2018年11月30日金曜日

LCA (Life Cycle Assessment)って何? 環境ビジネスここがポイント 1999.04.15

LCAって何?LCAとは私たちが享受する製品やサービスがそのライフサイクル全体(資材の調達、生産、消費、廃棄までの製品の全生涯)を通して環境に与える影響を分析・評価し、数値化する1つの方法だ。LCAを実施する目的は人間活動のさまざまな局面において環境負荷を低減するための判断材料とするものだが、LCAの利用目的がいろいろ見えてきた。①自主改善支援。製品や製法プロセスなどの環境負荷を計算し、リサイクル可能な材料を選び、環境負荷の少ない環境調和型製品(ECP)を開発するための支援ツール、省エネ加工や組み立てによるプロセスの改善などを定量的に評価でき、企業の環境マネジメントシステムによる改善効果の定量的評価ツール、さらに環境調和型製品はマーケティングに活用できる。②マーケティング支援。企業は、製品開発のみならず評価結果を積極的に外部に自社比較として公表し、製品や企業のイメージアップのための自己主張PRなどの支援ツールとしての活用。将来的には他社製品との比較PRとしてカタログなどに掲載可能。③消費活動支援。環境負荷を少なくするためのライフスタイルの見直しや環境教育普及のツール、環境負荷が少ない製品を購入選択するための環境情報(エコラベルなど)の活用。環境配慮した製品やサービスを積極的に購入するグリーン調達の促進にも貢献できる。④経済社会システムへの反映。低環境負荷、循環経済社会システムへの実現にむけての基礎情報。環境実態を把握し、将来に向けての環境行政を構築するための基本環境情報としても活用できる。さらに自主改善につながる環境管理システム対応にも反映できる。LCAの実施または利用者の側面から分類すると、①の自主改善型とそれ以外の②~④に共通する製品選択支援型の2つに大別できる。

色素増感型の太陽電池 1998.12.15

現在主流のシリコン系太陽電池の弱点をカバーする次世代型太陽電池の本命として欧米や豪州で盛んに研究が進められているのが色素増感型の太陽電池。 構造は2枚の導電性ガラス電極の聞に、酸化物半導体である二酸化チタンの薄膜と、ルテニウム錯体と呼ばれろる感色素、ヨウ素を主成分とした酸化還元電解質溶液を順番に扶み込んだもので、3層問の光電気化学反応で光を電気に換える。可視光線をできる限り多<吸収するために増感色素を用い、光が当たって飛ぴ出す電子を多孔質の二酸化チタンが捉える。基本構造を考案したスイスローザンヌ工科大学のグレッチェル教授が91年に達成した変換効率は10%程度だったが、スイス連邦工科大学、へキスト研究開発、独マックスプランク研究所の共同研究グループが電解質にプラスの電荷を効率良〈 通す有機材科を採用したことで変換効率を33%にまで高めた。実用化には電解質溶液の密封、機能維持対策などの技術的な課題が残されているものの、主原料がいずれも安価なうえ、髙価な製造装置も不要なため、1ワット当たり約70円で製造できると試算されており、 すでに材科、自動車などの関連メーカーの期待を集めている。

シェアリングについて。

広がる製品の所有から機能利用というサービサイジングというビジネスモデル  

従来、製品として販売していたものを、その製品の持つ機能を提供することで 代金を得るというビジネスモデルが広く普及、定着しつつ ある。いわゆる「サ ービサイジング」というサービス業のひとつの形態で、主にモノ(製品)を販売 してきた従来のビジネスに対して、そ れに係わるサービスの提供を主に収益源 とするビジネスである。  具体的に言うと、わたし達が家電製品や自動車などの製品購入にあたり、購入 目的が製品そのものの「所有」ではなく、製品の持つ「機 能」を利用すること が目的である。エアコンならば、エアコンがもたらす快適な室温、自動車ならモ ビリティ(場所移動)という機能を利 用したいからこそ製品を購入するのである。 言ってみれば製品はサービスを提供するための手段であり、ポイントはどんな製 品を選んで 、如何なるサービスを提供して、顧客を満足させるかにかかってい る。  一例をあげると、複写機メーカーは、特に法人向けには複写機自体を売るので はなく、複写機の持つコピー機能を提供している。法人の オフィスに複写機を 設置して、コピー機能が発揮・維持できるための定期的な保守点検(メンテナン ス)、新機種提供による機能更新、コ ピーに必要な紙やトナーなどの周辺部材 の提供。その対価としてサービス料を受け取る仕組みだ。 このサービサイジングのサービス形態にはリースやレンタル、シェアリング などが挙げられる。最近ではシェアリングが新たなビジネス モデルとして注目 されている。中でも、オフィスや自動車などのシェアリングビジネスが都市部中 心に拡大している。  

●環境負荷の低減と顧客のメリットも大きい  サービサイジングには「グリーン・サービサイジング」という環境負荷の低減 に寄与するビジネスモデルも。サービサイジングの仕組み の特徴として、製品 の所有権がサービス提供者サイドにあるため、使用済み製品が提供者の元に戻っ てくるという使用済み製品の適正処 理、資源循環(リサイクル)の促進にも寄 与するのである。  松下電器(現パナソニック)が02年に開発した「あかり安心サービス」はグリー ン・サービサイジングの一例だ。松下電器は蛍光灯生産量 ではトップメーカー で、これまで蛍光灯をユーザーに売ってきた。その中で蛍光灯を大量に使用する 大規模事業所や工場などが「あかり 安 心サービス」の契約を結ぶと、契約期 間中なら定額料金で蛍光灯の貸与からメンテナンス、使用済みの蛍光灯の回収、 委託処理業者 への 回収指示、処理に伴うマニフェストの発行、保管・管理・ 適正処理確認までのトータルサービスを提供するものだ。最大の特長は 蛍光灯 を売るのではなく、あくまで蛍光灯の所有権はメーカーに残したまま「あかり」 という機能を提供する点にある。低価格競争が  進む中で発想され機能提供サ ービスの一形態でだが、メーカーは使用済みの蛍光灯の回収・適正処理が行えて 、一方顧客にとって経費  節減、廃棄物処理が円滑に行えるというメリットが あり、相互にウイン、ウインの関係を取り結べるのである。

増え続けるエコショップ

環境商品(エコグッズ)を扱うエコショップが拡大中 環境に配慮した商品を扱う店舗がこのところ増えている。特に4年前の東日本大 震災後は命の大切さ、食の安心・安全等をテーマに加えて新たなトレンドを形成 しつつある。グリーンコンシューマ(緑の消費者)を対象にしたいわゆる「エコ ショップ」がそれだ。

●広がるエコショップの店舗数。 自国の、及び途上国の将来世代の豊かなで持続可能な社会の実現のために、商品購 入の際、環境保全、命の大切さ、食の安心・安全等を商品選択の基準とするグリー ンコンシューマの台頭に伴い、それらに配慮する商品を造るメーカーや小売店等増 えてきた。 その先駆けとなったのは、食品の安全性を付加価値として有機栽培の農産物 等を扱う生協や小売り業者だった。一方環境保全の観点から環境負荷の少ない商品 を重視する市民グループの中から日用品の環境配慮型商品(エコ商品)に特化した流 通の形態も生まれた。このようなエコ商品を多く扱う専門エコ店をエコショップと呼んでいる。

●幅広い商品アイテム。 現在では有機栽培の農作物に限らず、原材料や製法にもこだわる他、健康を害する 添加物を使わない加工食品も広く流通するようになった。また日用品でも、自然素 材にを使った歯ブラシ、オーガニックコットンを素材とした衣類や、ペットボトル 等の再生資源を利用した衣服、再生原料を使用した文具、有害な化学物質を含まな いインテリア商品等幅広いエコ商品が生産されている。 これらのエコ商品はエコショップの他、最近ではデパート、スーパーでも扱ってい る。東日本大震災以降の健康や安全に対する関心が高まる中、こうしたエコ商品の 売上も伸びており、製造・流通の両面で今後成長すると見込まれる。 デパートやスーパー等では製造業者と提携して独自の環境ブランド商品の積極的に 開発に行っている。こうしたエコ商品の浸透とともに、小規模なエコショップでは 特定分野の商品に特化して、より特徴のある商品を扱う傾向もみられる。消費者に 直結する通信販売においても差別化戦略のひとつとしてエコ商品を扱っている。 また途上国で作られた商品を専門に扱うオルタートレードという流通も生まれ、エコ商品市場は新たな市場として注目され始めた。

植物工場ビジネスは限定的。

植物工場はビジネスとして極めて限定的 ~過日、東京・国際展示場で開催していた「アグリビジネスJAPAN」をのぞいてみた。 国内外の約160余りの事業所が出展。農業従事者の出展が意外と少なくて、 目立って多かったのが家電、素材、機械メーカーの植物工場、施設園芸の出展だった。 そこで生産される植物のほとんどがレタス等の葉野菜、トマト、イチゴ類。 栽培技術は日進月歩の跡は見られるも、一番の課題はやはり生産者サイドの事業採算性。 ビジネスとして成立するのは極めて限定的だ。

 ●植物工場の現状 当日、会場内のあちらこちらに何層にも積まれたプランナーの中でレタス等の葉物類 ばかりが目に付いた。こうした自然・生態系から外れたところで食材を生産する植物 工場のビジネスは果たして可能なのか?  そもそも植物工場とは何か? 植物工場のタイプは、大きく分けて太陽光型(LED併用を含む)と、太陽光なしで LED光源利用の完全人工光型の2種類がある。 太陽光型は、温室型の半閉鎖環境で太陽光を基本的に利用。雨天・曇天時の補光、 夏季の高温抑制等により一年を通して計画生産が可能で、レタス類、ホウレンソウ 等の葉物類に加えて、トマト、イチゴ等を中心とした果菜類も栽培に適しているの が特徴。また平面(1面)で栽培するため、栽培面積確保が容易であり、適正な収穫量 の調整も可能だ。 一方、太陽光を利用しない完全人工光型は、閉鎖環境内で計画生産を行う生産方式。 レタス、ホウレンソウ等を中心とした葉物類(果菜類は極めて限定的)の生産が多い。 多段栽培による栽培面積確保が可能となり、収穫量が多く見込まれて、大消費地に近 い(流通コストが安い)都市部周辺での設置適性が高いのが特徴。

 ●普及しない植物工場 この植物工場のキッカケは、2009年の農地法改正、及び経産省、農水省による植物工場 普及・拡大総合対策事業という補助金150億円付きの政策。スタート時は植物工場は約 50か所(ほとんどが全滅)。その後2011年東日本大震災による農地の津波による塩害、 放射能汚染を抱える被災地農家の復興の手立てとして植物工場への関心が再燃した。 2013年には177戸(大半は完全人工光型)となり、特に製造業などの異業種からの新規参 入が増えた。 その背景には「技術栽培、設備)の進歩」「生産管理手法の確立」「コスト(栽培施設、 設備などのイニシャルコスト、光熱費、人件費、物流コストなどのランニングコスト)削 減」により、農業関連以外の事業者が参入する土壌が整ってきたからだと言う。しかし植 物工場の事業としての成功事例は10%未満だと言われている。 

●ビジネスとしての現在は困難なのでは 時を経て今回の「アグリビジネスJAPAN」見学となった。 植物工場のほとんどが完全人工光型。展示事業者は家電、素材、機械メーカー等製造業が 多かった。聞けば「名刺交換ばかりで、商談成立までには程遠い」の声が圧倒的に多い。 現時点では設備の更なる改善は然ることながら、栽培ノウハウも未完成。それより何より 栽培された野菜の多くは出口(市場)が見えてこない。さらに野菜の生産コストが露地もの よりもはるかに高い。植物工場産レタスの価格は1kg1000~1500円。露地もの3倍だ。 照明、エアコン代、水耕調整の手間ひま等が掛かり、併せて品質のばらつき、生産効率の悪 さを考えるとビジネスとして前途多難。 産業に成り得ないと農業の難しさを知る農業従事者は遠くから見て近寄って来ないいったと ころだ。ただ成功の可能性として注目したいのは高付加価値の薬草・ハーブ、高級スーイツ 用のフルーツ類の栽培だった。

広がる改修・補修、及びリフォーム市場

欧米の建設市場は新築から改修・補修、及びリフォーム市場へ 国内には改装・改修が必要な老朽化した集合住宅が約250万棟(一般戸建住宅を入れると500万棟以上)は越えると言われる。これらに手を加え長寿命化を図って行くか、壊して建て直すか。国立競技場や築地市場(ここは土壌汚染問題含む)のように建て替え新築となると廃棄物処理、新しい資源投入など環境面で大きな問題を抱える。建設廃棄物は全産業廃棄物排出量の約20%を占め、最終処分場の埋め立て量は約40%に及ぶ。現在、この膨大な建設ストックをどうするかと言う真剣な議論が始まっている。同時にこの分野に「大きな事業チャンスあり」として浮上してきたのが改装・改修事業だ。新築における廃棄物の削減・有効利用、新たな資源投入などの環境負荷等を考えると、集合住宅等の建築物の長寿命化(ストックメンテナンス)の方がはるかにスマートだと言うことだ。既存の建築物の耐震を含む改装・改修の他、コンバージョン(用途転用)の事業がクローズアップされている。それに伴う各部屋のリフォームも商機が急増している。

 ●改装・改修工事とは 一般的に呼ぶ改装・改修工事とは、建築基準法では「大規模の修繕工事」「大規模の模様替え」という。まず「大規模の修繕工事」だが、建築物の主要構造部(壁・柱・床・梁・屋根または階段)の1つ以上について、ほぼ同じ材料を用いて、同じ形状・同じ寸法でつくり替え、性能や品質を回復させる工事のこと。一方、建築物の主要構造部のひとつ以上について、異なる仕様でつくり替え、性能や品質を回復させる工事を「大規模の模様替え」と言う。 改装・改修が必要な老朽化した建築物が抱える健康、環境への影響はことのほか大きい。建材、塗料に含まれるホルムアルデヒド(シックハウス症候群の原因物質のひとつ)やアスベスト(肺がん、悪性中皮腫等を引き起こす物質)等による著しい健康被害、都市部でのコンクリート建築・建造物の増大によるヒートアイランド、建築物を利用する際のエネルギーの浪費等さまざまな問題が顕在している。 改装・改修は建築物の構造維持、機能更新はもちろん、こうした健康、環境の負荷を改善しつつ、さらにそこに住むひとの快適な暮らしを提供することで、建築物にさまざまな機能を付加して資産価値を高める役割も果たす。 今後、高度経済成長期、及びそれ以降に建てられた老朽化した集合住宅の他、大型施設(公共施設、ホテル、旅館等)の改装・改修需要が年追う毎に伸びている。大手ゼネコンを始め、新分野進出の事業開発に熱心な地域の地場コンはこの分野での受注に動き出している。

 ●改装・改修事業に伴い各室のリフォームも急増中。 改装・改修事業の増大と同様に各室のリフォーム需要も拡大している。 新築時と同じ付帯工事が伴い、地域のリフォーム専門業者、ハウスメーカー、工務店、設備業者、便利屋等が本格参入してきている。また地域の日曜大工の材料提供ショップも忙しくなり始めたという話も。 さらに建物管理会社も改装・改修事業に乗り出している。建築・建造物の規模、あるいは行政の都市再生プロジェクトで再開発の対象となるような大型高層ビルから集合住宅、一般戸建住宅まで幅広い。 ちなみに欧米の先進国の建設市場は新築より改装・改修、そして各室のリフォーム市場が主流だ。国立競技場、日本青年館等アジアで最初のオリンピックであり、高度経済成長期を経て先進国の仲間入りしたシンボリックで文化的遺産として残すべきだった建築・建造物をいとも簡単に破壊して建て直すと言うスクラップ&ビルドの発想を問い直す時期にきているのだ。

都市に拡大中カーシェアリング。

都市部に広がるカーシェアリングビジネス  ~個人所有から機能利用~   
シェアリングとは、サービサイジングという考え方から出て来ている。従来製品として販売していたものを、その製品が持つ機能を提供することで代金を得るというビジネスモデルだ。利用者の立場からでいえば、製品自体の個人所有が目的ではなくて、製品の持つ機能を利用することが目的である。例えば自動車の持つ機能はモビリティ(移動性)。その機能を得るのに自動車を購入・個人所有せずに、その機能だけを利用する形態を取る。それがカーシェアリングである。  

●都市部中心に急成長中  カーシェアリング事業で成長著しいのは駐車場運営企業の「パーク24」。本業の駐車場以外のカーシェアリング事業「タイムズカープラス」のブランドで主に東京中心に事業展開するが、2017年10月期の営業収益は25億円前後。前期の2倍以上の伸び率だ。14年10月に黒字転換して以来「順調に拡大推移」だという。拠点数は10月現在、8600拠点。今期中に1万を超える勢いだ。オリックスシェア(カーシェアリング2位)1400、レンタカー最大手のトヨタレンタカー1200を大きく上回っている。  

