2018年12月31日月曜日

Organic tin-based bottom paint towards prohibition of use 1999.12.15

An agreement was made to formulate a treaty prohibiting the use of organic tin-based bottom paints at the General Assembly of the International Maritime Organization. The adopted resolutions include the establishment of a treaty that incorporates 1 Organotin-based bottom paint, a new coating ban since 2003, and the elimination of ships that have been applied since 2008, development of paints with less environmental impact, and recommendations for use. It was decided to hold an international conference in 2001 to adopt the Treaty.

灰尘抑制全球变暖 1999.12.15

在气象厅的预报实验中, 燃烧化石燃料等产生的大气气溶胶 (空气中的尘埃), 抑制全球变暖的冷却效果是70左右, 遮挡阳光。 3度, 大约0在100年。 原来是四度。 由于气溶胶通常分布在震源附近, 北纬度和中纬度的浓度较高, 在日本附近也观察到100年来的冷却效果超过1°c。

電気自動車は、時代の「あだ花」か?

<ルノー・日産・三菱、ゴーン逮捕で電気自動車の勢い衰退…。>

2017年は「新世代の電気自動車(EV)の時代突入」なんて話題になったEVだが、このところその勢いは大きく後退している。
EV推進母体のルノー・日産・三菱自動車連合亀裂、ゴーン逮捕が大きな要因になっている
のは確かなようだ。
それ以上にEV車には弱点が少なくないのだ…。

EVは、走行中に二酸化炭素CO₂を出さない。燃費はガソリン代3分の1以下。加速もスムーズだ。「値段や航続距離といった課題が克服されれば、一気に普及…」と、世界の自動車メーカーその他は勢い付いた。

EVは、主要な構成部品は電池、モーター、制御ユニットさえ入手出来れば、誰でもEV創りに参入可能だ。

一方従来の自動車は、これまで内燃機関(ガソリンエンジン)の改良に注力してきた。
その開発の技術者は「一応移動手段としてEVに関心あるけれど、主流にはならないんじゃない…。電力会社が喜ぶだけ」と冷ややか。

EV対内燃機関。遊園地のゴーカート対乗用車の違いはある?

「新世代クルマ? EVよりも航続距離が長く、充填時間がガソリン車並みの水素燃料電池で動くクルマだと。私事だが、来る時代は水素文明時代だ」
そう言えば、EVオートバイ乗る友人の話だと、充填時間2時間、航続距離20㎞、電気代15円。
「しかも充電スポットが少ない。長距離は不向きだね」だって。
そんなこんなで、現在EVは、走る距離、時間が、ある程度想定できる運搬・移動車として利用されている。例えばゴミ収集車や郵便回収車、巡回バスとか。

現実はシビアだ。
EVは、果たして乗用車に代わる時代は、まず来ないだろう…。時代のあだ花なのか?

The future of solar power 1

Solar power, which is said to be the ultimate clean energy, is from having an inexhaustible and fairly shining solar light. Domestically renewable energies, such as solar, wind, and biomass, are one of the key sources of energy security for Japan that rely on foreign countries for many of the energy resources (fossil fuels, etc.).
It will be attracting attention as the related power generation business which continues with unbroken in the future.
<!--more-->
However, when I hear a lot of everyplace to say that the solar power business has recently begun to emerge among mere greed, is it really so? The total bankruptcy liabilities is 21.5 billion yen, but... The growth of solar PV related businesses was a breakthrough in the introduction of the re-energy fixed price purchase scheme (FIT), which began in 2012. The price of selling electric power supplied by solar power generation was 40 yen per 1kw for industrial use, and 48 yen in non-industry such as household. As a result, there were a succession of business offices entering the solar power generation business. By the way, the amount of solar power generated for industrial use was more than six times the comparison for home and housing as of February 2017. It was a bubble as it were. However, in April 2005, an amendment to the fixed-price purchase scheme reduced the price of industrial sales to 21 yen (40 yen for households). Moreover, maintenance and management are mandatory, and the bidding system is carried out in industrial large-scale power generation, and it is going to be considered as the object of the environmental assessment recently. Therefore, it can be said that the environment surrounding industrial solar power generation business is more severe than that of household use. The number of bankruptcies in the solar power business of a major research organization has recorded the highest in the past. The total liabilities in bankruptcy from January to September 2005 amounted to 21,563,000,000. The cause of bankruptcy is half the slump in sales of related equipment, the failure of the business, and the recovery of accounts receivable are raised. Research agencies have seen that this trend will continue for some time.

Dust suppresses global warming 1999.12.15

In the forecast experiment of the Meteorological Agency, atmospheric aerosol (airborne dust) generated by burning fossil fuels and the like, the cooling effect to suppress global warming block the sunlight is 70 about 0. 3 degrees C, about 0 in 100 years. It turns out to be four degrees C. Since the aerosol is often distributed near the source, the concentration in the northern and middle latitudes is higher, and the vicinity of the Japan was also observed cooling effect of more than 1 degree C in 100 years.

コージェネレーション98年度導入220件 1999.12.15

日本コージェネレーションセンターが98年度の導入状況をまとめた。民生用と産業用を合わせ220件・33万8451KWで、排熱回収形態別にみると「温水」157件・8万7592KW、「蒸気」が41件・21万8717KWなど。動力別では、「ガスタービン」が34件・19万2542KW、「ガスエンジン」が111件・3万8311KW、「ディーゼルエンジン」が76件・10万7598KW。

2018年12月30日日曜日

HFC回収、消費者が一部負担を 1999.12.15

環境庁が代替フロンのHFCについて、回収や破壊にかかる費用の一部は消費者が負担することが適当とする報告書をまとめた。特定フロンの回収・破壊は家電リサイクル法に基づき消費者負担が義務付けられていることから、HFCも同等の手法が望ましいとする。消費者負担は冷蔵庫一台あたり1000円前後、カーエアコン2000~3000円と同庁は試算している。

ISO14001登録件数2530件 1999.12.15

日本適合性認定協会(JAB)が、99年9月末現在のにおけるISO14001の各審査登録帰化の審査登録件数をまとめた。それによるとJAB認定の審査登録機関(20機関)によるものが2239件、JAB未認定の期間(13機関)によるものが291件。機関別のトップは日本環境認証機構619件で、ついて日本品質保証機構524件、日本規格協会153件、エスジーエス・アイシーエス・ジャパン143件。

