル事業はうまくいっていない。採算がとれていない。なぜなのか。私はリサイクル事業は常々製造業だという発想が必要だと思っている。製造業を考える場合、まず質の良い原材料をいかに安く量を確保するかが基本であるはずだ。次に生産ラインでの設備の良し悪し、生産コストや効率などを考える。そして出来上がった製品の商品価値の有無である。製品の価格・品質(機能)、見た目(デザイン)が受け皿としての市場と折り合いがつくかどうかである。つまり製品が商品として成立し得ないということだ。

製造業のうちそうした観点からリサイクル事業を見てみたい。リサイクル事業でも原材料の調達である第一ステージ、生産プロセスの第二ステージ、市場についての第3ステージにおいてコスト・効率性などを含めた採算性を重視すべきではないのか。第一ステージでは原材料となる廃棄物をいかに量として確保、それもちゃんと分別された品質のよいものを調達することである。無分別のものはいかにコストをかけずに分別するか。リサイクル事業の成否はここで決まる。つぎに再資源化のプロセスは製造業で言えば生産ラインに当たる。リサイクル事業も同じで、適正な設備や生産性がここで問われる。多くの場合、精算性はおろか適正な設備やラインを導入していない。したがって製品としての完成度も低い。そして第3ステージだが、マテリアルおよびサーマルに沿った製品の用途はあるか、あるいは市場性があるか。用途や市場ニーズがない限り、それはまた廃棄物として廃棄せざると得ない。リサイクル事業として成立しない。

製造業と同じで、それぞれのステージにおいて精算性を考え、精算性の合わないリサイクル事業は避けるべきだろう。

2018年9月15日土曜日

太陽光発電、これから何処へ

●太陽光発電、これから何処へ

無尽蔵に公平に降り注ぐ太陽光を電源とすることから、究極のクリーンエネルギーと言われる太陽光発電。エネルギー資源(化石燃料等)の多くを海外に依存する日本にとって太陽光や風力、バイオマス等の自給自足可能な純国産の再生可能エネルギーはエネルギーの安全保障からも重要なエネルギー源のひとつであり、これからも連綿と続く関連発電事業として注目される。
しかし、単なる拝金主義の間で、最近は太陽光発電事業について陰りが出始めたと言うことを多く聞くとけれど、果たしてそうだろうか?

●倒産負債総額215億円余りなのだが…
太陽光発電の関連事業が飛躍的に伸びたのは2012年に始まった再エネ固定価格買取制度(FIT)の導入からだった。太陽光発電で供給される電力の売電価格は、産業用で1KWあたり40円、家庭用等の非産業で48円だった。それに伴い太陽光発電事業に参入する事業所が相次いだ。ちなみに産業用の太陽光発電量は2017年2月時点で家庭・住宅用の比較で約6倍超えた。言ってみればバブル化した。しかし、17年4月に固定価格買取制度の改正で、産業用売電価格は21円(家庭用40円)に低下。しかも保守・管理が義務化、また産業用大規模発電では入札制度の実施、最近では環境アセスメントの対象として検討されようとしている。従って産業用太陽光発電事業を取り巻く環境は家庭用と比べると、ことのほか厳しいと言える。ある大手調査機関の太陽光発電事業の倒産件数は過去最高を記録した。17年1~9月の倒産での負債総額は215億6300万に達した。倒産原因は、関連装置の販売不振が半数を示め、事業上の失敗、売掛金回収難等を上げている。調査機関は、この傾向はしばらく続くでは、と見ている。


●新規の太陽光発電事業から保守・管理事業へギアチェンジ
こうした太陽光発電事業のリスクをチャンスに変えようとする事業所が多く登場している。固定価格買取制度改正による保守・管理に軸足を置き、従来の太陽光発電事業の新規開拓から、既存事業所の運用・保守・管理のサポート事業へ転換を図る事業所が出てきたり、設備関連各社は、太陽電池やパワーコンディショナー(電力変換器)等、より効率の良い製品やシステム開発に乗り出している。中にはドローン(小型無人機)事業を手掛けるベンチャーはドローンを使って太陽光発電所の保守・管理を新規事業化しようとしている。