 ●環境負荷の低減が起源だが、現在は利用者の利便性とマッチ   カーシェアリングは、利用者にとって駐車場の確保や車検、各種の保険金・税金などの節減の利点の他に、車体に会員カードをかざすだけで車を借りられる。レンタカーより短い15分単位で借りられ、給油せずに返却できる手軽さが特長だ。個人の場合はちょっとした買い物、送り迎えなど使いやすい。最近では不意の納品に使う営業用に使う法人の利用も増加中だ。「タイムズカープラス」では、会員から月額1030円の基本料金と、15分利用ごとに206円を受け取る仕組み。現在の会員数は前年度比31%増の72万人を超えるという。  このカーシェアリングの社会的な背景には自動車保有台数の削減、都市部の渋滞緩和、駐車場数の抑制、不法廃車などの環境負荷の低減があった。スイスが起源だが、今世界的な広がりを見せている。 

●各分野に拡大する「シェアエコノミー」ビジネス  カーシェアリングに限らず、モノ所有から機能利用を個人、会員で共有する「シェアエコノミー」はをビジネスとして事業化する企業は各分野で増加している。電気製品や家具はもちろん、環境装置・機器などの他、最近では空きマンション利用の観光客向けの「民宿」と多様化している。

2018年11月29日木曜日

【要点在这里】环保设备展览又吹了回来 2002.05.20

在一定时期, 一直低迷的环保设备展览又吹了回来。 参展商和参观者的数量也急剧增加。 另一方面, 根据日本工业机械工业协会 (128家大公司) 的数据, 未来环境设备 (空气、水污染预防和废物处理) 的产量预计将进一步增长, 2000年的销售额达到1万亿日元 5, 000亿日元。 如果包括工业协会分类中没有包括的其他节能和环保材料制造机器, 如新能源, 这个数字将更大。 背景包括根据环境 iso 开展的环境改善活动, 以及扩大回收利用和环境法立法。
在从公共需求向私人需求迅速蔓延的环境设备市场中, 环境设备租赁作为未来的开拓性领域, 正受到人们的关注。 私人需求具有租赁的优点, 只是少数, 市场处于未知状态。 然而, 随着每个工厂几年来环境改善活动的扩大, 市场也在扩大。 环境设备作为机床和建筑机械租赁的替代品, 也很有希望。 目前, 市场是一个与废物有关的破碎机和加工设备, 热电联产设施在商业设施, 节能设备的建设。 未来, 太阳能、风力发电租赁业务、生物质能、固体燃料装置、燃料电池发电设施等能源相关设备。 与废物有关的材料包括焚化炉、与回收有关的 sei、碳化炉和原始垃圾处理设备。
在各地正在审查的与 PFI有关的业务和生态城镇业务中, 租赁废物、发电相关设备和设备引进都在增加。 一些中型租赁公司在当年的合同中拥有超过 2 0亿日元。 租赁公司还投资于环境设备开发。 另一方面, 随着环境设备租赁的扩大, 以及咨询、运营、管理等辅助业务的适当实施, 租赁市场如火如荼。

肥料化よりも飼料化へ。

日本の食品廃棄物事情 都合8日にわたり中国での環境ビジネス市場開拓について各地方転々、企業訪問を実施したけれど、今回の訪中で一番感じたことは円卓を囲む会食での食べ残し(食品ロス)が相当量減ってきていることだ。聞けば、食品ロスを減らすために食べたいもの適正な量を注文する食習慣が広がりつつあるからだという。それはさておき、我が国の食品廃棄物量の排出量は変わらず世界でトップクラスである。現在、その膨大な食品廃棄物が国内で如何に処理されているのだろうか?

 ●肥料化から飼料化へ 食料自給率40%も満たない日本で驚くことに年間2000万~2500万トンの食品廃棄物が排出されているという。これは世界の8000万人をまかなえる1年分の食糧である。ちなみに飢餓が原因で年間2000万人近くが亡くなっている。うち約70%の子どもが餓死である。 日本で排出される食品廃棄物の約半分の1000万トン以上は食品産業からのものである。 この犯罪的な膨大な食品廃棄物を出さないという取組みよりも出たものを如何に減らすかというのがこの国の基本姿勢である。対処療法というやつだ。 その対処療法について追ってみた。 食品廃棄物の再資源化と言えば、肥料化されるケースが多かったが、肥料としての品質の確保や事業としての採算性が悪い等で、最近では肥料化よりも家畜飼料化が増えている。日本は飼料の約90%以上を輸入に依存しているため、飼料の主原料である穀物価格の高騰が飼料価格にはね返ると同時に、飼料の安定供給を考えると飼料化のほうが得策だ。政府・農水省も「エコフィード(食品残渣の飼料化)」を推奨している。 再資源技術面でも、これまで飼料化は原料となる食品廃棄物が劣化しやすい事や安定供給が困難なこと、また栄養バランス面で肉質への影響等が難点だったが、現在はほぼ改善されている。「乾燥方式」の他「リキッドフィーディング(液体肥料)」「サイレージ調整(原料を密封し、乳酸発酵させて雑菌の繁殖防止)」が開発されてから、中でも養豚用飼料の需要が急増している。

 ●ループリサイクルによる飼料化の促進 食品廃棄物の排出事業者自らが再資源化された飼料で育てられた豚肉を販売しリサイクルの促進を図るループリサイクルの確立へ向けた取組みが各地で増えている。比較的規模の大きい事例としては神奈川・相模原市の日本フードエコロジーセンター」の取り組みが挙げられる。小田急線沿線の食品工場、デパート・スーパー、給食センター等で出された食品廃棄物を飼料化し、その飼料で飼育された養豚肉をスーパー、デパート、ホテル等多岐にわたる業種で販売している。この試みは千葉、北関東・多摩地区でも大手スーパーで実施され、成功している。また茨城県下では「肥料化」のループリサイクルによる米、野菜を販売するという二刀流を展開中だ。いずれもリピーターを多く獲得し事業としても好調と聞く。 ●もったいないを忘れた日本の食生活 家庭から出る食品廃棄物は1000万トン近いと言われ、食糧費用換算で11兆円。これは日本の農水産業の生産額とほぼ同額。さらにその処理費用(焼却)で2兆円が使われる。家庭の冷蔵庫の中で電気を使い廃棄物にして捨てられる賞味期限切れの食糧も200万トンという現実もある。大量消費の大量廃棄の歯止めがきかない。

Arase Dam in Kumamoto Prefecture 2003.01.20

The company entered a period of transition from public works that caused deterioration of the environment to natural rebuild-type public works. Last December, the governor of Kumamoto Prefecture, Yoshiko Seya, announced that it would immediately take the removal work after renewing water rights until March 31, 2003, when the water rights of the prefectural Arase Dam Country (50 years) expired on March 31, 2002.

【要点在这里】 熊本県営荒瀬大坝 2003.01.20

该公司进入了从导致环境恶化的公共工程向自然重建型公共工程过渡的时期。 去年 12月, 熊本县知事瀬屋義子宣布 荒瀬大坝乡村水权 (50年) 将于2003年3月31日到期, 此前水权被延长至 10月31日, 宣布将立即进行拆除工作。 在全国首次大坝拆除政策的背景下, 库马河环境恶化、大坝路堤和发电机修复费用造成的财政压力, 以及县内总用电量不到1% 等原因。

2018年11月28日水曜日

太阳能发电, 现在该去哪里?1

太阳能, 被称为最终的清洁能源, 是由于拥有取之不尽、用之不竭、相当闪亮的太阳能。 国内的可再生能源, 如太阳能、风能和生物质能, 是日本能源安全的关键来源之一, 日本的许多能源 (化石燃料等) 依赖外国。 随着相关发电业务的发展, 未来将不断发展, 这将引起人们的关注。
然而, 当我听到很多地方都说, 太阳能业务最近开始出现在单纯的贪婪中时, 真的是这样吗?

破产负债总额为21.5 日元, 但是..。太阳能光伏相关业务的增长是2012年开始推出的再能源固定价格收购计划的一个突破。 太阳能发电提供的电力销售价格为工业用每 1千瓦40日元, 家庭等非工业电力销售价格为48日元。 因此, 连续有营业所进入太阳能发电业务。 顺便说一下, 截至 2017年2月, 用于工业用途的太阳能发电量是家庭和住房发电量的6倍多。 这是一个泡沫, 因为它是。 然而, 2005年4月, 对固定价格购买计划的修正将工业销售价格降低到21日元 (家庭40日元)。 此外, 维护和管理是强制性的, 招标制度是在工业大规模发电中实施的, 将被视为近年来环境评估的对象。 因此, 可以说, 工业太阳能发电企业周边的环境比家庭使用的环境更严重。 一个主要研究机构的太阳能业务的破产数量是过去最高的。 2005年1月至9月破产负债总额为 21563000000円。 破产的原因是相关设备销售低迷的一半, 业务的失败, 以及应收账款的回收。 研究机构已经看到, 这一趋势将持续一段时间。

人の遺伝子を傷つける環境ホルモン 1998.11.15


本来のホルモンは内分泌器官で作られ、必要に応じて血液によって各細胞に送られ、 生命維持に関するさまざまな遺伝情報を伝える役割を持つが、 外因性内分泌錯乱化学物質、 通称「環境ホルモン」 は、人聞や動物の生体内に取り込まれると成長や生殖機能を調整するホルモンに近い作用を果たすことで正常な内分泌系を撹乱し、発育障害や生殖機能異常などを誘発する。 最近ではとくに生殖機能に影響を与ぇるエストロゲン (雄ホルモン) の働きと類似する物質を指すことが多いが、 抗アンドロゲン(男性ホルモン)様作用、神経系の発達を妨げる抗甲状腺ホルモン様作用を持つ物質も発見され ており、人の精子数の減少、魚のメス化、生殖不能となったワニ、奇形ザル、過剰肢のカエルの大量発生などの原因とされている。

原発10基分に等しい地熱パワー。

  <原発なんか足元にも及ばない地熱パワー>

 ●太陽光や風力等再生可能なエネルギーの他に、地産地消エネルギーとして、近年にわかに注目を集めているのが地熱エネルギーだ。
 火山国・日本では地熱の利用可能な発電能力は、現在の風力の2倍、太陽光の3倍とされるビックなエネルギー資源である。
 しかも発電で排出されるCO2は火力発電の約20分の1、水力発電と変わらない低水準で,地球温暖化対策に寄与するクリーンエネルギーで ある。
  日本の地熱発電に必要な熱水資源は3300万リットルで世界3位で、原発10基分の発電能力がある。

 ●地熱発電とは、地中深くから取り出した蒸気で直接タービンを回し発電するもの。 火力発電所では石炭、石油、LNGなどの燃焼による  熱で蒸気を発生させるのに対し、地熱発電では地球がボイラーの役目を果たしているといえる。
 地熱発電はこれまで掘削等の調査や開発・運用に至る期間が長く、結局ランニングコストが高くなるという難点があり、おのずと開  発  業者は限定的だった。そこで国は90年代から初期投資の支援、地熱スポットの多い国立公園での事業化に対して規制緩和措置を促してきた。経産省によるとこれらの支援制度の拡充によって、地熱発電量は20年に120万Kw、30年には190万Kw程度まで開発可能だという目標を立てている。ちなみに世界地熱発電の総出力50年に2億Kwに膨らむと予測がある。
  市場の中心は東南アジアやアフリカだ。
 2020年以降の地球温暖化対策「パリ協定」を受け、地熱発電の商機はますます拡大の一途なのだ。

 ちなみに現在、日本の地熱発電利用量は世界9位。世界の地熱発電タービンの70%は高技術の日本製なのだ。怪しくて危ない原発を世へ懸命に売り込む日本政府は世界で失笑を買っている(*_*)

2018年11月27日火曜日

リサイクル&リユースの違いについて。

日々の事業活動、及びわたしたちの暮らしの中から大量に排出される廃棄物。。その廃棄物を活かすリサイクル&リユースは資源ビジネスなのだ 使用済み製品を含む廃棄物はリッパな資源という発想こそが新たなビジネス創出のカギである。やっかいな不要品扱いされる廃棄物を資源として如何に再生させるか。そこにナは多様なビジネス・チャンスがたくさん埋もれている。それはまた資源の多くを海外に依存する資源小国・日本にとって重要テーマである。廃棄物の再資源化にはリサイクル、リユースの二通りが考えらるが、このふたつのビジネスの現状と課題をアプローチしてみた。

●リサイクルビジネスは紛れもない製造業なのだ リサイクルとは、生産工程で排出されたり、また一度使った使用済み 製品等の廃棄物を再資源化して「再利用」することを指していう。一 方、再生すればまだ使える使用済み製品(中古品)を修理、修繕等を加 えて「再使用」するのがリユースである。街で見かけるリサイクルシ ョップというのは正確にはリユースドショップだと言える。どちらも 廃棄物を有効な資源として活かす再生ビジネスだ。 まずリサイクル事業とは、回収した廃棄物の分別・分解(選別)・再資 源化等の工程を経るから、自ずと機器・プラント等の設備が判うため に大規模に。ここでのポイントは「リサイクル事業とは廃棄物を資源 に換える製造業である」という認識が必要だ。 製造業は、つまり原料の量によって適正規模の生産ラインが決まる、 そして生産された製品が市場へ商品として出て行って始めてビジネスと して成立する。入口・生産ライン・出口のちゃんとした仕切りがなけれ ば商売にならない。 リサイクルビジネスも同じこと。分別等の前処理コスト(廃ペットボト ルならキャップ取って、ラベルが剥がす等)が低く抑えらる廃棄物を量 として確保が出来てこそ、生産ラインの規模が決まる。生産効率に配慮 しながら廃棄物を製品化。そのリサイクル製品が商品として市場(出口) に流通し取引されることが肝心なのだ。この仕組みのいずれかが不十分 な場合は参入しないほうが得策だと思われる。 しかし逆に、この仕組みが万全であれば入口で処理費をもらい、出口で をリサイクル製品を商品として売る。つまり廃棄物で入口と出口から収 益が得られるというおいしいビジネスなのだ。

●リサイクルする前にリユースで資源再生 中古品等使用済み製品のリユースについて言えば、リサイクルするため の大掛かりな機器・装置も不要だし、またエネルギー消費も少ない。さ らに再資源化工程での環境負荷等を考えれば、使用済み製品の延命化を 図るリユースの方に軍配が上がる。リサイクルよりもリユースの方が賢 明だ。 リユースと言えば、ビール瓶、古着、古道具、中古車等が代表格だ。最 近では新古書、新たなファションアイテムとして古着等リユースの形態 も裾を広げてきている。また自治体が粗大ごみととして回収した自転車、 家具等を修理・修繕を加えて市民に安価で提供したり、フリーマーケッ トやウエーブ上でも中古品の売り買いは盛況だ。ちなみにウエーブでの 中古品の流通市場は1、5兆円を遥かに超えたと聞くし、このリユースは 更に新たなビジネスを創出している。再使用するにあたって、機能的に 不具合の生じている部分の修理・修繕等の需要に対しての専門会社を誕 生している。リユースビジネスに大手企業も次々と参入中だ。 近年、このリユース事業は、改修・補修の必要に迫られている集合住宅、 戸建住宅約700万棟を抱える建設・住宅業界において、これまでの新築市 場から改修・補修市場へと業態変化をもたらしている。欧米では早くから その傾向が強い。

Solar power is for heat use 1

The Sun should be considered as the use of solar heat as well as light. 
● Solar thermal Water heaters renewable Energy (natural energy) is a representative of solar power that utilizes solar light. The system which buys the whole amount of power obtained from there becomes a tail wind, and the solar power generation rapidly spread and expanded in recent years. Solar power will continue to run as a top runner in renewable energy. The energy use using the heat of the sun is attracting attention to the method of electric conversion of this solar light again. The solar heat is collected by the collector, etc., and it tries to use it as a heat source of hot water and heating.

● For example, when used in hot water, energy conversion efficiency (heat collection efficiency) is 40% or more, and has a much higher power than the conversion efficiency of 10% solar light. If the use facility is hot water in the possibility of increasing the solar water heater, it is the one that the hot water of 60 ℃ or more can be obtained in summer. A standard solar water heater (6 ㎡ of heat collector area and 300L) can reduce the energy consumed by the general household in hot water for one year by about 95% (approximately 455L in terms of kerosene). The office which uses electricity and kerosene, etc. To change water to hot water if it thinks is not a little. The golf course, the sports facilities, the geriatric care facilities, etc. are used for the hot water in the bath, the shower, and the hot water etc., and are overwhelmingly more than energy consumption such as other lights and air conditioners. In other words, the solar water heater is energy-saving, and energy costs are reduced.