米国では自然エネルギー発電量伸長中だ。

<米国では自然エネルギー発電量が飛躍的に伸長中だ>

米国で風力発電と太陽光発電が大きくシェアを伸ばしている。
2010年代から自然エネルギー(再生可能エネルギー)の主力風力発電と太陽光発電の普及が顕著だ。公益財団法人・自然エネルギー財団(東京)の報告書によると、風力発電設備導(2017年)8908万㎾が2010年比較で倍増している。太陽光発電は5104万㎾で、ナンと25倍超えだ。。大きな要因はコストの低下に他ならない。

例えば風力発電機のコスト1㎾当たりの価格は08年の約1600ドルから800~1000ドルに下降。太陽光発電システム全体の1㎾当たりのコストも中国製パネルの普及に伴い10年から17年には4分の1以下に。日本でも自家消費を前提とする太陽光発電パネルは1㎾相当10万円台の声も聞く。ちなみにトランプ政権始め、国際的に化石燃料や原子力への依存が高まるのでは、と言うのは情報虚偽で、実際にはそう動いていないのだ。現在の米国のエネルギー事情は「パリ協定」離脱しても資本の論理でスマートに動く産業界では自然エネルギーが着々に拡大している。さらに米国の場合、安価なシェールガスの開発が進むから、何も高単価の化石燃料や原子力にしがみつく必要がないのだ。
電力各社も電源構成を自然エネルギーへ転換する方が収益増に繋がっている。大手電力のネクスト・エナジーでは全発電設備の3分の1を自然エネルギーに入り替えてきている。

一方、日本はどうか?
政府のエネルギー基本計画では、2030年の電源構成は原子力発電20~22%、石炭火力発電26%、自然エネルギー22~24%と世界の流れから遥かに立ち遅れている。ましてやエネルギー資源の大半を海外へいぞする日本のお国柄を考えると、純国産の自然エネルギー資源の増量(エネルギーの安全保障と強まるエネルギーナショナリズムの視点からも)考えるないのか?

Lawsuit by the U.S. Department of Justice against Air purification law 1999.11.15

The U.S. Department of Justice filed a lawsuit against seven power companies operating a total of 17 coal-fired power plants in Ohio, Florida and other countries as a violation of the air purification law. Each power plant could be fined up to 27500 dollars per day. According to the ministry, these power plants were discharged in large quantities, such as NOx and SOx, as a result of unauthorized improvement of the Operation life extension, which is prohibited by the purification method.

The origin of eco tour in Japan 1998.07.15

Under the recession, the travel agency still seems to have fared still more. The total sales of 65 domestic companies were 6. 5 trillion yen and listen. However, "environmental preservation" is becoming a useful factor in the planning and management of attracting customers even in the travel agency.

Recently, the Eco-tour as a fashion style of a new travel which harmonizes tourism and the environment is established, and popularity is increasing. The Eco-tour began in the 1960s Nordic. At the end of the 1980s, the new coinage of "eco-tourism" is in vogue in the United States and Canada. Tourism has grown significantly as an industry that brings economic benefits, but the traditional ways of travel are not only for travelers, but also for the receiving side.

As a result, the natural environment as a tourist resource is protected. In recent years, various eco-tours have been planned in the Japan. In 1994, at the hands of the Japan Nature Conservation Association Japan Committee on Eco-Tour guidelines

①A small group of people visiting nature and culture.
②Nature conservation, respect for local culture.
③A guide with environmental ethics.
④A facility that avoids adverse effects on nature.
⑤Return profits to protected areas and residents.

One of the most popular styles of eco-Tours is working tours and steady tours. It is a tour incorporating nature conservation and volunteer activities into the schedule. There are more and more participants each year. The Eco tour is likely to break though it leaves the problem of the visitor, the experience of the profit side, and the staff training of the guide post.

2080年に日本の砂浜消失 1999.11.15

世界自然保護基金や研究グループが地球温暖化による未来予測を発表。2080年の世界平均気温は1990年代に比べて最大3.9度C、最小でも1.2度C情報。海面は最大104cm、最小19cm高くなるという。日本でも80年には最大で5度C以上の温度上昇と予測し、海面上昇により日本のほぼすべての砂浜が消失。東京、名古屋、大阪の沿岸工業地帯は高潮の影響を受けやすくなるとしている。

回収好調で再商品化追いつかず 1999.11.15

厚生省によると、99年4~8月までのペットボトル分別収集量は2万3274トンで当初予定の1.3倍。99年度末には予定の4万9620トンを大幅に越える6万4000トン(1.5リットル入り換算9億9000万本)が収集される見通しだという。再商品化事業者は98年度の28社から99年度は36社に増えているものの、再商品化能力を大きく上回っており、引き取りを拒否される自治体も出ている。

2018年12月29日土曜日

2010年、家庭でのエネルギー消費35%増 1999.11.15

社会経済生産性本部の「フォーラム・エネルギーを考える」がエネルギー消費に関する調査報告書をまとめた。その中で、家族4人のサラリーマン家庭における2010年のエネルギー消費量は、情報家電の負担が増え、97年比で35%増と推計。しかし3キロワットの太陽光発電システム導入で16%増まで抑えられ、省エネ機器を導入した上で、住宅を保温構造化すれば逆に28%減らせるという。

国有林を無料開放 1999.11.15

林野庁は、森林保護を目的とするNPOやボランティア、学校などに今後5年間で全国各地の国有林約100カ所を無料開放する方針。「ふれあいの森」と名付け、各団体が自主的に活動計画をつくり、下草刈りや植樹といった手入れ、野外での森林教室、散策道の設置といった活動を幅広く許可していく。すでに群馬県、神奈川県など7カ所で地域を設定している。

古紙の資源化率とExtended Producer Responsibility 環境ビジネスここがポイント 1999.11.15

だぶついて行き場のなかった古紙が動き出した。時には国内で処理できずに東南アジア諸国に輸出されていた古紙が地域によっては不足し始めた。再生紙の原料として古紙の資源化率がアップしたことが大きい。背景としては脱墨技術の向上によって資源として使用される古紙の量が大幅に増えたことや、再生紙以外の再生用品への用途が広がったことなどが挙げられる。古紙の回収業者は「やっとどん底を脱した。光が見えてきた。」と異口同音にいう。他の廃棄物の再資源化が加速している。 