●エネルギー基本計画が追い風に
これからの太陽光発電事業に、さらなる追い風になり得るのが政府が出してきた新たな「エネルギー基本計画」だ。この中で再エネを初めて「主力電源」と位置づけて大幅に太陽光発電の普及を中長期的に加速させていく方針を決めた。全電力供給での再エネ比率(水力発電を含む)について2016年度15%を30年度に22~24%程度に高める目標を掲げている。原発の再稼働が遅々として進まないのも大きな理由と聞く。海外に目を向けると、国際エネルギー機関(IEA)の調べによると2016年に世界で増えた発電量の3分の2は太陽光発電や風力発電等の再エネが占めたと言う。中国やアメリカ、インドを中心に今後5年間で43%に増えると予測している。

2018年9月10日月曜日

環境ビジネス ここがポイント - 2002年11月

自然エネルギーの中で、利用可能な資源量(地球規模で乾燥重量で1兆8000億トン、純生産量1700億トン)が最も多いバイオマスをエネルギー源として有効活用しようという動きが、国のバイオマス・ニッポンなどの総合戦略策定をインセンティブとして本格化してきた。たい肥や熱源として利用されてきた森林、穀物、草、動物糞尿、海洋植物など農業・畜産・水産資源や食品廃棄物、汚泥など有機性廃棄物をエネルギー(燃料チップ、メタン、メタノールなど)化したり、生分解性プラスチックなどに再生使用することで、化石燃料に代替し、CO2削減を図るのがねらい。

日本のバイオマス資源量は家畜排せつ物が年間9100トン、食品廃棄物が1900万トン、木質系廃材が1500万立方メートル、林地残材は1000万立方メートル、建設廃材は1250マン立方メートル、農業集落排水汚泥が62万トンある。家畜排せつ物は80%の再生利用のほとんどがたい肥だが、各地でたい肥化による河川の汚染問題が起きている。食品廃棄物は95%以上が焼却・埋め立て。林地残材のほとんどと、建設廃材の60%が未使用だ。そうしたバイオマス資源を段階的にエネルギー資源として活用していき、将来的には国内のエネルギーの10%を供給する計画も。当初は規制対象である建廃、食品廃棄物の利用(新エネルギーの30%を供給予定。2010年に原油換算101万リットル)。

バイオマス資源はこれまで技術および事業の事例が少ないのが現状。NEDOはバイオマス実証事業に今年度は7件を、企業化調査は26件を採決。これから転換システムとコスト、そして出口開発が普及のカギである。が、これらの課題がクリアされれば、産業構造が似ているアジアへの波及は可能である。バイオマス産業市場は10年余りで10兆円だと推測できる。

スローフード 環境ビジネスレポート ここがポイント - 2002.12.15

環境の世紀と言われる21世紀に入り、経済・社会のあり方はもちろん、私たちの日々の暮らしのあり方についてもあらたな発想の転換が求められる。最近では衣・食・住の生活全般、あるいは人々の生き方そのものについて、旧来の「ファスト」から「スロー」という発想が広がりつつある。スローライフやスローフードの提案が消費者から出されている。特に食の安全・安心が問われる中で、スローフードが注目され、スローフードをコンセプトとした飲食店や、スローフードのレシピ付きの音楽CDの発売も話題となっている。マクドナルドに代表されるファーストフードの対極で、安全で良質な食材や食文化にこだわり、効率一辺倒の現代生活を見直そうという動きである

1998年にイタリアのブラ(Bra)という村からNPO活動として始まったファーストフード。①消滅の恐れがある伝統的な食材や料理、品質の良い食品、ワインを守る、②良質の食材を提供する小規模生産者を守る、③子供たちを含め消費者の味の教育を進める、というものだ。ファーストフード的な発想に支配された効率重視のファーストチェーンの反対命題だが、ファーストビジネスや画一化された大規模食品産業への単なる再考ではなく、「食」の本来の意義を問い直し、地域独自の食文化や食習慣、食事での人々の語らいや調理のあり方を再発見、再評価するという積極的な意味がある。現在45カ国に支部があり、約8万人あまりの会員がいる。

スローフードの動きの中には生産者と消費者との見える関係で新たな適正な流通チャンネルを通して、自然環境との調和をはかり、持続可能な生産と消費がはっきり見えてくる。食とは腹を満たし、栄養を確保するだけの「エサ」ではない。価格安が決め手のファーストフードのエサ的発想こそが、安全・安心、自然環境とは遠いものとなる。