拡大基調に入ったリユース市場…。

<使用済み製品のリユース・ビジネスは拡大の一途へ>

エコビジネスネットワークは10数年前から使用済み製品(中古品)を再使用するリユース・ビジネスを環境ビジネスの成長分野であることを予測して市場分析をやってきた。資源小国の日本では資源確保の観点からも、使用済み製品を有効にリサイクルして再資源化するのも重要だが、中には即リサイクルに回すのではなく、これを再生させて再使用(リユース)するほうが得策の場合が多々ある。製品の延命を図ることのほうが新たな資源、及びエネルギー投入をしないで済むのだ。そればかりでなく、そこには、新たな中古市場や修理・修繕などのリペア・ビジネスの数々が創出される。多くは中小事業所だが、幅広い雇用創出につながる。最初は中小規模もここ10年で上場を果たした企業は10社を越える。エコビジネスネットワークでは、2020年までに現在の2倍の市場が創出されると読んでいる。店舗形態は大型複合化する一方、扱う品目を絞った専門店に分極化。また顧客も一般消費者と事業所向けと明確に進むだろう。元来、リユース市場は景気の低迷に歩調を合わせて伸びると言われている.現在のリユース市場も同じ傾向であることは否めないが、最近では、従来なかった市場特性が出てきている。好不況に関係なく、特に需要層の趣味、趣向の多様化に加え、使用済み製品(誰が使ったのか分からないから気持ち悪い等)への偏見が薄らいで、機能性や意匠性が良ければ、というニーズが強くなってきている。一方、供給がわも、ニーズに合わせたアイテム数、流通量、品質を向上させつつ、また商品情報の発信、販売方法・システムの拡充を図っている。ネットオークションでは、すでに1,5兆円を軽く超える市場を形成している。リユース店では「新品を買う時、中古で売れる商品を選ぶのがポイントです」と言う。リユース・ビジネスには成長産業から外せない。

地球温暖化関連ビジネスについて…。

<地球温暖化防止・低炭素関連ビジネスについて> 

地球規模の気候変動が顕在する中で、地球温暖化問題が注目されている。。環境ビジネス分野において温暖化関連ビジネスが何かと俎上に挙げられている。温暖化の大きな要因である温室効果ガス(CO2等)の排出抑制として原発再稼働、再生可能エネルギーの拡大、省エネ対策の拡充等が提案されている。言ってみれば、それらは対処療法的な発想の域を出ない。温暖化問題が表に出なければ、それら関連ビジネスが創出されないのか? 日本での温暖化・低炭素関連ビジネスについて考えてみる。

●温暖化関連ビジネスとは温暖化防止・低炭素関連ビジネスと言えば、再生可能エネルギーを始め、省エネ・節電・蓄電、食料生産地の分布変更による新種改良、あるいは森林再生・保全等、枚挙に暇がない。しかし日本におけるこれらのビジネスの根底をなすのは必ずしも温暖化に起因するものと考えないほうが賢明である。それよりむしろ資源小国・日本としては資源・エネルギー確保からの発想のほうが無理がないと思われる。資源の大半を海外に依存する資源少国である日本にとって、資源・エネルギーの確保は、今も昔も最重要課題である。まして、21世紀は既存の資源の多くが賦存量の減少へ向かい、世界的な資源・エネルギー不足に伴う価格高騰等避けられない.「21世紀は資源争奪戦の時代」と言われ、日本経済・社会のサステナビリティ(持続可能性)の観点から、主要テーマは純国産の「資源・エネルギー確保」に他ならない。日本経済の動向と密に連動する環境ビジネス分野においても「資源・エネルギー確保」はど真ん中に位置しており、見逃せないビジネスチャンスでもあるのだ。

●資源・エネルギー確保が市場の本流2011年3・11の東日本大震災・東電原発事故以降の災害廃棄物処理、放射能禍が今も続く原発に頼らない再生可能エネルギーの電源開発や省エネ・節電、自家発電、蓄電等の市場が急速に拡大している。1次~3次産業にわたっての全員参加型の市場として環境ビジネスが形成されいる。政府の原発政策とはよそに早々に産業界では脱原発の動きが加速している。国内の環境ビジネス市場においても、これから期待できる成長分野として挙げられるのが環境に準拠した純国産の「資源・エネルギー確保」だ。これらに係わる分野の産業拡大こそが結果として温暖化防止・低炭素に繋がっていくのだ。従って温暖化ビジネスとは環境ビジネスの事業創出のひとつの契機にはなるけれど、事業創出の発想の原点にはならないのでは。なぜなら気候変動の温暖化現象がなければ、温暖化・低炭素関連ビジネスチャンスは派生しないことになるだろう。

●環境ビジネスの本来の意義環境ビジネスとは将来世代の持続可能な豊かな社会の実現を図るための自然・生態系を含む環境整備が目的だったのが、ここ7、8年、環境ビジネスは現世代のアメニティ重視の「生活環境」が強調されて、本来の意義から逸脱し始めている。政治の世界では領土、領海、領空の線引き合戦が盛んで、人類の存亡に係わる地球環境の劣化には無頓着。「21世紀は環境の世紀」であることを真摯に問い直す時期にきているのでは。

2018年11月26日月曜日

Business of coordinating waste (mediation and intermediary) 2000.07.15

The new business which promising the coordination (mediation) of the waste to work is made to the recycling of waste materials. It is the service which supplies the waste discharged from each business place as a valuable thing to each business place necessary as a resource. In addition, it is asked to secure the necessary waste material, and the case to collect it. When we consider a finite resource problem, the enter into business is being established as a resource for each industry. On the internet site across the sea, you can see the case of waste trading before. It is common sense to think that waste is no longer a "second resource" or "Recycling resource." In the first diet, we started a basic recycling-based society bill, and each law circulated in five Fields was promulgated. We expect to work as an economical incentive to the effective use of waste products. The idea of using wastes discharged from various business activities as resources as the sophistication of the scientific approach to recycling and the precise matching of supply and demand has progressed, the expansion of a new business that is not a conventional waste disposal industry is inevitable.

Aufstieg grüner Verbraucher zur Schaffung neuer Märkte 1

Veränderungen im Konsumentenbewusstsein des inländischen Umweltmarktes erweitern seine Basis auf alle Branchen durch den ersten, zweiten und dritten Bereich und entwickeln sich autonom zu einem partizipativen Markt. Der Zusammenbruch des Marktes ist in die öffentliche und private Nachfrage unterteilt, aber die Hauptlinie ist die Nachfrage der Unternehmen nach zivilen Bedürfnissen. Doch es ist der Verbrauchermarkt, der in Zukunft expandieren soll. Spitzenreiter ist der grüne Verbraucher. Es handelt sich um eine neue Art von Verbrauchergruppe, die die Verbrauchertruppe unter Berücksichtigung der Umwelt für den Kauf des Produkts ergreift.<!--more--> In Japan liegt das Verhältnis von Greencoshuma bei etwa 3,4 Prozent aller Verbraucher, steigt aber jedes Jahr mit jvari. Vor allem nach dem großen Erdbeben in Ostjapan im Jahr 2011 steigt das Interesse an der natürlichen Umwelt, dem Leben einschließlich des Menschen, der Lebensmittelsicherheit, der Energieprobleme usw., die Verbraucher im Allgemeinen. Grüne Verbraucher steigen vor allem in städtischen Gebieten Es gibt Erkenntnisse über das jüngste Konsumentenbewusstsein, die zum 旧聞 gehören. Die Umfrage wurde von Dentsu im April 2014 zum Thema "Verbraucherbewusstsein für Umweltthemen" durchgeführt. Als ich mehr als eine Frage zu einem sozialen Interessenproblem hörte, war "Umweltproblem" mit 69 1 Prozent der erste Platz, 3,5 Punkte höher als im Vorjahr. Der erste Platz zum sechsten Mal in Folge seit Beginn der Befragung im Jahr 2008. Der zweite Platz war eine Naturkatastrophe. In der Umweltbewusstseinfrage sagten 65,5 Prozent: "Es ist kompatibel, Umweltthemen zu genießen und ein Leben zu führen". Im Vergleich zum Vorjahr ist sie um 3,7 Punkte gestiegen. Sie hat in den fünf Jahren seit 2009 (55,9%) ein stetiges Wachstum gezeigt. In Sachen Wohnen habe man 88 Prozent der Gesamtsumme erreicht, "wir wollen daran arbeiten, Strom zu sparen und Geld zu sparen". "Auch wenn der Preis etwas hoch ist, sind in Zukunft umweltfreundliche Produkte und Dienstleistungen, die wir nutzen wollen", so "Wohngeräte", "Home-Einsatz e-Nelgy System" wie das Wohnbauwachstum bemerkenswert.



気温上昇で水需要増 1998.08.15

国土庁が98年度版の水資源白書を発表。その中で地球環境変化が水資源に及ぼす影響などを初めて分析。平均気温が3度C上昇することで水の需要量は1.2-3.2%増。仮に2%増だと、新たに3.4億トン、平均的規模のダム14個が供給する生活用水が必要。また95年に水資源の開発・利用にかかったエネルギー消費量は109兆キロカロリー。4輪車1000万台分の消費燃料分に相当するという。

21世纪是氢文明的时代2 能源农场

作为 "能源农场", "能源农场" 是指作为家庭燃料电池手段的家用燃料电池的传播, 造币是由 "能源" 和 "农场 = 农场" 创造的。 从氢和氧中制造电和热量。 总之, 可以说农产品是由水和地球制造的。 "恩农场" 就像从某种程度上说, 向每个家庭引进电厂。 创造自己的能量。 发电及其伴随的排气热可用于热水、加热和冷却等热源。 自东日本东京电力公司地震以来, 天然气和石油公司一直专注于燃料电池发电业务的扩张。 目前, 有一个背景是, 氢并不是天然气和采油成本最高的。 自 2 0 0 9年以来, 市场正在认真形成。 截至 2018年7月, 有四分之一的家庭燃料电池被引入, 示范测试导致翻车。 当时, eneos、东芝和松下的三家公司都在竞争, 但现在松下还有一家公司。 价格下调了200万日元。  如果削减100万日元, 渗透率可能会加速。 介绍的补贴每年都有组织。 顺便说一下, 燃料成本每年降低 5 0 0万日元至 6 0万日元。

海洋浄化ビジネス、拡大中…。

<日本発の多様な生物が海を渡り、世界各地で悪さしている>

時折、TVや新聞で海外からやって来たヒアリや毒グモ等の外来種についての危険性を報道しているが、その一方で意外と知られてないのが、日本の多様な生物が海を渡り、各国で生態系破壊、産業活動の妨害等をもたらしている事例は少なくないことだ。国境を越える外来種モンダイは、グローバル化した貿易等が広がるにつれ、深刻化している。

●海の生態系や水産業に大打撃近年、廃プラによる海洋汚染、放射能水垂れ流し等、国際的なニュースとして話題を呼んでいるが、以前から問題視されているのが多様な生物による海の生態系破壊や海洋・水産業の被害等である。ニュージーランド南島のムール貝の養殖業者の間では、日本産ワカメ被害が尋常ではないと言う。「せっかく育てたムール貝が台無しだ」と非難の声が絶えない。2017年時点の調査では国全域に被害拡大中だ。養殖中のムール貝の周りに日本産の褐色のワカメがぶら下がり根を張る。ムール貝は海水を取り込めなくなり、窒息死したり、生育不良になったりして出荷困難の場合も。他の区域でもワカメ以外の日本の在来種が大暴れしていると聞く。米国では「クズ」やら「オオハリアリ」やらのメイド・イン・ジャパン大活躍中だ。

●バラスト水による被害世界各地で、船舶を安定走行させるために積み込むバラスト(重し)水による被害も見逃せない。日本の出港地でバラストタンクに積み込まれた海水が、寄港地等で排水される。混入していた日本産の生物が外来種として、前述のように現地の生態系や水産業に悪しき影響を与えている他に、現地の人の健康被害の発生までもたらしている。バラスト水が原因とみられる外来生物による被害事例。日本等から持ち込まれたヒトデによる豪州の養殖ホタテ、カキ被害。東欧由来のゼブラ貝の増殖が原因で米国・五大湖沿岸の発電所の取水口の閉鎖。メキシコ湾に移入されたコレラ菌により南米で100万人が感染して、1万人死亡した事例がこれまでに挙げられている。

●バラスト水対策の市場規模2兆円現時点では被害は顕在化こそしていないが、今後の気候変動やGDP至上主義の経済活動の活発化、工業化・都市化による水質汚濁等に拠る生物の生育環境が変化すると新たな被害が発生する恐れも高いのでは。国際海事機構(IMO)では、2004年2月には「バラスト水規制条約」を採択。同条約では、09年以降に新造船は、バラスト水を適正に処理する設備を備えることを義務付けている。「この処理装置は世界でも2兆円以上の需要が見込まれる」(エコビジネスネットワーク調べ)その他、生物移動による被害対策は、計り知れない市場が創出されるのは間違いないと読む。環境技術立国の日本の海洋での商機

The 21st century is the era of hydrogen civilization 3 - the fuel cell car

Development of fuel cells and hydrogen vehicles. It is said that the fuel cell car which runs with the electric motor is the final form of the eco car, and Toyota and the car maker are rushing development. The government's target is 40,000 in total by 2020, while the current state remains at 1800 units. If there is a place to stick to the running of the internal combustion engine by gasoline than the motor running as a car company, or hydrogen vehicle equipped with an internal combustion engine with hydrogen fuel? In both of these, the expansion of hydrogen supply stations (currently 90 several places) is required. In the media fuss. The electric car that they recommended by that gone arrest is inevitable, and the fuel cell car will be in the spotlight instead.

米国の環境産業、 売上高1800億ドルを記録 1998.11.15

米国では環境関連の法規制や温暖化防止対策を追い風に、環境関連産業が21世紀にかけての有望な市場になると期侍さ れている。そこで米團の商務省(DOC) は産業界の協力を得て、 国内初となる環境関連産業の実態を兆さした報告書を作成、 このほど発表した。しかし環境関連産業の内訳は不明。同報告書によると米国企業の96年の売上総額は1811億ドルで、 そのうち160億ド ルが輸出によるもの。94年 (売上総額1720億ドル比)で5.4%の成長率を見せており、 94年当時の他産業と比較すると、 環境関連産業は2輪車 ・自動車の本体製造(売上総額1980ドルを迫従する市場規模を誇っていることが分かった。また環境ビジネスを行なぅ企業や団体の総数は96年で約11万を超え、1300万人もの雇用者が従事しているという。

2018年11月25日日曜日

植物由来のバイオプラスチック…。

今、森林由来の多様なプラスティクが生産中  資源の多くを海外に依存、輸入する資源小国・日本。枯渇性が高い石油等の化石燃 料多くの資源は、価格高騰、政治の道具に使われたり、資源確保の安全保障が困難な 時代に。現在、我が国に求められている命題は自国で調達可能な純国産の資源開発で ある。国土の70%を占め、未利用なまま放置される森林を資源として利活用する、多 様な取り組みが産業化しつつある。中でも括目すべきは森林由来のバイオプラスティ ク用途開発だ。

 ●日本は世界有数の森林国  国土面積に占める森林面積の割合を「森林率」といい、日本は森林率が67%と国土の 2/3が森林だと言われ、この割合は、先進国のなかでフィンランドに次いで2番目に高 いとか。 つまり、日本は世界有数の森林国なのだ。このうち約半分が天然林、2割が人工林、そ の他3割が無立木地(樹木が生立していない林地)や竹林などで構成されている。しか し、日本は有数の木材輸入国で、日本の木材自給率は約3割。使用する木材の約7割を 輸入に頼っているのが現状だ。ちなみに熱帯合板は世界最大の輸入国で、2016年国際 NGO・44団体から2020年東京オリンピックの関連施設に、これまで守られてきた「持続 可能な材料を使用」が破られて、持続不可能な熱帯雨林木材が使用されている可能性 が高いという警告文が国際オリンピック委員会(IOC)に寄せられているのも事実。持 続可能な材料使用という考え方は北京、ロンドン、リオと引き継がれているが、東京 オリンピックでは疑問符が付いたまま。 

●森林資源利用は産業として発展段階  新たなエネルギー資源の確保から,世界的にも森林関連資源の需要は増大している。 日本では、全国に広く分布する森林・木質バイオマス(製材残林,伐採・剪定木くず 等)のエネルギー関連の熱利用や発電利用が各地で行われている。海外では森林その 他、植物由来の石油代替のバイオエタノール(セルロースを原料とした)の生産量が じわりと増えている。日本でも、独自に森林・木質系セルロースなどを原料としたバ イオエタノール生産が実証段階ながら始まっている。一方、森林資源のエコマテリア ル利用としてのバイオプラスチックはすでに電機・精密機器の部材の一部として生産 が開始されている。 

●バイオプラスティクの用途が急拡大  植物由来の新素材・エコマテリアル「セルロースナノファイバー」(CNF)の研究が 進み、具体的な製品となったのがバイオプラスティクである。エコマテリアル開発で は世界のトップを走る日本ではすでに紙おむつ、ボールペンの他、強化プラスティク として電子機器、自動車関連部材に使用され始めている。この植物繊維の主成分のセ ルロースは鉄筋コンクリートのような頑強な構造で、鋼鉄5分の1の軽さで強度は5倍 以上という優れモノ。しかも再生可能な植物由来でカーボンニュートラル(大気中に CO2放出しない)ため、地球温暖化の抑制にも繋がる。その原料の供給源は森林であり 第一次産業である。それが新たな産業創出の契機になるだろうし、森林国・日本にと って純国産の世界に冠たる素材なのだ。これからバイオプラスティクの製品化・商品 化は拡大の一途である。
<苔玉(こけだま)を並べて売っていた> 神楽坂の店先に何でも屋の店頭に苔玉を並べて置いてあった。 私事だが、苔を利用した屋上緑化や箱庭造りに熱中していた 時期もあって、苔玉直ぐに目に止まった。 苔って地球誕生以来、地球と伴に生きてきた。世界には数え きれない程の種類が各地に自生する。日本国内でも約500種 あるといわれている。 苔には地球温暖化の要因である温室効果ガスのひとつ、二酸 化炭素(CO2)を土中に固定する役割を果たす特性があり、都 心の緑化に使えないか、と思ったからだ。 店先で、苔玉として一個1500円以上で色んな形にして販売し ていた。 店に「売れている?」と聞いたら「あんまり。。」とのこと。 盆栽ブーム。苔盆栽としての需要はありそうだ。 ちなみに長野の「苔の森」という地域があって、そこには48 種の苔が一堂に集まってる(^o^)/