資源循環を目的とした制度及びシステムが円滑に機能し始めたからだ。余剰古紙と同様に、事業として成立し得るだけの廃棄物が量として確保(回収)される一方、再生品化のアイテム数も増え、用途も多様化していることがその理由だ。年追うごとに拡大製造者責任(EPR=Extended Producer Responsibility)の考えが広がりつつある。これがさらに資源循環への追い風になる。拡大生産者責任とは①リサイクルを前提とした製品設計②製品に関する環境情報の公開③使用済の製品の回収責任④リサイクル及び処分コストの負担などによって構成される。上記の③と④の対応する制度として容易包装リサイクル法、家電リサイクル法がある。

 他に資源循環の取り組みとしてエコタウン事業、地域ゼロ・エミッションなどが各地で始まっている。こうした再資源化の波は廃棄物の入り口にあたる資源回収を円滑にさせ、出口にあたる再生品化も促進される。さらに都会におけるリサイクル商品の購入を望む緑の消費者の出現を考えると、廃棄物という言葉はいずれ死語になるだろう。廃棄物は資源という言葉に代わる。そこにリサイクルビジネスが拡大・定着する。

米国で温暖化ガス排出量伸び鈍化 1999.11.15

米エネルギー省が98年の地球温暖化ガス排出量を発表。18億300万トンで97年比0.2%の微増(うちCO2は14億9500万トンで同0.3%増)。98年の経済成長率3.9%を大幅に上回った。鉄鋼、化学工業の燃料使用が減ったほか、自動車分野での減少が目立ったが同省では、暖冬や米ゼネラル・モータースのストなど特殊要因を取り除くと99年以降も排出量鈍化が続くとは限らないとしている。

【要点在这里】与环境相适应的新公共工程 2002.03.20

根据环境向新公共工程的转变, 开启了新环境业务的愿景。 为社会资本改善目的的公共工程取决于符合时代政策主题的措施和项目。 说到传统的公共工程, 如发展道路、桥梁、海湾港、港口、机场、污水、住房、公园、垃圾处理设施、造林、防洪等基础设施, 但时代的变化 " 近年来, 针对社会的衰退和老龄化, 优先考虑提高物流效率, 发展城市发展、社区发展, 建设先进信息和电信社会的基础设施。

该国下一个财政年度优先政策的主题之一是环境。 其他主题, 如 "建设周期性社会"、"城市再生"、"区域活动和社区发展", 可以在一些环境考虑的概念中找到。 例如, 二恶英措施、建筑结构寿命长、屋顶绿化、低排放车辆的广泛使用以及生态城镇企业。 环境考虑正在成为传统产业、生活和防灾的社会资本改善的核心。 在道路和港口养护、生态道路和生态港口方面, 从环境角度考虑, 与人民生活直接相关的设施在回收设施、环境学习中心、防灾维护等领域五花八门。 今后, 还必须为发展与资源回收、新能源和保护自然环境有关的社会资本创造公共工程。

只是传统的经济刺激措施、利益和投资得到重视, 在环境破坏前沿发挥作用的公共工程得到审查, 创造被称为环境商品的公共产品被要求成为后代的一项崇高业务。 公共工程将继续扩大, 为子孙后代实现可持续社会。 土木工程和建筑业有很多商机, 生意的馅饼在减少。

CO2 absorption by coral reefs 1999.11.15

As a result of observations by professors from the University of Tokyo on Ishigaki Island, Okinawa Prefecture, we found that the CO2 absorption and release of coral reefs fluctuates during the season and day and night. On a daily basis, the photosynthesis of phytoplankton that coexist with corals absorbs CO2 by day, and the discharge by breathing is predominant at night. In the season, the release was noticeable in the summer, and the winter was absorbed more often. Over the years, coral reefs tend to absorb CO2.

“Recycling is manufacturing”

The recycling business is a manufacturing industry. The manufacturing industry is established by securing raw materials, manufacturing products on production lines, and selling products in the market. The recycling business will succeed only in light of the same process as the manufacturing industry. The raw material for recycling is waste. It is important to ensure a good amount of quality waste. For example, a pet bottle is removed and the label has been stripped. In other words, the state of resources that do not cost a separate process is important. Whether or not the recycling business succeeds in the first stage of this entrance is an important point. Next, the size of the production line is determined by the amount of waste. Many of the recycling businesses tend to be coaxed by equipment and plant manufacturers to create an exaggerated production line. It is important to recoup these costs. The manufacturing industry is required to produce a suitable scale and efficient product. The production line, which is the second stage, is highly efficient and will ask whether or not to produce recycled products that meet the needs of the market. And the third stage of the production of recycled products is introduced into the market and circulated as commodities, and the recycling business is complete. If the product does not become a commodity, it will return to the drawing board as a waste material. The process in the third stage is no different from the manufacturing industry. In any process, if there is any inconvenience, it is not easy to do the recycling business. Because it fails. It becomes business only if waste becomes a recycled commodity and the market is circulated. This is an iron rule. It is an autonomous manufacturing industry to the last. Subsidies and subsidies it is good to rely on, but the recycling industry that ends with the end of subsidy and subsidy is being mass-produced. It is important for the recycling business of public support to develop into the recycling industry.

2018年12月28日金曜日

産廃処分場、新設許可激減 1999.11.15

厚生省によると、99年度4~9月に許可された産業廃棄物埋め立て処分場は全国で9施設に止まった。ここ数年の新規許可件数は年間130件程度で推移していたのに比べ、大幅減となる見込み。98年6月施行の改正廃棄物処理法により許認可要件が厳しくなったこと、各地で反対運動が起こっていることなどが要因。98年4月現在、産廃埋め立て処分場は全国で2925施設ある。

米軍厚木住宅でダイオキシン調査 1999.11.15

在日米軍厚木基地の米軍家族住宅から「近隣の産業廃棄物処理施設の煙で被害を受けた」との苦情で、環境庁と在日米軍が共同で99年7~11月にかけて調査。その結果焼却炉から約300メートル北の地点で平均値8.0ピコグラム、最大値58ピコグラムの高濃度のダイオキシンを検出した。この件では、防衛庁が12億円を投入、今春業者に固形燃料製造施設を設置させたばかりだった。

鋳物業界で初、環境賠償責任保険加入 1999.11.15

33社が加盟する岐阜県鋳物工業協同組合が11月1日、産廃処理に環境汚染賠償責任保険に加入したと発表。AIU保険の商品で、総てん補言語学は対人対物共通で1事故あたり1億円。年間保険料は78万円。同組合は現在年間1万3600トンの産廃処理を共同で外部委託しているが、環境汚染事故が発生した場合、中小零細である排出業者の責任回避が難しいと判断したため。