21世纪是氢文明的时代1 燃料电池

据说, 21世纪是 "氢文明时代", 其努力正在向那个时代加速。 这项技术的核心是燃料电池 (fc/fuelcell)。 根据应用程序的不同, 有三个流。 一种是家用和商用的固定式。 第二个是汽车, 作为燃料电池汽车已经引起了人们的关注。 第三是笔记本电脑和手机等移动设备。 我试图追逐燃料电池技术创新是快速发展。 燃料电池和燃料电池的原理, 如果你简单地把 "电解水" 被逆转了。 也就是说, 如果氧气和氢在空气中结合起来是可以的。 在 "水的电解" 中, 氢和氧是通过水中熔化电解质的电流产生的, 在燃料电池中, 它通过将氢输送到将电解质和氧气夹在另一个电极上的电极, 并产生水和电而引起化学反应。 燃料电池是一种制造 "氢" 的装置, 与传统的化石燃料不同, 它是一种取之不尽、用之不竭的清洁能源 (主要排放是水), 而传统的化石燃料的耗损特性很高, 环境负荷是不可避免的。 如果你看一下你在海外所依赖的90% 以上的能源, 这是一种重要的能源。 燃料电池具有固体聚合物类型和固体氧化物类型。
●太陽光の他、再生可能エネルギーの今…。 東京電力の原発事故以降、日本の電力供給は大丈夫なのか? 一時注目浴びた再生可能なエネル ギーも現状では足踏み状態だ。その現状と課題を追ってみた。   変わらぬ国の電源構成 経済産業省が数年おきに発表する電源構成(エネルギーミックス)は、変わらないものになってい る。原発再稼働を軸に石炭火力、再生可能エネルギーの順になっている。電力需要は原発事故後、 消費電力の減少傾向が止まらないが、政府見解は、需要見通しでは30年度は現在よりも、何故か 増えると読んでいる。 わたしらエコビジネスネットワークの現状認識 ●エネルギー資源の90%以上を海外に依存する我が国のエネルギー政策は、エネルギーの「安全 保障」について無考慮に等しい。化石燃料ほかエネルギー資源豊かな海外の国々では、今世紀は エネルギー資源が外交の切り札になるだろう…と読んでいる。それらの国々では「ナショナリズ ム」の台頭必至だ! ●現在のところ、化石燃料等既存エネルギーは採取・利用・廃棄において環境ダメージ(負荷)が 大きい。原発は放射能による健康・環境被害も著しいのでは。 ●現世代、及び地上国含む将来世代の豊かで持続可能な社会基盤づくりに寄与できる資源・エネ ルギーとは何か? ●将来枯渇性の高い資源・エネルギーからの脱皮。及び海外に頼らない純国産、自給自足できる 資源・エネルギー開発とそれに係わる産業創出が必要。 純国産・自給自足可能な資源・エネルギー  以上の様々な課題を踏まえて、優先的にまず取り組むべきは自給・自足な資源・エネルギー事 業開発とそれに伴う新たな産業創出である。平たく言えば再生可能なエネルギー群だ。太陽光・ 熱、風力、バイオマス、水力、地熱、波力等自然界から享受される自然エネルギーは、国内調達 可能で、枯渇性が低い。環境ダメージ・健康被害の少ない安全・安心な電源なのだ。ちなみに再 生エネの普及・脱原発を宣言する国々が加速的に増えているのだ。ちなみに基幹電源を原発、火 力に置く日本での再生可能エネルギー普及率は5%辺りか?コストパフォーマンスには日本の技 術力で抑えらるのだ。 しかし、これらの自然エネルギーの普及・促進を阻害・邪魔する障害物が多々あるのは周知の通 り。拝金主義にホンローされる買い取り価格、進まない送電線の拡充、海外と比べると電力価格 が割高等、数えれば切りがない。これら多くの障害の起因は主力電力事業者、所轄官庁、利権ブ ローカーらの暗躍にある。 国のエネルギー政策の転換期を迎えているのでは。少なくとも我が国では、再生可能なエネルギ ーを軸とした新たな産業創出が実質的である。そこには成長可能な多様な技術・サービス産業が 構成される。国内でスマートに調達できる自然エネルギー事業の拡大は地球温暖化の温室効果ガ スCO2の排出削減に繋がるばかりか「エネルギー安全保障の確保の他、何より「環境技術立国」 として世界に打って出れるのでは、と。 成長産業として大きな商機あり  私事だが、2000年初期太陽光発電コストを調べる機会があった。報告書には各家庭の屋根での 太陽光発電コストが1200万円だった。余りにも高額なコストに驚愕したことを今も覚えている。 所轄官庁が技術開発、製品の市場開拓に多額の補助金を投入。その結果、太陽光発電の普及率が 世界トップに躍り出たことも。背景には1次、2次の石油危機による石油に替わる資源・エネル ギー開発の取り組みがあったからだ。 わたしたちの暮らし、産業活動に必要不可欠な資源・エネルギー。その資源小国たるや日本が置 かれている立場からすると、自ずと発想できるのがこの分野だ。再生可能なエネルギーについて 世界の時計は右回りだが、逆に左回りに回ろうとしている一部の企業、政治屋さんらも覚醒の時 。成長産業のひとつとして大きな商機間違いナシである。

オオワシとオジロワシ 1998.08.15

天然記念物のオオワシとオジロワシが相次いで鉛中毒死していた実態調査をしていた北海道資源環境課は、狩猟や食害防止の駆除で貫通した銃弾の一部が残ったエゾシカの死骸を食べたワシが死んでいると報告。97年度から98年5月にかけてオオワシ25羽、オジロワシ8羽の死亡個体を収容したところ、鉛中毒死は23羽。うち15羽の胃の中から銃弾の破片が検出された。

The 21st century is the era of hydrogen civilization 2 - the ene farm

As an "ene farm", "Energy farm" refers to the spread of fuel cells for domestic use as a means of fuel cell for households, and the coinage is coined by "energies" and "farm = farms". To make electricity and heat from hydrogen and oxygen. In a word, it can be said that the farm products are made by water and the Earth. "Ene Farm" is like introducing a power plant to each home in a manner of speaking. Make your own energy. Power generation and its accompanying exhaust heat can be used for heat source such as hot water and heating and cooling. Gas and oil companies are focusing on the spread of fuel cell power generation businesses since the East Japan earthquake in Tepco. Currently, there is a background that hydrogen is not the most cost of gas and oil harvesting. Since 2009, the market is being formed in earnest. As of July, 2018, a quarter of the home fuel cells were introduced, and the demonstration test was cause overturn. At that time, three companies of ENEOS, Toshiba and Panasonic were competing, but now Panasonic has one company left.  The price is cut by two million yen. If one million yen is cut, the penetration rate might accelerate at a dash. The subsidy for the introduction is organized every year. By the way, the fuel cost is reduced by five to six million yen per year.

Handtücher im Wind gewebt

Wir können mit Ideen und Weisheit in das Umweltgeschäft einsteigen. Das Imabari-Handtuch hat sich inzwischen zu einer weltweiten Marke entwickelt, aber es gab auch eine solche Geschichte. Jetzt alt. Es war eine Zeit, in der eine große Menge billiges Handtuch, das in China hergestellt wurde, in den heimischen Markt eindrang. Der Handtuchhändler, der zu einem gewissen Kampf gezwungen war, dachte ... Ist es möglich, die Umweltverträglichkeit anzuwenden, die zu einem Trend für das Produkt wird? Die Idee, die kam, war diese. Erneuerbare Energien und Windkraft in einer Fabrik zu nutzen, die Handtücher webt. Das Unternehmen entschied sich, erneuerbare Energie aus der Windenergie von Shikoku Strom für den Betrieb der Anlage zu kaufen. "Handtücher, die durch Windkraft gewebt wurden", so dass der Name, den man auf das Handtuch setzte, "Handtuchweberei im Wind" war. Als der Markt eingeführt wurde, verkaufte er sich mehr als erwartet. Profitabel. Mit profitablen Mitteln haben wir das Umweltmanagement etabliert und mit der Entwicklung neuer Produkte im Rohstoff biologisch abbaubarer Kunststoff aus Pflanzen begonnen. Ich wurde viele Male als eines der Beispiele für umweltfreundlichen Einstieg mit einem Intellekt und Ideen ohne technische Fähigkeiten vorgestellt. Der Übergang der Anlage danach ist ungewiss.

Towels woven in the wind

We can enter the environment business with ideas and wisdom. The Imabari towel has evolved into a worldwide brand now, but there was such a history, too. Now old. It was a time when a large amount of cheap towel made in China entered the domestic market. The towel trader who was compelled to a certain struggle thought.... adopting the environmental consideration which is becoming a trend to the product. However, those skilled in the art did not have the technology. The idea that came up was this. To use renewable energy and wind power in a factory that weaves towels. The company decided to purchase renewable energy from the wind power generation from Shikoku electric power to operate the plant. "Towels woven by power supplied by wind power", so the name you put on the towel was "towel weaving in the wind". When the market was introduced, it sold more than expected. Profitable. With profitable funds, we established environmental management and started to develop new products in the raw material of biodegradable plastic derived from plants. I was introduced many times as one of the examples of environmental business entry with an intellect and ideas without technical skills. The transition of the plant after that is uncertain.

2018年11月24日土曜日

从海外进口和销售环保设备 1998.8.15

环境商业市场正在稳步扩大。 超过 4 0% 的上市公司和约 2 0% 的非上市公司已经在发展或规划环保业务。 整体销售趋势呈上升趋势。 政府的政策、政策、法律和条例、公司方面的环境活动以及提高公民对环境的意识是扩张的风。 因为环保的业务项目可以计数 800, 所以人们认为在扩展生产工作方面总是有商机的。 如果加深对环境问题的兴趣和认识, 使其成为一种雷达, 新来者就不应该那么困难。 即使新进入者没有足够的环境资源, 也有许多新的进入方式进入市场。 其中之一是从海外进口和销售环保设备。

「循环」6法律 2002.10

自 1993 年制定被称为环境宪法的《环境基本法》以来 , 与环境有关的法律法规的法律稳步推进 , 以通的六项法律在传统饮食中立法。 促进建立以回收为导向的社会的基本法 (2006年6月颁布) 修订后的《废物处置法》 (2001年4月颁布), 促进有效利用资源 (环境机构、经济产业省、卫生和福利部) 建筑材料回收法 (2000年11月, 建设部) 促进粮食资源的回收利用 (2001年4月, 农业、林业和渔业部) 《绿色采购法》 (2001年4月执行环境机构), 该市的法令新制度化, 并进行了修订。 所有这些趋势都与环境业务的商机或环境管理系统的发展有关。

The 21st century is the era of hydrogen civilization 1 - the fuel cell

The 21st century is said to be "the age of Hydrogen civilization" in the 21st century, and its efforts are accelerating toward that era. The core of the technology is the fuel cell (FC: FUELCELL). There are three flows depending on the application. One is stationary type for home and business use. The second is for automotive vehicles and is already attracting attention as a fuel cell vehicle. The third is for mobile devices such as laptops and mobile phones. I tried to chase the fuel cell technology innovation is rapid progress.

环境广告 (沃尔沃制造商日本) 环境业务点1998.12.15

沃尔沃制造商的日本, 沃尔沃的瑞典最大的汽车制造商的日本分公司, 已经显示了它的方向, 在日本的 "环境广告"。 该公司环境广告的第一期于1990年发布, "我们的产品是一个简单的身体副本, 解释了在生产过程中采取环境措施的情况, 产生污染、噪音和废物。 太令人震惊和令人信服了。 这次环保广告背后的原因是, 该公司在1989年制定的 "环境声明" 中得到了坚定的支持。

Environmental Advertising (Volvo Maker's Japan) environmental business Point 1998.12.15

Volvo Maker's Japan, the Japan branch of Volvo's Sweden largest automaker, has shown its direction in Japan "environmental advertising". The first installment of the company's environmental advertising was announced in 1990, "Our products are it was a simple body copy that explained the uptake of environmental measures in the production process, which produced pollution, noise, and waste.

2018年11月23日金曜日

水産庁の漁船活用型 地球環境モニタリング事業 1998.11.15

水産庁にはこれまで一般にはにはまったくといっていいほどど知られてないが、世界的にも貴重な資料ががる。水産庁の委託を受けた海洋水産資源開発センターが92~97年までの5年間、 総額6億8200万9000円をかけて取り組んだ 「漁船活用型地球環境モニタリング事業」 の成果をまとめたもので、 わずか18頁ながら地球規模の化学物質汚染の実態を世界でも初めて明らかにした。

都市鉱山は希少金属の宝庫なのだが…。

都市鉱山は希少金属の宝庫 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催にあたり、日本の大会組織委員会は 「都市鉱山」から採取した金・銀等の希少金属を各メダルに再利用いう試みを4月か ら始めるも遅々として進んでいない。 「なぜ、何だろう?」 こうした希少金属の再資源化は今に始まったことではない。13年に使用済み電子機器 等を対象にした「小型家電リサイクル法」が施行されるも、各使用済み製品の各回収 義務のないため回収率は15年度で10%足らず。メダル再利用をキッカケに都市鉱山の 再資源化…夢のまた夢という現況とは。。 

●都市鉱山とは 都市鉱山とは、スマートフォン、ガラ携、ゲーム機等のIT製品や小型家電製品にレア メタル(希少金属)や有価貴金属等が含まれている。 それら使用済み製品を「採掘可能」な資源と考えて、都市に埋蔵されるひとつ鉱山と する概念。 都市部で排出された不用になった電気・電子機器をリサイクルして、そこから貴金属 やレアメタルを取り出し再利用するもの。1980年に南條道夫(当時東北大学選鉱製錬研 究所教授)らによって提唱された。 株価の低迷での「金本位」、東京オリンピック・パラリンピックのメダルへの再利用等 の機運もあり、金・銀等の貴金属の価格が上昇するに伴い、再び注目されている。

 ●世界有数の金銀の所有国 物質・材料研究機構の試算では、日本の都市鉱山には金が1800㌧と世界の埋蔵量の16% 、銀が60000万㌧で約22%が眠っている。金銀ともに埋蔵量は世界一だ。 ちなみに銅は3800㌧で第2位だ。それぞれが世界の需要に対して約3年分は充分に供給で きる量に達する。 その他リチウム7年、白金5年、レアアース2年分は優に供給可能だ。 この都市鉱山の埋蔵量からみると、日本は世界有数の隠れた「資源国」なのだ。しかし 未利用のまま放置状態が続く。 資源小国・日本として、排出量は世界トップクラスの食品ロスと同様に、今一度考え直 す命題のひとつだ。

 ●海外での資源獲得よりも再資源化の道を パソコン、スマホやゲーム機等に含有される金は0・03%。一方、自然界の鉱石1㌧から の採取量は3~5%だと言われている。その割合は0・0003%程度。枯渇性の高い他 の金属も鉱石からの採取量も次第に減ってきている。取り過ぎて含有量の多い鉱石が減少 しているからだ。 そんな現状を踏まえれば、含有量が確実な都市鉱山の有効利用へおのずと目が向く。 しかも都市鉱山なら、大規模な採掘での自然破壊、採取時の有害物質による環境への悪影 響、地域住民の公害・健康被害の抑制に繋がる。しかし産業界や学者の一部から紋切型の 声を聞く。「コスト面では天然鉱石には勝てない」と。 実際のところ、金銀その他のレアメタル回収のリサイクルコストを下げる技術は日進月 歩で進んいる。 環境ビジネスでは、「リサイクルは廃棄物を材料とした製造業」と視点からみると、都市 鉱山からの金属回収を業とする成功事例も少なくない。横浜金属を先達として、今は田中 貴金属も本格参入して事業所の裾野を広げている。

 ●各メダル全部の供給は空疎 2020年東京オリンピック・パラリンピック大会組織委は4月に「都市鉱山からつくる!みん なのメダルプロジェクト」を東京都始め、全国の自治体を窓口にスマホ、ガラ携、ゲーム 機、パソコン等電子小型家電の回収を始めた。リサイクルした金、銀、銅でメダル5000個 すべてを作るのが目標だ。掛け声だけの取り組みに終わるのでは、と言う危惧がある。 2001年家電リサイクル法施行、現在、家電リサイクル率52%。2013年小型家電リサイクル 法施行、現在、同リサイクル率10%以下と言うのが実情。 国としてはオリンピック・パリンピックの大イヴェントに相乗りして、進まないリサイク ル率を一気に高めたいところだが、ここでも他人任せの「自主的な」回収システムにお任 せなのだ。結果として都市鉱山の小型家電は資源として海外へ流出したり、自治体に引き 渡される過程で業者に高い値段で流されたり、リサイクル費用後払い(リサイクル費用逃 れ)ゆえの不法投棄されたりしている。要は、普通の経済ルールでモノが動いている。 ●減容・減量化が課題 出たものをどうするか?と言う対処療法でなく、都市鉱山が誕生しないように最初からヴァ ージン資源を極力使わないルール作りが求められている。変わらない消費者の果てしない 欲望をくすぐる新製品が市場を賑わす。資源小国であり、しかも将来世代の持続可能な社 会の実現を考えるならば、将来世代が享受すべき資源の先取り、資源浪費は回避の発想が 必要ではないのか。

The "Renovation and renewal" business of housing 1998.11.15

The "Renovation and renewal" business of housing, is expected to grow to a market that exceeds 20 trillion yen in fiscal 2015. The average service life of a Japan residence is very short with about 25 years. Compared with the 75 years of the United States, 44 years of the United Kingdom, it is well below considering the difference of the building method such as the wooden house and the brick. In the past, construction and renovation of new buildings has helped Japan domestic building demand. The construction industry has grown steadily in proportion to economic growth, and it can be said that the result of having continued the Bill de and scrap in that. According to the undisclosed of the Ministry of Construction and the Institute for Construction Economics, the maintenance and repair work for the entire construction industry in 1995 was 12.5 trillion yen. This is a total of 15.2% of all construction, and it has remained stable for the past six years. However, in Europe and the United States, it has exceeded 30% of United Kingdom, and has already grown to a scale comparable to the new market.

「環境立国」と外資系の発想 環境ビジネスここがポイント 1999.06

3年前、日本企業において環境ISOへの関心が高まりつつある頃、私たちの海外ネットワーカーである英国の環境コンサルタントはこんなことをポツリと言った。「工場や事業所内の環境改善を考えたら、まず大気汚染防止の取り組みは日本はかなり進んでいて私たちの出る幕はない」と。日本の場合、重度の公害対策の中で、諸外国と比べると卓越した防止技術力を獲得した。彼はさらに「日本に限らずアジアでの大気汚染防止関連のビジネスは最初から無理である。つまり、「制空権」は最初から日本に握られているから」といった。言いえて妙だった。

Construction, general contractors, ideas and business change are necessary now 1

Construction industry of Japan, the transition period from the newly built market to the reproduction market at the western countries level.... The condo is more than a pre-built attention! It can be said that the stock maintenance of the building of Japan (especially the renovation and repair of the building) entered in earnest in the age. It is said that there are about 8 million buildings in the country where the stock of the building which needs repairs including the commercial facility of a reinforced steel building and a detached house in addition to the house is now about.

2018年11月22日木曜日

太陽光発電① 1998.12

太陽光発電や風力発電などの再生可能な自然エネルギ一利用技術の開発も進み、 技術的にはほぽ完成したといえる。 現状では新エネルギーの1次ネルギー総供給量に占める割合は約1%と低いものの、 環境負荷が少ない純国産エネルギーであり、 また、 発電所から離れた辺境地域や離島などでは送電繚を整備するよりもコストが 安く送電ロスも少ないため、 自立型ェネルギ一供給システムとして注目されている。 97年12月のCOP3を受け、通産省の諾問機関である総合エネルギ一調査会が98年6月にまとめた中間報告でも、 京都会議の目標達成には新エネルギ一を最大限活用していくことが重要な課題として位置づけられている。太陽光発電は太陽光という無尽蔵に降りそそくエネルギー源から電気を作り出すことから究極のクリーンエネルギーといれている。 最近では公的助成制度の拡充によって市場が拡大。 太陽光発電システムの設置件数が年々増加傾向にあり 、 全国の太陽光発電の出ヵ容量は92年に4000キロワットだったものが96年度で約5万7000キロワットまで増加。 住宅用太陽光発システムの設置件数は98年度中にも 1万件を越える見通しだ。 通産省の予測では2000年以降にも本格的に普及が進み、 96年度250億円だった市場規模が2010年には1兆円を越えると見られている。

今治毛巾 - 毛巾在风中编织

我们可以用思想和智慧进入环境商业。 今治毛巾现在已经发展成为一个世界性的品牌, 但也有这样的历史。 现在老了。 那是一个中国制造的大量廉价毛巾进入国内市场的时代。 被迫去某种挣扎的毛巾交易员..。 不要对正在成为产品趋势的环境考虑。 然而, 这些技术熟练的人并不具备这一技术。 出现的想法是这样的。 在毛巾编织的工厂中使用可再生能源和风力发电。 该公司决定从四国电力的风力发电中购买可再生能源来运营该厂。 "由风力发电编织的毛巾", 所以你放在毛巾上的名字是 "毛巾在风中编织"。 市场推出后, 销量超过预期。 有利可图。 通过盈利资金, 我们建立了环境管理, 并开始开发来自植物的生物降解塑料原料的新产品。 我多次被介绍为没有技术技能的智力和想法进入环境商业的例子之一。 之后植物的过渡是不确定的。

グリーンコンシュマ13の原則

グリーンコンシューマ(緑の消費者)の台頭で新市場の創出へ

●一般消費者・生活者意識の変化 国内の環境ビジネス市場は第1次、2次、3次まで全産業に裾野を広げ、全員参加型の市場へと 自律的に発展中だ。市場の内訳は官公需要、民間需要に分けられるが、本線は民需の企業需 要である。しかしこれから拡大が予想されるのが一般消費者(生活者)市場だ。 その牽引者がグリーンコンシューマ(緑の消費者)の存在だ。商品購入にあたり、環境配慮 を念頭において消費行動をとる新しいタイプの消費者群だ。日本ではグリーンコシューマの 比率は、全消費者の3、4%程度とわずかなものだが、年追う毎にジワリと増えている。 とりわけ2011年3/11・東日本大震災後、一般消費者の中に自然環境、人間を含む生命、食の 安全・安心、エネルギー問題などの関心が高まり、加えて不況風がふく中で浪費を抑える生 活習慣の定着がグリーンコンシューマが都市部を中心に増えている 。 旧聞こ属するが、ここに最近の消費者意識についての調査結果がある。 2014年4月に電通が実施した「環境問題に対しての消費者意識」調査だ。 関心のある社会問題を複数回答で聞いたところ、「環境問題」が前年比3・5ポイント高い69 ・1%で1位。2008年に調査開始以来6年連続の1位。2位は「自然災害」だった。 環境意識に関する質問では65・5%が「環境問題に配慮することと生活をたのしむことは両立 できる」と回答。前年比3・7ポイント上昇している。09年(55・9%)から5年間で着実な伸 びを示している。 また生活面では「自ら進んで節電や節約に取り組みたい」は全体の88%に達した。「多少価 格が高くても今後、利用したい環境配慮型の商品やサービス」では「住宅設備」「家庭用エネルギーシステム」等の住宅関連の伸びが顕著だった。

●グリーンコンシューマの消費行動基準13の原則 こうした一般消費者の意識の変化は商品購入の際の買い物行動にも変化をもたらしている。 「どんな変化なのか?」 予測に近いが、それはグリーンコンシューマの「消費行動」と共通部分が多く見られるので はないか? そこで、グリーンコンシューマの商品購入時に念頭に置く基準を調べてみると、こうなのだ。 要は適正な品質や価格で選ぶのはもちろんだが、環境・エネルギー負荷の少ない商品やサー ビス、及びそれらの提供に努める事業者を選び優先購入するのがポイント。 具体的には以下の基準がある。

①購入時に必要とするものを必要な量だけ買い、余分なものは買い控える。
②価格が高いと思っても長く使える長寿命のものを選ぶ。
③容器・包装材は最小限、過剰包装は避ける。
④商品の生産工程、利用過程、使用済みになった廃棄時に、資源とエネルギーの浪費の少な いものを購入する。
⑤家電等利用する時、電力消費の少ないものを基準に優先的に選ぶ。
⑥有害な化学物質による環境悪化、健康被害の少ない商品を購入する。
⑦生態系と生物多様性を損なわないものを選んで買う。
⑧近隣で生産・製造されたものを選ぶ。
⑨資源を分かち合い、共同所有してシェアできるものを選ぶ。
⑩生産者と消費者が見える関係で商品が流通されているものを買う。
⑪生産者に利潤等公平な分担が保障されているものを選ぶ。
⑫環境負荷の改善に熱心に取り組み、その環境改善情報を公開している会社や店を選ぶ。
⑬次世代、及び途上国等の現世代の持続可能な社会の実現を考えている会社や店を選ぶ。

など13原則の基準があるという。 こうした新たなグリーンコンシュマの拡大は、モノを生産・製造するメーカー、あるいは商 品を販売する企業に対して環境商品の提供を促すことになる。それは結果として一般消費者 (生活者)を変化を読み取り環境商品を提供する企業には大きなビジネスチャンスの到来なの だ。

The key to success in environmental business 1998.11.15

The number of people who gather at the seminar of the environmental business is increasing to skyrocketing. It is not uncommon to have more than 200 people at times. I feel the heat like never before. From the people I met at the meeting, the question I often received was "what is the secret to the success of the environmental business?" I always answer this. Four points are necessary to cause the business rooted in the ① region, strong sticking to the environment of the ② business person, a soft idea not ③ hard, and the business of ④ proposal type.

2018年11月21日水曜日

Umweltbildung ist eine tägliche Verbraucherbildung

Umweltbildung ist eine tägliche Verbraucherbildung. Was in der Umweltbildung gebraucht wird, ist ein Ansatz im täglichen Leben. Das Naturerlebnis, der Segen der Natur und die Bedeutung des "Bewusstseins" (die Ursache) auch in der temporären Patos (Stimmung) Etikett eingeschlossen Ertrag, ist es nicht möglich, ein kontinuierliches Ethos (nachhaltig), und die gegenwärtige Situation zu werden. Umweltbildung ist kein nicht-routinemäßiger Ansatz, wie außerschulische Aktivitäten oder Exkursionen, sondern im Alltag (als lebende Person). Es ist motoma, Waren als Verbraucher und Verbraucher zu kaufen und über den Energieverbrauch und den Umgang mit Müll im Alltag und mit tagesähnlichen Aktivitäten zu lernen. In Japan ist es einer der Gründe, warum der grüne Verbraucher europäischer Art nicht expandiert. Auch wenn man sich die Ergebnisse der Befragung durch die Menschen im Kabinett manchmal anschaut, sind die Umweltprobleme der Menschen absolut wichtig. Ich interessiere mich sehr dafür, aber die meisten Leute machen nichts auf Alltagsebene. Der Grad der Müllsortierung ist die aktuelle Situation. Als wir durch den Bereich der Umweltbildung in Deutschland tourten. Für das Produkt, das der Homerom-Lehrer in einem Convenience-Store gekauft hat, wurde die Einstellung des Produktkaufs als Verbraucher, wie "gut oder schlecht für die Umwelt" in den Augen des Kindes, angefordert.

Environmental education is a daily consumer education

Environmental education is a daily consumer education. What is needed in environmental education is an approach in daily life. The Nature experience learning, the blessings of nature, and the importance of "awareness" (the cause) also, in the temporary Patos (mood) Label enclosed yield, it is not possible to become a continuous ethos (sustained), and the present situation. Environmental education is not a non-routine approach, such as extracurricular activities or excursions, but in everyday life (as a living person). It is motoma to buy goods as consumers and consumers, and to learn about energy consumption and how to deal with garbage in daily life and day-like activities. In Japan, it is one of the reasons that the green consumer of the European type does not expand. Even if we look at the results of the survey by the people of the Cabinet Office in sometimes, there are absolutely a lot of people "environmental problems are important. I'm very interested in it, but most of the people don't do anything at everyday life level. The degree of sorting of garbage is the current situation. When we toured the field of environmental education in Germany. For the product that the homeroom teacher bought at a convenience store, the attitude of the product purchase as a consumer, such as "good or bad for the environment" in the child's eyes was requested.

生态友好型酒店正在增加 2

我听说越来越多的游客和年轻人在日本选择了环保的住宿。 生态酒店是以与传统服务不同的生态服务为基础的, 是作为一种新的酒店服务而建立的。 过去, 这是为每家酒店获得 iso14001 认证和改善商业活动环境的机会。 我关注着生态酒店的现状。

環境をテーマにした就職・進路相談'99 1999.02.15

過日、「環境をテーマにした就職・進路相談'99が東京代々木の国立オリンピック青少年センターで開催された。現在、企業で環境事業を、あるいは環境対策を推進する企業人(大半が20代)など約60名がカウンセラーとなり、学生の進路相談に応えていた。業界別に分かれたブースで学生たちからそれぞれ相談を受ける形式。参加者の多数が就職活動を開始したところの大学3年生で、定員180名をはるかに超えた240名が集まった。

太陽、発電だけではない。熱利用も考える。

太陽は、光だけでなく太陽熱の利用を考える 。

●太陽の熱利用の温水器 再生可能なエネルギー(自然エネルギー)の代表格は、太陽光を利用した太陽光発電。 そこから得られた電力を全量買い取ってくれる制度が追い風となって、近年太陽発電 は急速に普及・拡大した。これからも太陽光発電は再生可能なエネルギーのトップ ランナーとして走り続けるだろう。 この太陽光を電気変換する方法に対して、太陽の熱を利用したエネルギー利用が再び 注目を浴びている。太陽熱を集熱器等で集め、温水や暖房の熱源として利用しようと するものだ。例えば給湯に使った場合、エネルギー変換効率(集熱効率)は40%以上 で、10%台の変換効率の太陽光と比べて断然高いパワーを持っている。

●利用施設が増大の可能性十分 太陽熱温水器で給湯すれば、夏場なら60℃以上の温水が得られるスグレものだ。標準 的な太陽熱温水器(集熱器面積6㎡、蓄熱漕300㍑)なら一般家庭が一年間に給湯で消費 するエネルギーを約95%(灯油換算で約455㍑)も削減可能なのだ。 考えてみれば電気や灯油等を使って水を温水に変えて使う事業所は少なくない。ゴルフ 場、スポーツ施設、老人介護施設等は、温水を風呂・シャワーや給湯等に使い、他の照 明やエアコン等のエネルギー消費よりも圧倒的に多いのだ。つまり太陽熱温水器の方が 省エネであり、エネルギーコストが低減につながるというわけだ。

●夏場の冷房にも使える 太陽熱を集める集熱器には、水に蓄熱する水式、空気に蓄える空気式に大別できるが、 水式は既存施設にへの後付けが可能であり、一方建物一体型の空気式は暖めた空気を 直接暖房に利用できるメリットがある。加えて熱利用と集熱の時間帯のズレで生じる熱 需要バランスを平準化させるための蓄熱漕や貯湯漕、熱交換器、ボイラー等の組み合わ せで給湯や暖房を行い、さらに余熱を化学的に変換して夏場の冷房も可能となる。

●脱原発の有望産業として注目 太陽熱利用は1979年の第二次オイルショックによる原油価格の高騰の影響を受け、当時 は需要が増加したものの、その後の原油価格の鎮静化等によって1980年頃をピークに減 少の一途をたどる。が、東日本大震災・福島原発事故に因る脱原発、地球温暖化対策の 有効手段、また有望産業として再び注目を浴びつつある。

容器包装リサイ クル法 1999.06

PETボトル以外のブラスチッ ク容器や段ボールと飲科用紙バックを除く紙類など、 「その他紙、 その他ブラス テッ ク容器包装」 が再商品化義務の対象に加ゎる、 2000年からの容器包装リサイ クル法完全施行が間近に迫って きた。 しかしながら、 現在対象品目のひとつとなってぃる PETボトルでさぇ、 97年4月の法施行後回収率は3倍程 度に伸びたものの、 98年度で18%と まだ低い数字。 市 場に流通した包装材の回収は困難を極めている。 回収が 行攻まかせになってぃること、 利用者負担のコンセンサ スが形成されてぃなぃことなどが要因だが、 2000年の完 全施行を前に今後、 いかにして機能する循環の輸を構築 するかは急務となってぃる。 関連ビジネスが立ち上が り、 継続してぃく上でも基盤となる部分といぇる。 こうした国内での動きに対し、 世界各国では包装廃棄 物の回収、 再商品化システム構築が進み姶めている。中 でも先行しているのがEC加盟国で、 すでに構築済みの国 もぁる。 その多くが、 企業、 産業界などが協力して設立 した回収・分別リサイクルを実施、 ぁるいは支援する組織と、 その責金源となる包装材に付ける緑のマ一クを 柱としたシステムとなってぃる。