ホンダの企業理念に注目。。。

<ホンダの企業理念、ずっとずっと注目‼>

オートバイから自動車、そしてジェット飛行機へ。陸から空へとホンダの技術革新は止まらない…。
本年度12月14日に小型ジェット旅客機を国内販売に踏み切った。
ホンダの環境経営(自社の環境対策、環境ビジネス開発の二本柱)には、ずっと注目している。
ホンダが発した「子供たちに青空を」の言葉を知ってからずっと注目している。
1970年代の遠い昔。世界に類を見ない「公害大国」の日本だった。東京でも今の中国並みに大気汚染は酷いものだった。自動車の排ガスによる光化学スモッグが社会問題化していた時代にホンダは、企業使命として「子供たちに青空を」と言う企業キャッチコピーを世に出した。

時代背景は、こうだ。
1960年代の半ば、日本でもモータリゼーションの時代に入って、それに伴って自動車の排出ガスによる公害も出始めてきた。運輸省は1966年7月、自動車の有害な排出ガスの排出基準を示し、同年9月以降の生産車(ガソリン自動車、ただし軽自動車は除く)については、一酸化炭素(CO)を3%以下にすることが義務付けられた。
翌1967年8月には公害対策基本法が、1968年には大気汚染防止法が施行されるに至った。
米国では、1970年にマスキー法(排ガス規制)という世界で最も厳しい排ガス規制が施行された。
世界の自動車メーカーを震撼させていた。
ホンダは「では、うちが最初にクリアしよう」と、自動車のエンジンの改良させて世界に先駆けてクリアしてしまったのだ。
その後、世界が驚いた「燃費の良い」CVCCエンジン開発へ繋がって行くのだ。

「子どもたちに青空を」は、その技術陣の一人が口にした言葉だった。
日本の子供たちから排ガスによる環境汚染を食い止めたいという思いがあったらしい。
この精神の骨幹には「グリーン経済」があった。
それは環境問題や地球温暖化だけではなく、発展途上国の貧困、食糧、教育等子供たちに係る社会課題がメインになっている。

ホンダの「グリーン」とは、エコロジカルだけではなく、ソーシャル、エシカル(倫理的な)等も包含した概念なのだ。最近よく目にする「ブルー」という色はグリーンと同じ意味で使われることが増えている。
これまでの著作でたびたびホンダのマスキー法への取り組みを取り上げ、「よい環境規制は企業の競争力を高める」と主張してきたマイケル・ポーター教授(ハーバードビジネススクール)は、近年CSV(クリエイティング・シェアード・バリュー)を打ち出している。
社会との共通価値を企業が共創し、社会問題を解決していくことで、社会と企業の両方の価値を高めていくという考え方だ。

ホンダの挑戦は今も続いている。
目立たぬように、はしゃがぬように。

Increase in water demand by increasing temperature 1998.08.15

The National Land Agency announced a paper on water resources for the 98 fiscal year. This is the first analysis of the effects of global environmental changes on water resources. As the average temperature rises by 3 degrees C, water demand increases by 1.2-3.2%. If the increase is 2%, the new 340 million tons and 14 average dams will be required for daily water supply. In 1995, the amount of energy consumed in the development and use of water resources was 109 trillion kilocalories. It is said that it corresponds to the consumption fuel of 10 million vehicles of four wheels.

地域新エネ補助金の交付先決定 1999.12.15

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が99年度の地域新エネルギー導入促進対策補助金の交付先を決定。案件は合計47件で太陽光発電が20件と半数近くを占めた。続いて風力発電事業10件、天然ガスコージェネレーション事業6件、クリーンエネルギー自動車事業3件など。また今回初めて廃棄物発電事業1件、廃棄物燃料製造事業1件を採択した。

2018年12月27日木曜日

産業焼却施設を47%が更新・改造を予定 1999.12.15

工業調査委員会(東京都文京区)が全国の産業廃棄物中間処理企業に対しアンケート調査を実施(有効回数448)。2002年のダイオキシン類排出規制に対応し、焼却炉を所有する企業のうち47.3%が「更新・改造する」と回答。「すでに対応している」も28.9%に上った。撤回するとの回答も8%あったが、同研究会では2002年までの焼却炉関連需要は5000億円を超すと試算している。

茨自販リサイクルセンター、処理台数激増 1999.12.15

茨自販リサイクルセンターで、99年の中古車解体処理台数が、98年比30%増の2万6000台に増える見通しだという。96年比では70%もの大幅増。98年末に廃棄物処理法が改正され、産廃管理表(マニフェスト)が義務付けられ、排出事業者の管理責任が強化したことを背景に、同センターに処理が集中した。2万6000台は茨城県の年間廃車台数の17%に当たる。

グリーン購入で初の県域組織発足 1999.12.15

松下電器産業、NEC関西など滋賀県内に事業所を置く企業31社、消費者団体、自治体など61団体は、県域でのグリーン購入組織「滋賀グリーンネットワーク」を12月16日に発足。官民連携のグリーン購入組織は県域組織では初めてとなる。全国レベルの「グリーン購入ネットワーク」がカバーできない中小企業、市民団体を巻き込み、地域レベルでの連携を深めていく。

環境装置受注、前年比3.6%増 1999.12.15

日本産業機械工業会が99年度上半期(4-9月)の環境装置受注高をまとめた。前年同期比3.6%増の6760億6500万円で、特に2002年の都市ごみ焼却炉ダイオキシン規制を控え、ごみ処理装置は同31.5%増の3357億800万円と大幅増。ただし下期は、水質汚濁防止装置など景気対策で前倒し発注のあった分野が大幅に落ち込む見込みで、通年では前年度実績を下回る可能性も。

3 times PCB detection of dioxins in seafood 1999.11.15

In FY 1998, the Ministry of Health and Welfare investigated dioxins in 36 different types of seafood, meat, vegetables, etc. It was found that the average concentration of copplaner PCBs contained in seafood is about three times higher than dioxins. It is seen that the PCB used in the country in the 1960s was swept into the sea and had been accumulated. In Japanese pampas grass, dioxins were detected at a concentration of 20 to 85 times more than other fish, and 90% of them were copplaner PCBs.