2018年11月20日火曜日

21世紀は「水素文明時代」だ。

●21世紀は水素文明時代  21世紀は「水素文明時代」だと言われ、その時代へ向けてその取組みが加速している。  その技術の中核をなすのが燃料電池(FC:FUELCELL)だ。用途に応じて三つの流れがある。  ひとつは、家庭・業務用の定置型。二つ目は自動車用の車載用で、燃料電池車としてす  でに注目される。 三つ目はノートパソコンや携帯電話等のモバイル機器用だ。技術革  新が日進月歩の燃料電池を追ってみた。  ●燃料電池とは  燃料電池の原理は、簡単に言えば「水の電気分解」を逆にしたもの。つまり空気中  の酸素と水素を結合させればオーケー。「水の電気分解」では、電解質を溶かした  水に電流を通して水素と酸素を発生させるが、燃料電池では、電解質をはさんだ  電極に水素を、もう一方の電極に酸素を送ることによって化学反応を起こし、水と  電気を発生させるのだ。枯渇性が高く、環境負荷は避けられない従来の化石燃料と  は異なり無尽蔵でクリーンなエネルギー(主な排出物は水)として注目されている  「水素」を創り出す装置が燃料電池なのだ。エネルギー資源の90%以上を海外に依  存する日本にしてみれば、重要なエネルギー資源なのだ。燃料電池には固体高分子  タイプと固体酸化物タイプがある。  ●「エネファーム」として家庭用燃料電池の普及進む  家庭用燃料電池を指して言う「エネファーム」とは、「エネルギー」と「ファーム  =農場」の造語。水素と酸素から電気と熱をつくること。つまり水と大地で農作物  をつくることだと言える。「エネファーム」は、言ってみれば各家庭に発電所を導  入するようなもの。自分のエネルギーを自分でつくる。発電とそれに伴う排熱は給  湯、冷暖 房等の熱源に利用可能だ。東日本大震災の東電原発事故以降、ガス・石  油系企業が燃料電池による発電事業の普及に注力している。現在、水素はガス、石  油からの採取が一番コストが掛からないという背景もある。2009年から本格的に市  場が形成されつつある。2018年7月現在、家庭用燃料電池25万台が導入され、実証  試験が繰り返えされている。当時、ENEOS、東芝、パナソニックの3社が競合してい  たが、現在、パナソニック1社が残っている。価格は200万円を切ってきている。  100万円切れば普及率は一気に加速するのではないか…。その導入のための補助金は  毎年組まれているのだ。ちなみに燃料電池導入による光熱費は、年に5~6万円減  らせる。  ●燃料電池・水素自動車の開発激化  燃料電池で発電。その電気でモーターで走行する燃料電池車はエコカーの最終形と  いわれ、トヨタを始め、自動車メーカー各社は開発を急いでいる。政府の目標は2020年までに累計4万台だが、現状は1800台にとどまる。自動車各社としてはモーター  走行よりも従来のガソリンによる内燃装置での走行にこだわるところがあるとすれ  ば水素を燃料とした内燃装置搭載の水素自動車か?どちらにしても水素供給の水素  スタンドの拡充(現在90数ヶ所)が求められている。マスコミ大騒ぎ中の。あのゴー  ン逮捕によって彼らがおススメの電気自動車の勢い低下は必至で、代わりに燃料電  池自動車が脚光を浴びるだろう…。  ●モバイル(移動)機器での利用拡大  携帯電話やパソコン等携帯機器に使っている従来型の電池よりも長時間利用できる  燃料電池は電気製品、通信 機器メーカー各社で開発が進められてきた。広がるモバ  イル機器市場と伴にここにきて需要が急伸と聞く。ただメタノールと空気を反応さ  せる方式が一般的で、テロ対策で飛行機内等への水素採取のメタノール・カートリ  ッジ持ち込み困難なのが、現在ネックになっている。  ●化石燃料以外からの水素採取  エネルギー資源の大半を海外に依存する資源小国の我が国では純国産・国内調達可能  な「水資源」「バイオマス」から水素採取できれば資源セキュリティも確保できる。  日本では「水素社会」普及は何よりも国益に添っていると思われるのだ。国のエネル  ギー政策の転換期を迎えている。

Forstwirtschaft 2002.01

Das Geschäft mit Waldschutz dürfte den Stützpunkt ausbauen. Der heimische Wald ist ruiniert, wie es heißt. Die Verwüstung der Wälder, wie Vernachlässigung, sorgenfreie Holzeinschlag und die Bewirtschaftung des Waldes in den Augen. Im Hintergrund herrschte eine große Fehlkalkulation des Forstgeschäfts. Das Holz und das Ventil werden aus dem Ausland zu einem günstigen Preis geliefert, und das Waldgeschäft ist nicht lebensfähig und wird zerstört. Ein schwaches Licht, das sich als ein Geschäft mit wirtschaftlichem Anreiz zu etablieren scheint, begann jedoch, das Waldgeschäft zu sehen. Es gibt mehrere Gründe.

The forest conservation business 2002.01

The forest conservation business is likely to expand the base. The domestic forest is ruin as it says. The devastation of forests, such as neglect, no-care logging, and the management of the forest flagrant in the eyes. There was a great miscalculation of the forest business in the background. The wood and the valve are supplied from the foreign country at a cheap price, and the forest business is not viable and is destroyed. However, a faint light which seems to be able to be established as a business with an economical incentive began to see the forest business. There are several reasons.

環境広告(ボルボ・メーカーズ・ジャパンの事例) 環境ビジネスここがポイント 1998.12.15

日本の「環境広告」においてその方向性を示したのが、スウェーデン最大の自動車メーカーのボルボの日本支社、ボルボ・メーカーズ・ジャパンである。同社の環境広告の第一弾は90年に発表された「私たちの製品は、公害と、騒音と、廃棄物を生み出しています」といく、生産プロセスにおける環境対策への取り込みを説明したボディコピーのみというシンプルなものだった。あまりにも衝撃的な十分な説得力を持っていた。

The recycling is a manufacturing

The recycling business is a manufacturing perspective.... The recycling business is the manufacturing industry. The manufacturing industry reserves the raw materials, manufactures the product in the production line, and the product is put into the market and it sells as a commodity and it approves. The recycling business will be successful based on the same process as this manufacturing industry. Recycling is a waste material. A good quality waste (for example, a pet bottle is removed from a cap and the label is peeled off.

Import and sales of environmental equipment from overseas 1998.8.15

The environmental business market is steadily expanding. More than 40% of listed companies and about 20% of unlisted companies are already developing or planning environmental business. The overall sales trend is on the rise. Government policies, policies, laws and regulations, corporate-side environmental activities, and the improvement of civic consciousness to the environment are the winds of expansion. Because an environmental business item can counts 800, it is thought that there is always a business opportunity on the extension of the work of the production. If the interest and awareness of environmental issues are deepened and it becomes a radar, newcomers should not be so difficult. There are a number of new ways to enter the market even if there is no adequate environmental resources for the new entrants.

2018年11月19日月曜日

What is environmental management?

In my opinion, what is environmental management? Environmental management is supported by two pillars. One is the environmental improvement activity of the production business. Environmental improvement activities based on ISO14001 (environmental ISO) to improve the environment (daily activities are checked and practiced by PDCA).

環境ビジネスの成功の秘訣 環境ビジネスここがポイント 1998.11.15

環境ビジネスのセミナーに集まる人の数はうなぎのぼりに増えている。時には200名を超えることも珍しくない。これまでなかったような熱気を感じる。会場で出会った人から、よく受ける質問が「環境ビジネスの成功の秘訣はなんですか」だ。私はいつもこう答えている。①地域に根差した事業を起こすこと、②事業者の環境への強いこだわり、③ハードでないソフト的な発想も必要、④提案型のビジネスである、と4点を挙げる。

デンマーク バイオマス利用のコージュネレ一ション(CHP) の導入 1999.06

熱及び発量用バイオマスについては、 全世界のエネルギー消費に占める剖合は14%を占めるが、これは途上地域において、 いまだ薪炭の直接燃焼利用が行なわれてるため。これに対し、EU全体の創合は2.5%とまだ少ないものの、70年代以降、EC研究計画において重要課題に位置づけられており、 環境負荷が少なく再生可能なエネルギーの供給、農業社会の収益、発展途上国に移転可能な 技術の開発などを目的に開発が進められている。なかでもバイオマス利用のコージュネレ一ション(CHP) の導入に積極的なのがデンマーク。 かつての日 本と同じく、エネルギーの90%を輸入に依存していたデ ンマークでは、 70年代の2度にわたる石油ショック以降、エネルギー自給ヘの政策転換が図られた。85年には、「原子力発電を利用しない公共ェネルギーの導入案」が国会で可決、 風力やバイオマスを中心とする再生可能エネルギーを利用することが国策として掲げられた。デンマークは農業自給率300%を誇る。

2018年11月18日日曜日

什么是环境管理?

在我看来, 什么是环境管理? 环境管理得到两大支柱的支持。 一是生产企业的环境改善活动。 基于 iso14001 (环境 iso) 的环境改善活动, 以改善环境 (每日活动由 pdca 检查和实践)。 除了环境 iso 外, 环境部还采取了生态行动, 这些双重标准正在改善商业活动的环境。 按照这两种环境管理体系中的任何一个, 适当处理通过环境法、系统合规和日常节能和商业活动排放的废物.....。 . 另一个支柱是发展环境业务, 这有助于改善环境。 它是一个向市场推出环保产品、环保设备和设备的部门。 这两个支柱是 "自愿的公司活动" 到最后, 考虑到环境的企业活动得到管理。 顺便说一句, 1996年在《世界》上公布的环境 iso 是管理活动的世界标准。 到目前为止, iso 是一个产品标准。 就像 jis mark.....。

Environmental Management System (EMS) standard, support business to obtain ISO14001 certification site 2001.04.20

Environmental Management System (EMS) standards, support to the site to obtain ISO14001 certification is a sign that business expands. Currently, the site that acquires ISO14001 certification in the Japan has surpassed 5500, and about 200 sites have obtained certification every month. On the other hand, many sites are getting more and more, and after that, they don't know what to do, or are still in trouble to find the benefits they've authenticated.

To Nature reproduction type Public Works 2003.03.20

The company entered a period of transition from public works that caused deterioration of the environment to natural rebuild-type public works. Last December, the governor of Kumamoto Prefecture, Yoshiko Seya, announced that it would immediately take the removal work after renewing water rights until March 31, 2003, when the water rights of the prefectural Arase Dam Country (50 years) expired on March 31, 2002. In the background of this nationwide first dam removal policy, there is a reason such as environmental deterioration of the Kuma River, fiscal pressure by the repair cost of dam embankment and the generator, and less than 1% of the demand amount of total electricity in the prefecture.

外来動物が都市部で増殖中…。

昨夜も遭遇したハクビシン(写真、左下)。 最近わたしの住い周辺に棲みついたらしい。 また在来種アライグマ(写真、右下)も都内で生息域をを広げ、各所で目撃されている。 新聞報道によると、人気ペットとして大量輸入されて飼われ、その後逃げたり 捨てられたりして、都市環境に適応。野生化して増殖中した、と。 各地域の行政は、あの手この手で駆除大作戦を展開している。 身勝手な人間によって、ここにも多くの野生動物が駆除されている。 有識者いわく「外来種の繫殖力は強い。日本の在来種の危機、徹底した捕獲 が必要だ」と。 棲みやすい棲みか作って、誘引する環境を作っておきながら、つられてやって 来た動物が人間世界に害を与えるから、邪魔っけだから駆除してしまうって短 絡発想。お山の大将発想…。 地球の上に生きとし生けるモノは人間だけではないのでは? 東京都担当者「自然消滅は期待できない。捕獲をすすめる一方で、生ごみをき ちんと管理し、屋根や床下のねぐらになる環境を減らすといった対策の啓蒙を 続けたい」と、まともな発言もあったけれど…。

中堅・中小企業の環境ビジネスの立ち上げ 環境ビジネスここがポイント 1998.09.15

中堅・中小企業の環境ビジネスの立ち上げまでの手法について、こんな成功例を紹介しよう。まず、環境ビジネスに関心を示す方を広く募集する。いわば異業種交流会みたいなものだ。メンバーが集まったら、それぞれが現業の仕事の内容を紹介し合い、互いに顔の見える関係を作るのが前提。そうして現業の延長にどんなビジネスを創出したいかを各自提案する。ビジネス創出にあたり、互いに補完しうる関係が見えてきて一緒にやっていこうとなれば、話は早い。一企業だけでなく、それぞれの得意分野を有効に出し合えば手間や暇が分散できる。多くのメンバーがいて、テーマがいくつも分かれる場合は分科会を作る。

2018年11月17日土曜日

静脈産業⑩ 山梨県・国母工業団地 1998.12

先ごろ厚生省から発表された産業廃棄物の最終処分場 残余、容量は2億984万立方メートル。 残余年数にすると全国平均で3年、 首都輩に限れば1.1年だといぅ。 いよいよ深刻な状況になりつつある。 かといって新しい最終処分場の建設は、現在各地で起きている周辺住民の反対運動などをみると、 今後飛的に増えることは考えにくい。それが生産活動において大き な障害、 あるいは限界と して現実的に見え始めてきた。

Japan's material balance 2001.07.20

According to "Japan's material balance" summarized by the Ministry of Land, Infrastructure, and environment, approximately 90% of the total material input in this country is natural resources (imports of crude oil, food, etc., about 700 million tons, and the domestic collection of 1.1 billion tons). About 40% of the energy consumption, about 400 million tons of food consumption, about 1 billion tons of industrial waste, and about 300 million tons, and general waste. 100 million tons). It is said that the entire 10% (about 200 million tons) are recycled and reused.

住宅などの 「リフォー ム・リニューアル」 ビジネス 1998.11.15

住宅などの 「リフォーム・リニューアル」 ビジネスが2015年度 に20兆円を超える市場へと成長が予想さ れている。 日本の住宅の平均耐用年数は約25年と 非常に短い。 米国の44年、 英国の75年と 比ぺると、 木造住宅とレンガ造り といった建築方法の違いを考慮しても、 大き く下回っている。 これまで、 日本国内の建 築需要を支ぇてきたのが新築や建て換え。 経済成長に比例して建設業界も右肩 上がりに成長してきたが、 その中でビル ド ・ アンド・スクラップを続けてきた結果といえる。 建設省の外郭団体、 建設経済研究所の謂査による と、 建設業界全体における95年度の維持修繕工事高は12兆5000億円。 これは全工事高の15.2%に当たり、 過去 6年聞は安定して推移してぃるという。 しかし欧米では英国の49.6%をは じめ30 %を越えており、 すでに新築市場に匹敵 する規模にまで成長している。

風で織るタオル…。

●アイデア・知恵での環境ビジネス参入可能。 今でこそ今治タオルは世界的なブランドに発展したが、こんな歴史もあった。 今は昔。廉価な中国製タオルが国内市場に大量に入ってきた時期だった。 某悪戦苦闘を強いられたタオル業者が考えた…。 トレンドになっている環境配慮を製品に織り込めないか、と。しかし当業者 には思い当たる技術もなかった。 思い付いたアイデアがコレだった。 タオルを織る工場の電力を再生可能エネルギー・風力を使おう、と。 工場を稼働させる電力を風力発電からの再生可能エネルギーを四国電力から 購入することを決めた。 「風力発電で供給される電力で織ったタオル」だから、タオルに付けた名前 を「風で織るタオル」だった。 市場投入したら、予想以上に売れた。儲かった。 儲かった資金で、環境マネージメントを構築したり、植物由来の生分解性プ ラスチックを素材に新製品開発にも乗り出した。 技術力がなくてもアイデア・知力で環境ビジネス参入事例のひとつとして、 何度も事例紹介させてもらった。 その後の当事業所の変遷は、定かではない。

環境教育は普段の暮らしの中から。

●環境教育は日常的な消費者教育から。 環境教育で必要なのは、日々の暮らしの中での取り組みである。 自然体験学習は、自然の恵み、大切さ等を知る「気付き」(きっかけ)になるも、一時的な パトス(気分)どまりで、継続的なエトス(持続)に成り得ないのが現状なのでは、と。 環境教育とは、課外活動・遠足のような非日常的な取り組みではなくて、日常的な日々の 暮らしの中(生活者として)で育まれるものではないか? 消費者・生活者としてモノを購入、エネルギー消費、ごみの扱い方等と日々の暮らし・日 状的な活動の中での学習が求まられている。 日本では、欧州型のグリーンコンシューマ(緑の消費者)が拡大しないって理由のひとつに もなっている。 時たま実施する内閣府の国民のアンケート結果を見てみても絶対的に多くの人たちが「環 境問題は大切なこと。とても関心もっている」けれど、日常生活レベルでは大半の人たち は何もやっていない。ゴミの分別程度が現状なのだ。 かってドイツで環境教育の現場を見学した時。 担任の先生がコンビニで購入して来た商品について、子ども目線で「環境に良いか悪いか」 等と消費者として商品購入の姿勢を求めていた。

2018年11月16日金曜日

小型焚化炉 1998.10

小型焚化炉没有明确的定义, 但废物处理方法并无通知义务标明每小时焚化炉少于200公斤的焚化炉。 卫生和福利部对其办公室和家庭的使用情况了解甚少, 但它看到在全国至少经营9万个团体。 在以循环利用为导向的社会中, 废物处理方法正在从焚烧转向回收利用。 然而, 在完全的里科尔·何地过渡之前, 仍然需要焚烧来处理你面前的废物, 作为问题中的一个真正的问题。 此外, 由于地理条件和扩大废物回收系统不足, 小型焚化炉的处理也很先进, 替代措施困难的地区也不少。 在这样一个地方的需求在未来仍在继续。 在小型焚烧炉领域, 虽然有一种理论认为有 2 5 0 0多家公司, 但在国内小型焚化炉中的研发活动很活跃。 在这样的背景下, 由于最终处置场的紧张性, 各种法律法规对企业废物的处理困难, 从而改变了企业的环保意识。

生态友好型酒店正在增加 1

生态友好型酒店正在增加。 我听说越来越多的游客和年轻人在日本选择了环保的住宿。 生态酒店是以与传统服务不同的生态服务为基础的, 是作为一种新的酒店服务而建立的。 过去, 这是为每家酒店获得 iso14001 认证和改善商业活动环境的机会。 我关注着生态酒店的现状。

Hunter Robbins, Natural Capitalism

In order to secure a sustainable society for the next generation, efforts in various fields have been initiated. Since the basic environmental law was promulgated in 1993, the laws of the environment, waste and recycling pipes in this country have been steadily progressing. When the flow of the law maintenance is taken an overview from the high altitude, roughly three approaches are seen. A resource cycle that enables the effective use of one limited resource and the proper reuse of waste. The second is a renewable, decentralized new energy development and Energy conservation initiative that replaces conventional energy.