2018年12月26日水曜日

雑誌古紙の買い取り価格上昇 1999.11.15

板紙メーカー各社は11月から、中部以西の地区で雑誌古紙問屋からの買い取り価格(運賃抜き)を1キロ当たり4円と1円引き上げた。再生紙の需要拡大による原料古紙の不足に対応した形となった。近畿地区の問屋の雑誌古紙在庫はここ数カ月、前年の20%前後に落ち込んでおり、古紙問屋の仕入れ価格も7月以降、1キロ当たり1~1円50銭程度上昇している。

米司法省 大気浄化法違反で訴訟 1999.11.15

米司法省が、オハイオ、フロリダなどで計17カ所の石炭火力発電所を稼働させている電力7社に対し、大気浄化法違反として訴訟を起こした。それぞれの発電所で1日あたり最高2万7500ドルの罰金を科せられる可能性がある。同省によれば、これら発電所は浄化法で禁止されている運転寿命延長のための改善などを無許可で行った結果、NOxやSOxなどを大量に排出していたという。

Deforestation also contributes to global warming 1999.11.15

The Meteorological Institute of Japan Meteorological Agency has identified the possibility of large-scale forest fires in the tropics to contribute to global warming. From 93 to 6 years, the result of collecting and investigating the air on an airliner between Japan and Australia recorded a co concentration of 380PPB, which is nearly 10 times the most normal in the northern Australia between the fall of 1997 and the spring of 1998. The concentration pattern when the plant burns is detected, and it is found that the CO2 generated by the Indonesia forest fire at the same time.

産廃不法投棄が加速 1999.12.15

厚生省のまとめによると、98年度の産業廃棄物不法投棄件数は1273件で、調査を開始した93年度の約5倍に上ることが分かった。97年度の廃棄物処理法改正で最終処分場の許可要件が厳しくなったことで処分場不足が加速したと見ている。実際、処分場の新規強化件数は激減しており、年間約130件前後あった許可件数は、99年4月から99年9月までの間でわずか9件に止まっている。

The actual situation and consulting- EMS and ISO14001 2001.04.20

Environmental Management System (EMS) standards, support to the site to obtain ISO14001 certification is a sign that business expands. Currently, the site that acquires ISO14001 certification in the Japan has surpassed 5500, and about 200 sites have obtained certification every month. On the other hand, many sites are getting more and more, and after that, they don't know what to do, or are still in trouble to find the benefits they've authenticated. Some say, "I want to chirahora the certification."

The number of consulting services that take care of such certification sites is increasing. It seems that the reason is that the mechanism for the purpose of obtaining ISO14001 certification and the examination registration is a lack of consideration of a concrete operation prior to acquiring EMS as a background. Among the asset consultants, if you go to "document Shop", "manual shop" Many of you, really only work in the mechanical and mechanically, without suggesting a method of improving the environmental impact after certification, Many cases have not escaped from the area of pollution control in the site as usual. Consultants are also focused on acquiring certification manuals. As a result, the PDCA does not move because there is no contents of the EMS constructed and introduced with great pains.

The environmental policy is also alike, and if the site name is put down, the site or made do not attach. Recently, the person in charge of the certification acquisition site received a consultation about the proper processing of the wood scrap which goes out in the site. It is necessary to improve it according to him in the future in accordance with the recycling rate which hangs to the target in the furnace in the past although the waste was burnt in the incinerator. However, it does not understand the method. There is a method of incineration and heat recovery, and it is considered to be MDF, and carbonization is possible. There are more options for recycling, and we don't know what to do if we consider environmental efficiency.

And, the delay of the employee education was pointed out in the continuing operation of EMS continuously in the future. A concrete problem is becoming evident in the site where ISO14001 certification is acquired. The care of such acquisition sites is established as a business.

自動車税のグリーン化見送り濃厚 1999.12.15

燃費効率により自動車税を増減させる「自動車税グリーン化」について、政府税制調査会は2000年度税制改正への盛り込みを見送る方向で検討に入った。運輸省などの案では、自動車全体のCO2排出量の4割を占める大型貨物車は根拠となる燃費基準がないことから適用対象外にするとしているため、「グリーン化」の意味合いが薄れるとの意見が強まっている。

Dioxin blood concentration, no difference in distance 1999.12.15

The Ministry of Health and Welfare investigated the difference in dioxin concentrations in the blood of people living far away from the waste incineration facility. As a result of investigations in the four regions of Miyagi, Yokohama, Osaka, and Shimane, there are incineration facilities within 2 kilometers around the group average of 1 gram fat per 26. The B group, which has no facilities within 3 to 5 kilometers of the 1 Piccogram, is 24. There was no significant difference in the four piccograms.

What are the new technologies required for the smart grid market in Japan?

The "grid" of smart grid, called the next-generation power grid, refers to the power system in English. The electric power system is a network of electricity that electricity generated at a power station passes from a substation to a power distribution station and reaches to each business place, home, etc. and "smart" means wise. In other words, smart grit is the "smart power system", but the aim is to use information and communication technology that has developed rapidly over the past 20 years.

By efficiently and optimally operate the power system, such as transmission networks and distribution networks, by using the use of electricity smarter as it is said, economy such as energy saving, environmental aspects, the maintenance and improvement of the power quality, and the like.

Therefore, the related business of this smart grit has spread to a variety of businesses not only in the power system of the transmission and distribution network in the past. Related businesses in Japan include energy, IT, and telecommunications industries as a core, distributed power supply-related industries on the supply layer side, consumer electronics, housing, and a wide range of industries, such as automobiles, on the demand side. 

While it is not possible to calculate the market size of this smart grit-related domestic market in too many different industries and businesses, the Fuji-keizai is predicting the market by focusing on the market in Japan. According to it, 2011 is 1,122,100,000,000 yen, and has been reading for 20 years with 3,800,800,000,000. Smart grit related technology, as described above, the power transmission system, distribution system, the technology to be adapted by the demand side is different.

According to the "Current state of smart grit technology and roadmap" of "NEDO renewable energy White Paper", the technologies in each field are classified into four different functions. 

1) Monitoring and control technology for transmission and distribution systems 
2) energy management technology on the demand side 
3) advanced technologies that enable effective operation of the system 
4) development and expansion of technologies pertaining to advanced Internet technologies 

Naturally, it can also be a definite road map of post nuclear power era.