2018年11月15日木曜日

海外からの環境装置の輸入販売環境 ビジネスここがポイント 1998.8.15

環境ビジネス市場は拡大の一途をたどっている。上場企業の4割強、非上場企業の約2割がすでに環境ビジネスを展開、あるいは予定。全体売り上げも右肩上がりの増加傾向にあるという。行政の政策や施策、法規制、企業サイドの環境活動、環境への市民意識の向上などが拡大の追い風になっている。環境ビジネスのアイテムは800を数えれられるから、現業の仕事の延長上には必ず商機があると考えられる。環境問題への関心や認識を深め、それがレーダーとなれば、新規参入はそんなに難しくないはずだ。新規参入にあたって万全な環境資源がなくとも、新規参入への道はいくつかある。

"Green Serviciding" Growing share business in Japan 2

The future of share business is prominent in the exchange of things such as cars and rooms, from now time and know-how, wisdom and said intangible things can also be expected to be targeted. The business of sharing the professional ability such as acting on behalf of the housework general and the language lesson, and the design and the program construction is likely to become widespread. Share business is a low barriers to entry, if you have a PC or smartphone mechanism to tie the supply and demand is possible business idea. It's better to have a more mobile business place than a big company.

Green Plastic as an eco-material in Europe

Gradually the penetration of European consumer goods manufacturers is taking a big helm in the use of plant-derived plastics and recycled plastics. In the Japan, there is excessive coverage of the efforts of the de-oil-based plus chick about the drinking straw and the container etc. which are mass consumption and a large amount of waste in the food service industry.

Average annual temperature of the Earth to the highest past 1998.08

According to the U.S. Oceanic and Atmospheric Administration, the average annual temperature of the Earth has risen since the 1980s, and 1997 has been a record high in the past, but in 1998 it tends to be hotter. The average temperature in the first half of 1998, compared with the average of about 120 years (1880 to 1997), was about 0.7 degrees C, and the previous maximum record was 0.3 degrees C at a stretch. The average temperature of the Earth is measured based on the observations of ground and sea levels around the world, and is about 17c in 1997.

Biomas energy 2000.08.15

Biomass energy used in methods such as direct combustion, methane fermentation and gasification by pyrolysis has been reviewed as a promising source of energy. By 2010, the European Union has doubled its share of renewable energy (including geothermal and large-scale hydropower) from 6% to 12% in total energy, up 8. It plans to make biomass for 5% (10 million kw in heat output).

循環6法 環境ビジネスここがポイント 2002年10月

1993年、環境の憲法といわれる「環境基本法」の成立以来、環境関連法規の法整備が着々と進められ、先の通常国会においても下記の循環6法が法制化。 循環型社会形成推進基本法(2006年6月施行) 改正廃棄物処理法(厚生省2001年4月施行) 資源有効利用促進法(環境庁・通産省・厚生省2001年1月施行) 建築資材再資源化法(建設省2000年11月施行) 食品資源循環再生促進法(農水省2001年4月施行) グリーン購入法(環境庁2001年4月施行)

ハンター・ロビンス著「自然資本主義(Natural Capitalism) 環境ビジネスここがポイント 2002年11月

次世代の持続可能な社会を確保するためにさまざまな分野での取り組みが開始されている。1993年に環境基本法が公布されて以来、この国の環境・廃棄物・リサイクル管れの法整備も着々と進んでいる。その法整備の流れを高所から俯瞰すると、おおよそ次の3つの取り組みが見えてくる。その1つが限りある資源の有効利用と廃棄物の適切な再利用を図る資源循環。2つ目が従来型のエネルギーに代わる再生可能な、分散型の新エネルギー開発と省エネルギーの取り組み。3つ目が現存する自然生態系の維持・ 保全と劣化してしまった自然・生態系の修復・復元である。こうしたさまざまな環境負荷の改善の取り組みの局面で多様な新たなビジネスが創出されようとしている。

環境ビジネスのアイテム 800 環境ビジネスここがポイント 2002年4月

炭酸ガスなど温室効果ガス削減に関わる京都メカニズムなどのグローバルインセンティブを始め、国内の環境関連の政策及び制度的なインセンティブ、各企業の環境マネジメントシステムなどの社会的なインセンティブなどの拡充に伴い、環境ビジネスのアイテムはこのところ急速に増えている。その数ざっと800。そのそも環境ビジネスとは、さまざまな分野での環境負荷の継続的な改善活動に、経済的なインセンティブを与え、その経済効果によって改善活動を促進するものである。つまり改善活動に寄与する財(製品・商品)やサービスを提供するビジネスであり、新たな産業、新たな雇用を促進するビジネスなのである。

2018年11月14日水曜日

The future of solar power 2

Gear change from new PV business to maintenance and management business. There are a lot of establishments which try to change the risk of such a solar power generation business to the chance. Maintenance and management by the fixed-price purchase system revision, and from the new development of the conventional solar power generation business, the business office which aims to convert to the support business of the operation, maintenance and management of the existing office, and equipment-related companies, solar cell and power conditioner (Power converter We are embarking on a more efficient product and system development.

技術および事業開発に関わる公的な支援制度 環境ビジネスここがポイント 2001.03.20

環境ビジネスの創出にあたり、技術および事業開発に関わる公的な支援制度を利用するのもひとつの方法だと思う。環境ビジネス開発に携わる多くの事業者や技術者は日々多忙で、案外、政府・地方自治体・その他の公的機関が実施している助成金・補助金・債務保証・低利融資などの各種制度のあることを知らない。そうした公的支援制度の利用は技術および事業開発にとってさまざまなメリットがある。

その利用のメリットは以下の通り。1)助成金・補助金(返済の義務がない)など各種制度では最高で助成対象事業の2分の1、あるいは3分の2以内が受けられる 2)開発資金の負担軽減が図られるうえ、開発リスクを恐れずに、迅速に開発が進められる 3)政府系・財団系各種債務保証付融資制などが利用しやすくなる 4)助成金など採択案件にリンクされている企業化支援の無利子・低利融資などの制度の利用が可 5)同採用案件は民間金融機関、取引先企業、マスコミなどからも高い評価が得られるため、開発段階で複次的メリットが得られる 6)法人税、事業税など大幅な減税特典が受けられる制度もあるなど。
さらに大きいメリットとしては申請することで、当案件について市場のニーズや新規制など社会的な重要性、同案件の技術的成果ならびに同業他社製品との差別化、経済的効果などを審査してくれるので、たとえ採択されなく(確率は政府系は10分の1、地方自治体系は3分の1といわれている)とも同案件の客観的な評価を得られる。自社にあった公的支援制度をぜひ調べていただきたい。手順としては政府系の場合は自社の技術及び事業開発に関連する所轄官庁→それに属する財団、研究機関→担当者。地方自治体なら関連窓口→担当者。

リサイクルは製造業だ。

●リサイクルビジネスは、製造業の視点で…。 リサイクルビジネスとは、製造業である。 製造業は、原料を確保して、生産ラインで製品を製造、製品が市場投入されて 商品として売れて成立するのだ。 リサイクルビジネスも、この製造業と同じ工程を踏まえてこそ成功するのだ。 リサイクルの原料は廃棄物である。質の良い廃棄物(例えば、ペットボトルなら、 キャプが外され、ラベルが剥がされた状態。分前処理にコストがかからない資源 の状態)を量として確保すること。この入口の第一段階でリサイクルビジネスが 成功するか否かが、ほぼ決まる重要なポイントだ。 次は、廃棄物の量によって生産ラインの規模が決まる。リサイクルビジネスの多 くは装置やプラントメーカーに唆されて大げさな生産ラインを作ってしまいがち なのだ。これらの費用回収が重要だ。 製造業は適正規模、効率の良い製品作りが求められる。 この第二段階である生産ラインで効率性を高く、市場のニーズに合ったリサイクル 製品を製造するか否が問われるのだ。 そして第三段階である製造されたリサイクル製品が市場投入されて商品として流 通して、始めてリサイクルビジネスは完結する。製品が商品にならないと廃棄物 として振り出しに戻ってしまうのでは…。 この第一から第三段階の工程は製造業と何ら変わらない。どの工程でも、不都合 があれば、安易にリサイクルビジネスはやってはいけないのだ。失敗してしまう からだ。廃棄物がリサイクル商品となって市場流通してこそ商売になる。 コレが鉄則なのだ。 あくまでも自律した製造業なのだ。補助金・助成金頼りも良しが、ただし補助金 ・助成金終了とともに終わってしまうリサイクル業に失敗事例の量産だ。 公的支援のリサイクル業をリサイクルビジネスに発展するのが肝心なのだ。

2018年11月13日火曜日

森林保全ビジネス 環境ビジネスここがポイント 2002年1月

森林保全ビジネスが裾野を広げそうだ。国内の森林は言ってみれば荒れ放題。無策な植林、無配慮な伐採、すざんな管理など森林の荒廃は目にあまる。背景には森林事業の大いなる誤算があった。木材やバルブは安い価格で海外から供給され、森林事業は成り立たず壊滅状態に。しかし、森林事業が経済的インセンティブを伴う事業として成立しそうなほのかな光明が見え始めた。

エコタウン事業 環境ビジネスここがポイント 2002年6月

「民間事業者を主体とした先導的なリサイクル施設の整備を支援することで、ごみゼロのまちづくりを支援し、併せて新規産業としての環境産業の育成」を図るエコタウンの事業は国策として本年度も引き続き積極的に展開されるだろう。本年度のの経済産業省の環境関連予算の配分で最大の伸び率を示すのがエコタウン事業。前年度13億円に対し本年度は80億円が計上されている。「資源循環型地域振興施設整備費補助金」という名目で、本年の主たる事業内容は「PETボトルや廃プラスチック、廃木材などを原料とするリサイクル施設などのリサイクル関連施設設備に対する助成」。

廃棄物のコーディネイト(仲介・斡旋)を業とするビジネス 環境ビジネスここがポイント 2000.07.15

廃棄物の資源化にあたり、廃棄物のコーディネイト(仲介・斡旋)を業とするニュービジネスが有望視される。各事業所から排出する廃棄物を資源として必要な各事業所へ有価物として供給するサービスのことである。また必要な廃棄物物を確保することを依頼され、収集するというケースも。有限である資源問題を考えたとき、こうした廃棄物を資源として取り結ぶビジネスが各産業ごとに成立しつつある。海の向こうのインターネットサイトでは以前から廃棄物取引の事例を見ることができる。もはや廃棄物は「第二の資源」「循環資源」と考えるのが常識。

この国の食品廃棄物の年間排出量は1900万トン。 環境ビジネスここがポイント 2000.09.15

この国の食品廃棄物の年間排出量は1900万トン。うち食品加工業者から300万トン、外食産業やコンビニ、スーパー、ホテルなどから600万トン排出される。残りの1000万トンは家庭の台所から出る食べ残しや調理くずなどの生ごみ。バブル経済は弾けたが、食卓の飽食は終わりを知らない。「残飯・生ごみを減量化、あるいは再資源化できないか」-と事業者を対象にした「食品リサイクル法」が01年4月をメドに施行される。大半が焼却処分される食品の20%について堆肥、飼料化を義務付ける。この目標はいずれ達成されるだろう。しかし、そんなことで決して威張れない。モンダイなのは総排出量1900万トンそのものなのだ。この国の総自給トン数は1500万トン。それをはるかに上回る食品を廃棄している。 海外から豊富に食料を調達し、無配慮に廃棄する人々がいれば、一方では食べるものもなくて餓死していく人々が1000万人以上もいる。1900万トンの食糧はオリンピックに沸くオーストラリアの人々の食卓を潤すことが可能な量である。持続可能な未来の実現のためにはもっと、もっと地球規模の環境への配慮が優先されるべきだろう。他を省みない環境一国主義は通用しない。

2018年11月12日月曜日

A city mine is a treasure trove of rare metals 3

All medals are unsubstantial in the Tokyo Olympic and Paralympic Games in April, the organization committee will make "the medal project for everyone from the city mines" to the Tokyo metropolitan Government, a smartphone, a gala, a game machine, Started collecting electronic small appliances such as personal computers. The goal is to make all 5,000 medals in recycled gold, silver and copper. There is a concern that it will end in the effort of the cheer only. 2001 Appliance Recycling Law enforcement, currently, home appliance recycling rate 52%.

環境経営とは…。

●私見だが、環境経営とは…? 環境経営は、二つの柱によって支えられている。 一つは現業事業の環境改善活動。環境改善の国際基準ISO14001(環境ISO)を基に事業活動の環境改善活動(PDCAで日々の活動をチェック、実践する)。環境ISOの他に環境省発のエコアクションがあり、これらダブルスタンダードで事業活動の環境改善をやっている。 このどちらかの環境管理システムに準拠して、環境法・制度遵守や日々の省エネとか事業活動で排出される廃棄物の適正処理とか…を行っている。 もう一つ柱は、環境改善に寄与する環境事業(環境ビジネス)の開発する事業部だ。環境商品や環境装置・機器等を市場投入する事業部である。 この二本柱は、あくまでも「自主的な企業活動」で、環境に配慮した企業活動が運営されるのだ。 ちなみに1996年に世界発行された環境ISOは経営活動における世界標準規格。これまでのISOは製品ついての規格だった。JISマークのように…。

熊本県営荒瀬ダム 環境ビジネスここがポイント - 2003年1月 - 2018.09.09

環境悪化を招く公共事業から、自然リビルド(再生)型公共事業への転換期に入った。昨年12月、瀬屋義子熊本県知事は県営荒瀬ダムの国の水利権(50年間)2003年3月31日に切れるにあたり、10月3月31日まで水利権を更新した後、直ちに撤去作業に入ると表明した。この全国初のダム撤去の方針の背景には球磨川の環境悪化、ダム堤防や発電機の補修費による財政圧迫、県内総電力の需要量の1%未満などの理由がある。その中に同ダムのある八代郡坂本村民の「自然環境の悪化に伴う漁業水産養殖業の壊滅的打撃」という切実さがのぞく。

Energy conservation support system of METI Japan

We can practice the energy saving easily and inexpensively. we dig a recommended system. Recently, I heard a good story from a friend who serves as the director of the Resources and Energy Research Association. I thought that it was not a loss to challenge the CO2 emission control and the energy saving strategy boldly. The content is this.... Having a business office in Tokyo, it is suitable for the ambitious direction that I want to practice energy saving concretely in the target of the small and medium-sized enterprises such as the Office of 500 ㎡ or more, the commercial facilities, the factory, and the nursing care facilities and 250-bed hospitals.

環境マネジメントシステム(EMS)規格、ISO14001認証取得サイトへの支援ビジネス 環境ビジネスここがポイント 2001.04.20 - 2018.10.15

環境マネジメントシステム(EMS)規格、ISO14001認証取得サイトへの支援ビジネスが拡大する兆し。現在、日本におけるISO14001の認証取得サイトは5500を突破、さらに毎月約200サイトが認証を得ている。取得が花盛りの一方、多くのサイトで取得後、何をどうしたら良いのか分からなかったり、認証したメリットを見いだせずに困っているのが現状。中には、「認証を返上したい」という声もチラホラ。そうした認証取得サイトへのケアを行うコンサルティングの件数が次第に増えている。

2018年11月11日日曜日

Green consumer 3%, 7%, 30%

The green market has begun. Consumers who always prioritize environmental considerations for the purchase, use and disposal of products have emerged in this country. This consumer, called Green Consumer, is only two to three percent, in proportion to all consumers. However, it is very important that such a new type of consumption appeared rather than the unity of this number. This is because they have a core that is essential when things start to move. There is a figure of 3%, 7%, 30% as a guideline for each stage when things evolve in stages.