2018年12月25日火曜日

廃自動車リサイクル率95%にメド 1999.12.15

日本自動車工業会が廃自動車のリサイクル率を、現状の80%から95%に高めるメドがついてきたと発表。茨城県つくば市の研究機関で進めてきた、破砕くずに混じっている鉄やガラス破片を取り除いた後、水分を除いて固定化する実証試験で技術と経済性を確保したことから。高温でメタンなどの気体燃料を抽出、保温剤などに使える炭素系の物質を取り出すことで資源利用を徹底する。

森林破壊も温暖化の一因 1999.11.15

熱帯での大規模森林火災が地球温暖化の一因となる可能性を気象庁の気象研究所が突き止めた。93年から6年間にわたり日本とオーストラリア間の旅客機で外気を採取、調査した結果で、97年秋から98年春にかけオーストラリア北部にて最高で通常の10倍近い380ppbのCO濃度を記録。植物が燃えるときの濃度パターンが検出され、同時期のインドネシア森林火災で生じたCO2によることが判明。

ESG投資って何?

<ESG投資、日本が指針つくりだってさ…。>

地球温暖化の国際的な枠組み構築する「パリ協定」で、同協定から離脱した
トランプ政権追従し、国際的に存在感薄い日本政府は企業の温暖化対策等を
投資判断に組み込む「ESG投資」を日本に呼び込むための指針を策定した。

*ESG投資とは、環境(Enviroment)、社会(Social)、企業統治(Government)
に配慮している企業を選び投資するもの。これまで環境分野で何度も同じ
ような投資商品を証券会社らが国内の投資家に販売するも、国外の投資家マイ
ンドに共鳴せず。失敗事例ばかり。

ESG投資の対象業種が日本企業の自動車、鉄鋼、化学、電機・電子、エネルギ
ー(電力・ガス・石油)等5業種。単純明瞭な基準で、温暖化対策の取組みにつ
いて情報公開(企業判断にお任せ)してもらい、海外からの投資を呼び込み、
日本経済の成長につなげるのが今回の狙いだそうだ。

12月25日現在、平均株価が19500円切ってきた。底が見えない状態。
さて、世界の投資家は、指針で指定された魅力ない業種に長期保有の銘柄に
投資するか否か? 
ESG投資の本来の意義を知らない、困った日本の政府筋。狂っている…。

Import and sales of environmental equipment from overseas 1998.8.15

The environmental business market is steadily expanding. More than 40% of listed companies and about 20% of unlisted companies are already developing or planning environmental business. The overall sales trend is on the rise. Government policies, policies, laws and regulations, corporate-side environmental activities, and the improvement of civic consciousness to the environment are the winds of expansion. Because an environmental business item can counts 800, it is thought that there is always a business opportunity on the extension of the work of the production. If the interest and awareness of environmental issues are deepened and it becomes a radar, newcomers should not be so difficult. There are a number of new ways to enter the market even if there is no adequate environmental resources for the new entrants.

One of them is import and sale of environmental equipment from overseas. There are a lot of outstanding environmental equipment and goods of life-size not found in Japan country in the European and American countries called the Environment advanced country. The number is also rich, the quality is easy to operate high and the price is positively cheap. For example, there is no such thing as enumeration, such as Australia power saving device, Denmark wind power generator, United Kingdom water quality analysis equipment, and environmental goods of the United States made daily necessities. There is such a success example. The president of a small and medium-sized company who succeeded in the import and sale of a compressed reduction vessel convenient for the transportation and storage of Sweden-made garbage four years ago, "insight to choose a product, foresight to read the destination of the law, if there is a marketing power," he said. It was a success after thoroughly examining the European and American recycling-related laws and anticipating the establishment of a similar law in the Japan (container and packaging recycling law).

As a source of information on imports, there is an environmental equipment exhibition that will be held in Japan first. Search on the Internet is also valid. Information can be caught from overseas environmental magazines. The trend of environmental goods in each country is examined in the Japan Trade Promotion Association (JETRO). A new entry into the environment business by the import and sale from overseas in a small business is high probability of success. It is also possible to create a trading company specializing in environmental concerns.

Expansion of wind power generation facilities in Kawacho, Yamagata Prefecture 1999.12.15

The wind power generation facilities that are positioned at the core of the town revitalization will be expanded. The town has formulated a new energy introduction plan and plans to cover all electricity demand in the town by wind power by around 2005. There are already two 100 kilowatt-class, 400-kilowatt-class, two 600-kilowatt-class units, and the "Tachikawa Wind Power Research Institute", which also has a stake in the town, is working on the second wind turbine generator in Denmark, in spring 2000. It will sell to Tohoku Electric power.
https://www.eco-power.co.jp/en/

Ozone hole moves to Hokkaido area 1999.11.15

A joint study between the National Institute of Environmental Studies and Nagoya University revealed that part of the ozone hole over the Arctic had been southward to the sky in the spring of 1996, in the Air balloon observation. The air flow around the Arctic is unstable, and it is often said that some of them may be torn apart and moved to the middle latitude area, but the ozone depletion has been numerically confirmed in the Japan sky. The possibility of such an ozone hole coming to the Japan is high in the future.

2018年12月24日月曜日

環境配慮型製品で大規模展示会 1999.11.15

日本初となる環境配慮型製品の大規模展示会「地球と私のためのエコスタイルフェア‐エコプロダクツ1999」が12月10日~12日、東京ビッグサイトで開催される(入場無料)。通産省が企画したもので、グリーンコンシューマの育成、環境配慮型製品の普及を推進する一大キャンペーン、すでに200社を越える企業の参加が決まっており、家電、文房具、自動車、オフィス製品などが一堂に会す。

京都府綾部市 计划建造固体燃料 (RDF) 发电设施 1999.12.15

由于垃圾焚烧设施老化, 我们计划建造一个固体燃料发电厂, 用于改造工作。 设计的基本设计和实施于1999年完成, 2000年开始施工, 并于2002年11月完成。 新设施将每天处理50吨可燃垃圾, 生产25吨 rdf, 并将其用作安装在同一地点的发电厂的燃料。 发电能力为 1010千瓦, 可覆盖设施的电力。 这可以节省每年2000万日元的电费。

サンゴ礁のCO2収支 1999.11.15

沖縄県石垣島で東京大学の芽根創助教授らが観測した結果、サンゴ礁による海中のCO2吸収・放出が季節や昼夜で変動することがわかった。1日単位では、昼はサンゴと共生する植物プランクトンの光合成によりCO2を吸収、夜は呼吸による放出が優勢に。季節で見ると夏に放出が顕著で、冬は吸収が多かった。年間を通せばサンゴ礁はCO2を吸収する傾向にあるという。

Biomas based energy co-generation in Denmark 1999.06

For heat and emission biomass, dissected in the global energy consumption accounted for 14%, but this is because the direct combustion use of firewood is still being conducted in the developing region. On the other hand, the EU-wide creation is still less than 2.5%, but since the 1970s, it has been positioned as an important issue in the EC research plan, with the provision of renewable energy that is less environmentally Development is being promoted for the purpose of development of technology. 

Among them, it is Denmark to be active in the introduction of the biomass based co-generation (CHP). As in the former Japan, the policy of energy self-sufficiency has been promoted since the oil shock of two degrees in the 1970s in the Demark which depended on the import of 90% of energy. In 1985, "The introduction of public Energy that does not use nuclear power generation" was passed by the diet, and it was raised as a national policy to use renewable energies centering on wind and biomass. The Denmark boasts an agricultural self-sufficiency rate of 300%.

1日4トンの堆肥を作るリサイクル工場を兼ねる牧場 環境ビジネスここがポイント 2002.10.20

過日、580頭の肉牛を飼い、一方で1日4トンの堆肥を作るリサイクル工場を兼ねる牧場に行った。近隣の温泉旅館や食品加工メーカー、飲食店などから食品廃棄物を無料で引き取り(運搬費用は排出事業所が負担)、6か月かけて成分バランスの良い堆肥を生産している。野菜、果実、園芸を営む各農家から注文が次々と入り、25キログラム500円前後で販売している。全国でも珍しいこの循環システムの内容はこうだ。

食品廃棄物は排出事業所が徹底分別して搬入する。分別された廃棄物は飼料用と堆肥用に使われる。堆肥についていえば、約3か月かけて70度℃の温度を保ち、牛糞などを混入して機械で切り替えしつつ発酵させる。月のプランニングコストは5万円程度。そして残りの3か月で熟成させる。まさに酒の醸造を同じなのである。できあがったたい肥は匂いもなく、さらさら・どんなところで使っても「安全・安心」の特上のもの。一部の堆肥は近隣の農家が買い取る。堆肥が良いから美味しい農作物が収穫できる。それを排出した温泉旅館や飲食店などが買い上げる。排出事業所ー牧場ー農家ー排出事業所と廃棄物がぐるりと循環し、農作物に姿を変えて戻ってくる。

リサイクル事業とは、それぞれの事業所の連携の上で成立。一事業所のみでは成立しない。まして装置導入しただけでは循環しない。廃棄物の循環のシクミがあってこそ、事業として成立する。多くのリサイクル事業を見ていると、装置導入が取り上げられているが、そうではない。リサイクル事業の一環として、適正な装置を手当てしてこそ、装置は活きるし、導入可能になる。要はビジネスモデルの構築が先決である。当牧場は独自には衣鉢した切り替えし装置を3000万円で販売する。社長の夢は「堆肥を打ったお金で肥料代をまかなう」賢い限り。

2018年12月23日日曜日

環境広告の拡大中…。



●環境広告の背景
1990年初頭に新聞・雑誌、テレビCM等マス媒体に,これまでなかった「環境広告」と呼ばれる広告が登場した。しかし当初の環境広告は「地球に優しい」「われら地球家族」等に代表される抽象的な言葉で企業イメージアップを狙ったものが多く見られた。
この背景には「環境維持。保全」が、新たな企業イメージを形成するキーワードでもあり、CI(コーポレート・アイデンティティ)の手法のひとつとして考えられ始めたと言うことがある。換言すればCE(コーポレート・エンバイロンメンタリズム:企業の環境重視型戦略)が1990年代の企業経営戦略のひとつの柱になったと言えるだろう。
しかし、一連のイメージ先行型の環境広告は環境問題への企業理念や、姿勢、具体的な取組みや提案が不明瞭で、環境広告としてのインパクトを欠いていたために低迷する。その後も日本の環境広告は企業の社会的責任が消費者・生活者から情報公開を厳しく求められる欧州の環境広告の動きとは遠く、広告の数は減少傾向に入る。

<当時の欧州の環境広告で日本の広告業界を震撼させたのが1990年5月に日本経済新聞に掲載された広告文「私たちの製品は、公害と、騒音、廃棄物を生み出しています」だった>

●消費者・生活者がターゲット
時を経て、最近になってまたぞろ日本の新聞広告に「環境広告」が増え始めた。実質が伴うことはない経済低迷期の現在、内部留保に熱心な大手企業の中で新分野開拓を求める一部企業が消費者・生活者へ環境商品のピーアール展開開始している。現在環境ビジネス市場約104兆円だが、これから市場拡大が予測できる消費者・生活者市場を狙ったものだ。都市環境、生活環境の快適性に寄与できる日用品の環境商品が多く占めている…。
その他に、従来のズバリ、直接的に資源・エネルギー開発関連装置・機器メーカー、資源・エネルギー或いは資源再生に係る運用会社、新規性なしだが、売上の一部を環境保護団体に寄付している企業活動を通じて、商品購入を通して消費者自身が選んだ環境保護団体へ寄付するもの等が挙げられる。

●環境広告関連ビジネス裾野の広がる
世界的に地球環境が劣化する中、経済・社会の根幹を担っている産業、企業の役割は高まるばかりだ。これまで以上に企業が担う役割は大きい。米国では「サーキュラー・エコノミー(資源循環型経済)」が注目されている。消費者・生活者、企業の従来型の大量生産・大量消費・大量廃棄の直線的な産業活動を資源循環へとギアチェンジしようとするもの。そうした企業活動を消費者・生活者に伝える環境広告の果たす役割は大きくなっている。と同時にこれをコーディネートする環境意識が高く、グリーンコンシューマ意識を読み取れる広告代理店やコピーライター、WEBでの表現するサイト等にビジネスチャンス拡大している。

繊維再生の危機 1999.11.15

繊維リサイクルのメッカ、愛知県岡崎市に本拠を置く日本作業手袋工業組合連合会など業界7段階は、繊維再生システムが崩壊の危機を迎えているとの緊急声明を発表。再生繊維需要の8割を占める作業手袋市場で1,2年前から安価な輸入品が急増、再生綿の利用が激減しているという。行政や企業に国産品の利用を促すとともに、国産品に業界の認証ラベルを付けるなどの活動を開始する。