静脈産業⑤ インバースマニュファクチャリング 1998.07

焼却能力を超える大量の廃棄物の発生、 最終処分場の不 足といったごみ問題は、 環境の悪化はもとよ り、企業活動にもなんらかの制約を与ぇる。 このままいけば縮小を余儀なくされる現在の産業構造を補填し、 持続させるために静脈産業の拡大が要請されている。

バイオマスエネルギー 環境ビジネスここがポイント 2001.05.20 -2018.10.13

廃棄物処理として新エネルギー源の一石二鳥?として注目されているのがバイオマスエネルギー。バイオマスとは有機生物体をエネルギー資源とする考え方で、植物資源のほか、し尿ふん尿、生ごみなど動植物由来の廃棄物なども含まれる。現在考えられているバイオマスエネルギーの利用法は、焼却熱利用や熱分解によるガス化、メタン発酵、アルコール発酵など。今のところ利用技術としては、直接焼却による熱利用及び、有機廃棄物のメタン発酵など一部が実用化されているにとどまるが、食品工場では食品廃棄物リサイクル法への対応に向け、メタン発酵技術を採用する事例が増加中。2001年度の国の環境関連予算でもバイオマスエネルギーの技術開発及び普及についておよそ27億円が編成されている。

環境ビジネスここがポイント 2001.06.20 - 2018.10.10 廃タイヤのサーマルリサイクル

今更いうまでもなく、廃棄物は持ち込む場所によって処理費用を払う場合と、逆に有価物としてお金をもらえる場合がある。最近、廃棄物の種類によっては、これまでお金を払って処理してもらっていたのが、有価物として取引され、お金がついてきたりするケースが出てきた。たとえば廃タイヤがそうだ。サーマルリサイクルについていえば、セメント工場(セメント焼成用)に持ち込むと、1本につき40~60円の処理費用が必要だった。それが製鉄所に持っていくと、有価物として買い取ってもらえるのだ。

家庭から出る食品廃棄物の量が過剰!

●家庭から出る食品廃棄物の量が過剰だ! この国の自給自足率は、正確な数字は把握できないがカロリーベースで40%前後か? 先進国の中では最も低いと言われているのは、まず間違いないだろう。 だのに年間1900万㌧の食品廃棄物として捨てられて、しかも60%の1100万㌧が家庭 から排出されている。 問題なのは、そのうち200~400万㌧が包装を未開封や未調理のままで捨てられてい るのだ。大半は冷蔵庫の中で電気を使い、食料として日の目を見ずに捨てられてい るのが実情だ。 捨てられる食品の多くは、定価の安い海外から輸入された食品である~スーパーで よくやっている安売り食品。「安い!」と言って飛びついて買っている食品だ。こ のテのものは国産品は少なくて、だいたい安いだけで美味しいとは思えない輸入品。 直ぐに食べたいと思わないから、冷蔵庫の中の方へ保存してしまうのだ。 大半は賞味期限切れて、未開封まま廃棄物へ。 世界の有識者いわく「日本は、金はあるけれど食べ物はない」。ここでも次世代に つけを先送りしている。

2018年11月10日土曜日

燃料電池① 1998.08

燃科電池は水の電気分解と逆の反応を応用 したもので、 水素と酸素を反応させることにより電気と水(温水) をつくり出すシステム。 水素を発生させる原燃料としては都市ガスが一般的だったが、 最近では液化天然ガ ス (LPG) 、 下水汚泥や家畜汚泥の気性処理で得られる消化ガス、 食品工場の排水処理や生ごみ処理で得られ るバイオガス、 化学工場で発生する副生水素などを利用するシステムも登場している。 原理的には19世紀の英国ですでに解明されていたが、 実用化は1965年の米国 ・ アポロ計画で宇宙船の源と し て 「アルカリ型 (AFG) 」 の燃科電池が搭載されたのが 初めで、 それも純水素、 純酸素を燃科とするため民生用 には向かないものだっ た。 #ecbz

地球の年間平均気温 過去最高に 1998.08

米海洋大気局によると、 地球の年間平均気温は1980年代から上昇、 97年は過去最髙を記録したが、 98年はさらに高温傾向にあるとぃう。 98年 前半の平均気温を、過去約120年間(1880~1997年) の平均と比較したところ約0.7度C髙く、 これまでの最髙記録を一気に0.3度C更新した。 地球 の平均気温は、世界中の地上と海面の観測数値を もとに計測されており、 97年は約17C。#ecbz

国土交通省と環境省がまとめた「我が国の物質収支」 環境ビジネスここがポイント 2001.07.20 - 2018.10.09

国土交通省と環境省がまとめた「我が国の物質収支」によれば、この国の総物質投入量のうち約90%が天然資源(原油、食料などの輸入約7億トン、国内での採取薬11億トン)だ。うち消費・廃棄に回るのが約40%(エネルギー消費約4億トン、食料消費約1億トン、産業廃棄物約3億トン、一般廃棄物約0.1億トン)。リサイクルされて再資源化されるのは全体の10%(約2億トン)だという。ちなみに産業廃棄物の1億トンはリサイクル、それでも産廃物の最終処分場の残余年数は1.6年に低下。

Grüne Verbraucher in Japan 2001 / 2001.10.20 - 2018.10.03

In den letzten Jahren haben grüne Verbraucher, die sich umweltbewussten Verbraucherverhalten gegenüber Verbraucherverhalten haben, im Japan der jungen Generation, die sich für Umweltthemen interessiert, sowie die Verbindung mit der Verbraucherbewegung gewachsen. Insbesondere beschleunigen wir unsere Bemühungen, grün zu kaufen (um Produkte und Dienstleistungen mit möglichst geringen Umweltbelastungen anzubieten). Im Vergleich zu dem Klima, das 80 Prozent der Verbraucher umweltfreundliche Produkte wie in Deutschland in den umweltschonenden Ländern betrieben haben, sind die grünen Verbraucher nur wenige Prozent und in Japan unbedeutend, die umweltfreundliche Verbraucherbildung hinkt hinterher. Die schrittweise Bildung umweltfreundlicher Produkte wird in den letzten Jahren über 10% liegen.

環境という公共財産(環境財)への投資 環境ビジネスここがポイント 2001.08.20 -2018.10.07

今世紀は既存の古い価値観が崩れ、新しい価値観の創出の世紀といわれる。その新しい価値観のひとつとして挙げられているのが、「環境」である。環境という新しい価値観に基づいて企業経営を再構築、新たな産業を創出したりする動ぎが鮮烈に出てきている。 土木建築業を中心とした従来型の公共事業に対し、環境という公共財産(環境財)への投資を公共事業として位置づけようとする動きも観測できる。従来型の公共事業は①道路、②橋梁、③湾港などの防災基盤設備型に分類できる。次世代の持続可能な社会を確保するための環境配慮や、循環型社会の構築に向けての各種環境法やリサイクル法の矢継ぎ早の法制化から見ても、従来型の公共事業の見直しは必至である。

レジ袋や食品ロスの改善に…。

●レジ袋や食品ロス改善の取組みに、こんな視点を。 今、話題になっているコンビニ、スーパー等のレジ袋の改善や食品ロス軽減に繋がるかも。 米国・カリフォルニアの一部のスーパーマーケットでは、こんな取り組みをやっている。 ダンボールで届いた商品を開封してそのまま商品を並べる。商品棚には商品をビニール袋等 に詰めたりしない。むき出しのノーパッケージだ。 このやり方で、店サイドはバックヤードで商品を計量したり、いちいち包装したりする必要 ないから、ビニール袋も不必要だし、何よりも人手は軽減できる。その分コスト安につなが り、経営の効率化を図られる。 一方、消費者サイドは商品購入については買い物袋にタッパーウェアを持参だ。 必要な量だけを持ってレジへ。レジでは量り売り。消費者はそれらの商品を買い物袋やタッ パーウェアに入れて持ち帰る。余分に商品を買う必要もないし、ごみになる包装容器やレジ 袋を持ち帰ることもない。 こうすれば、レジ袋なんか不要、食品ロス軽減可能になる…。

2018年11月9日金曜日

グリーンコンシューマ 環境ビジネスここがポイント 2001.10.20 - 2018.10.03

消費行動基準に環境配慮を持つグリーンコンシューマが日本においても近年、消費者運動とリンケージしたり、環境問題に関心を持つ若い世代の広がりの中で増殖中だ。とりわけグリーン購入(環境への負荷ができるだけ少ない商品やサービスを提供すること)への取り組みが加速している。環境先進国のドイツのように消費者の80%が環境配慮型商品を優先的に買い支えするという風土と比べると、環境に準拠した消費者教育が遅れている日本ではグリーンコンシューマは数%と微々たるものにしか過ぎないが、環境配慮型商品のゆるやかな形成をみるとここ数年で10%は超えてくるだろう。

wood pickup service

The business idea of "wood pickup service" is amazing! When I watched the recently TV news, it was introduced as a unique job. The name was the one which became "service of the tree pickup". As a new environmental business that opens up the third industry of expectation, I am paid attention.  The contents of the program were introduced.... An elderly woman who was forced to move from a detached house to a condominium by road expansion in redevelopment.

動脈と静脈とは…。

●動脈と静脈とは…。 先日、動脈と静脈について以下のように触れた。 「循環型社会での物流には2つの流れが形成される。ひとつは製造者から消費者をつなぐ動脈物流と、 もうひとつは消費者から出される廃棄物を再資源化と再利用のため静脈物流がある。 この2つの物 流が形成されて、 循環の輪が可能になる」と書いた。 この動脈と静脈って言葉の由来は? 人間の血脈には、心臓から全身に酸素と栄養を運ぶ「動脈」と、全身から出る老廃物や二酸化炭素 を戻す「静脈」があり、これを産業活動に置き変えたもの。 人間が、持続可能で健康的に活動できるのはこの動脈と静脈がうまく循環しているからだ。産業活 動も同じ事が言えるのだ。 ましてや資源小国の日本にとって、廃棄物は立派な資源である。静脈で運ばれる廃棄物を適正に処 理して資源化する重要な役割を果たすのが静脈だ。この静脈が機能しないと、今モンダイになって いる廃プラ等モンダイが浮上してしまうのだ…。 したがって静脈係る産業は環境事業・環境ビジネス分野においても、これからもさらに重要な産業 のひとつであり、新たな産業基盤として位置づけが不可欠になるだろう…。

Re-ビジネスの時代 環境ビジネスここがポイント 2001.11.20 - 2018.10.01

将来世代への持続可能な社会を実現するために、従来のスクラップ&ビルドの発想を捨て、リビルド(Re-Build=再生)の発想が求められている。資源やエネルギーの浪費、環境負荷の拡散などをもたらしてきたスクラップ&ビルドは将来世代の資源の先取り、環境負荷の先送りをしてきた。こうした背景からリビルドへの取り組みがさまざまなビジネスチャンスを生んでいる。

2018年11月8日木曜日

小型焼却炉 1998.10

小型焼却炉に関する明確な定義はないが、廃棄物処理法で届け出義務のないー時間当たり焼却量が200キログラム以下の焼却炉を指していう。 届け出がないため厚生省でも事業所や家庭などでの使用実態はほとんどつかんでいないが、 全国で少なくとも9万基以上稼働していると見ている。

The return of Minamata disease - Marine pollution of plastic waste becomes serious 2

According to the United Nations environmental plan continues to increase 500 billion copies a year. The pet bottle is consumed one million per minute as a beverage container. In developed countries, the aim is to stop using plastic straws and to improve recycling, but these disposable products are only 9%. Efforts have been made to reduce disposable plastics over and over again, but the status quo continues to increase rather than decrease. The shopping bag used in the convenience store has increased recently, too. Though it is a developing country to put out a lot of plastic garbage, China which has imported the waste plastic of the developed country up to now also started the restriction.

環境ラベル 環境ビジネスここがポイント 2001.12.20 -2018.09.29

製品の環境性能についての環境情報を製品のマーケティング、宣伝広告に使用する環境ラベルが製品に添付されるケースが増えている。背景には2つの理由がある。ひとつは購入者である事業者・生活者に対して環境ラベルを使用することで、製品について何が環境に配慮しているか、どのような環境負荷を持っているか、どのような点で環境保全に貢献するかなどの情報を開示。製品の利用を促進させるため。もうひとつの理由は生産者の環境主張が可能、環境ラベルの取り組みによって製品の環境性能を的確に捉えられる、環境面からの消費者のニーズを把握できる、グリーンコンシューマの育成に寄与できるなどが挙げられる。

静脈産業 1998.10

循環型社会での物流には2つの流れが形成される。ひとつは製造者から消費者をつなぐ動脈物流と、もうひとつは消費者から出される廃棄物を再資源化と再利用のため、もと来た道を逆流する静脈物流がある。 この2つの物流が形成されて、 循環の輪が可能になる。 循環型社会へ向けて、 リサイクル技術そのものよりも、 回収及び物流面を危惧する声は大きい。 静脈物流の形成は急務である。

A city mine is a treasure trove of rare metals... 1


In the 2020 Tokyo Olympics and Paralympic Games, the organizing committee of the Japan has not advanced to recycle rare metals such as gold and silver collected from "urban mines", and to try to reuse gold, silver, and copper medals in the beginning of April. The recycling of these rare metals is not the beginning of the moment. In 13 years, the "small Household Appliance Recycling law" for used electronic devices has been enforced, and the recovery rate has been less than 10% in the 15th fiscal year due to the lack of recovery obligations of each used product.

2018年11月7日水曜日

The return of Minamata disease - Marine pollution of plastic waste becomes serious 1

The return of Minamata disease - Marine pollution of plastic waste becomes serious The waste of plastic has expanded into marine pollution and emerged as a new global environmental problem. The European Union has launched a ban on the use of disposable plastic products by 2030. The main seven countries (G7) Summit also read the discussion. Every year, about eight million ton of plastic waste produced in each country are eroding the sea, and the adverse effects on organisms and ecosystems are aggravated by microscopic particles decomposed by wave power and ultraviolet rays (mili less than 5 micro-plastics).

Schrott & Build Goodbye!

Einige Baugeschäfte in Japan sind auch Anzeichen für Veränderungen.... Das Baugeschäft des Japan, dass der Schrott & Bau ist gut zu vom neuen Markt, um den Reproduktions Markt sowie Western. Pilzbefall von Bau und Neubau. Gebrauchte Gebäude steigen mit Überangebot. Die Sanierungs Industrie und die Reparaturindustrie, die die Struktur des Gebäudes erhalten müssen, beispiellose Geschäftschancen!

Goodbye, “Scrap & Build“!

Some construction business in Japan also signs of change.... The construction business of the Japan that the scrap & build is good to from the new market to the reproduction market as well as Western. Mushrooming of building and construction of new construction. Used buildings increase with excess supply. The renovation industry and the repair industry which need to maintain the structure of the building, unprecedented business opportunity!

市場のグリーン化 3%、7%、30% 環境ビジネスここがポイント 2002.02.20 - 2018.09.25

市場のグリーン化が始まっている。製品の購入、利用、廃棄について常に環境配慮を優先する消費者がこの国に登場した。グリーンコンシューマと呼ばれるこの消費者は全消費者との比率で言えば、わずか2~3%に過ぎない。しかし、この数値の多寡というより、むしろこうした新しいタイプの消費が登場したことがとても重要なのだ。なぜなら、物事が大きく動き始める時の必須のコアができたからだ。

環境に準拠したニュー公共事業への転換 環境ビジネスここがポイント 2002.03.20 - 2018.09.25

環境に準拠したニュー公共事業への転換によって新たな環境ビジネスの視界が開けてきた。社会資本整備を目的とする公共事業は時代の政策テーマに対応した施策・事業によって変わる。従来の公共事業といえば、一律的な道路、橋、湾港、漁港、空港など産業基盤整備、下水道、住宅、公園、廃棄物処理施設などの生活基盤整備、治山、治水などの防災基盤整備などが挙げられるが、時代の変化によって、昨今では物流の効率化に資するものや、少子・高齢化社会に対応した街づくり・地域づくり、高度情報通信社会の基盤整備などへ優先シフトされている。

来年度の国の重点政策のテーマの一つは「環境」である。その他の「循環化社会の構築」「都市再生」「地域活性・まちづくり」などのテーマの中に環境配慮からの発想が散見できる。たとえばダイオキシン類対策、建築構造物の長寿命化、屋上緑化、低公害車の普及、エコタウン事業などがある。従来型の産業、生活、防災の社会資本整備も環境配慮が基軸となりつつある。道路や港湾整備には環境配慮によるエコ・ロードやエコ・ポート、国民の生活に直結した施設にはリサイクル施設や環境学習センター防災整備分野においても多自然型河川づくりや森林保全などいろいろ。さらに将来的には資源循環、新エネルギー、自然環境の保全などに関わる社会資本整備に伴う公共事業の創出も必須である。

従来の単なる景気対策、利権がらみ、効率性より投資量が重視され、また、環境破壊の急先鋒の役割を果たしてきた公共事業は見直され、逆に環境財という公共財の創出こそが将来世代の高い事業として求められる。将来世代の持続可能な社会の実現に向けての公共事業はいよいよ拡大の一途をたどるだろう。事業のパイが減少している土木・建設業にも事業チャンスはたくさんある。