見本市経営で国内初のISO14001取得 1999.11.15

東京ビッグサイトの管理運営などを行っている社団法人東京国際見本市協会がISO14001認証を取得。展示会場・主催団体としては日本初。展示会では短期間の仮設施工など廃棄物排出、エネルギー消費といった環境負荷も大きいとし、環境対応を強化。2001年度末を目標に98年比で、共用ゾーンなどの一般廃棄物のリサイクル率15%アップ、電気使用量の年間100万KW削減を図る。

【要点在这里】 熊本県営荒瀬大坝 2003.01.20

该公司进入了从导致环境恶化的公共工程向自然重建型公共工程过渡的时期。 保护自然环境是建设循环型社会的重要平台。 下一代社会资本发展的基础是自然环境的保护。去年 12月, 熊本县知事瀬屋義子宣布 荒瀬大坝乡村水权 (50年) 将于2003年3月31日到期, 此前水权被延长至 10月31日, 宣布将立即进行拆除工作。 在全国首次大坝拆除政策的背景下, 库马河环境恶化、大坝路堤和发电机修复费用造成的财政压力, 以及县内总用电量不到1% 等原因。 在这座大坝中, "由于自然环境恶化对渔业养殖业造成的破坏性影响" 是一种敏锐的窥视。 目前, 该阿拉塞大坝的拆除是不可避免的, 对现有大坝运行的影响和全国 2 7 0 0 组规模的新大坝建设相结合。

美国的大坝王国被认为是进步和繁荣的象征, 自20世纪90年代以来, 7500多年过去了, 当时大坝已经从上世纪90年代被拆除, 500多座大坝被拆除。 大坝对水质、环境恶化、防洪和经济效益的质疑。 此外, 在美国的一些州, 如果大坝造成事故, 州法律颁布, 将责任强加给大坝所有者, 他们正在指示拆除大坝。

在美国拆除大坝后, 很多学校的鱼都被确认了一年后, 回归自然的速度也很推进。 然后, 一个新的产业诞生了。 除了在海外拆除大坝外, 填海、湿地等自然环境再生也是公共工程的主要项目。 再生性质有助于在该区域建立关键产业, 包括渔业和亲水旅游以及水净化。 事实证明, 重建环境不仅仅是 "自然再生", 而是对经济和区域活动有效。 更明智的做法是, 在新的公共工程流程中, 如大坝拆除、河流的多性质和复垦土地, 有可能出现大的商机。

カリフォルニア州再生可能エネルギー完全移行。

<カルフォルニア州は独自の再生可能エネルギー政策>

地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」から離脱証明したトランプ
政権に対抗してカリフォルニア州は独自の州レベル温暖化対策を完全移行
を推進する。
中期目標として州内の電力会社等に風力、太陽光、水力等の再生可能エネ
ルギーによる発電比率を現在の約3割から、30年末までに6割に引き上げる。
庁舎等州関連施設は、目標達成年には全て再生可能エネルギーに切り替え
るのだと言う。
来年1月から実施する。
米国では、環境政策については中央政府と地方政府の違いがはっきりとし
ている。

2018年12月22日土曜日

ベンゼン半数地点で基準超過 1999.11.15

環境庁が「98年度地方公共団体における有害大気汚染物質モニタリング調査結果について」を発表。それによると推定4物質のうち、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレンはすべての測定地点で環境基準値を、ダイオキシン類もほとんどの地点で大気環境指針を下回った。だがベンゼンについては依然として測定292地点中135地点で基準値を超過していた。

都内企業が提案するゼロエミッション構想 1999.11.15

東京都内の企業で構成する環境NGO、東京ゼロエミッション委員会が「東京ゼロエミッション構想」を発表。1万人、30万人、100万人、300万人の4段階の人口規模に応じて施設を提案しており、例えば1万人規模の地区では廃食用油など有機廃棄物の回収・再資源化の推進、100万人規模の地区では工場間をネットワーク化しての資源再利用など循環システムの構築を挙げている。

鸟取县小山湖的富营养化1999.11.15

由于日本鸟取市大池塘富营养化和小山湖池塘的富营养化是先进的, 因此从一家私营公司招聘了净水技术。 专家考试委员会成立, 公开考试于2000年6月至11月举行, 选定约五家公司。 我们正在寻找一种通过防止奥科的发生、改善污泥积累的底层质量、净化流入的河流来净化水质的技术。 实际应用前景广阔, 环境负荷低, 对性价比高的技术提出了要求。

Green consumer 3%, 7%, 30%

The green market has begun. Consumers who always prioritize environmental considerations for the purchase, use and disposal of products have emerged in this country. This consumer, called Green Consumer, is only two to three percent, in proportion to all consumers. However, it is very important that such a new type of consumption appeared rather than the unity of this number. This is because they have a core that is essential when things start to move.

There is a figure of 3%, 7%, 30% as a guideline for each stage when things evolve in stages. For example, when the first pioneering 3% mania began to move, and the spread gradually reached 7%, it accelerated at a stretch to 30%. Develop into a trend that can affect the market. In the present stage, green consumers may be "environmental mania" if you look at. However, given the incentives such as the uplift of the consumer's environmental awareness, the dissemination of children's recycling learning, and the progress of disclosure of environmental information toward corporate consumers, this trend is unwavering. By the way, the green consumer per Germany exceeds 60%. There are ten principles of green consumer purchasing. In summary, it can be recycled, energy-saving, and resource-saving.

It has a low environmental impact, repairs and repairs, and lasts for a long, safe and is a purchase standard. The growth of these green consumers has made it inevitable for the corporate side to develop environmentally-friendly products and environmental labels. It is not far in the future that the product produced from the production line of the sink and pollution is not environmentally conscious products will be expelled. Nasty, a Chinese product named nasty to the environment would not last long and read. Yen shops get harder too. On the other hand, there is a full-fledged turn of products and services that care for quality and environment. By the way, it is green consumer to buy and to support the environment of 15 to 20% high of the conventional price.

【要点在这里】资源公司的业务不可避免地出现了 1999.05.15

在环境业务领域, 节能和资源相关业务可能会上升。 在节能业务中, 与节能、节能相关的各种技术、产品和服务诞生, 促进了能源的合理利用。 它被称为能源公司 (ESCO) 在欧洲和美国的业务, 并作为一个业务, 以提供全面的设施, 技术, 人力资源和资金, 为现有的建筑物和工厂节能和节能。 在日本, 它是为企业商业化的, 节能节能节能装置在一般过程中开始逐步普及。

如果这样的 ESCO 业务有导致节能的业务, 那么与资源节约有关的资源服务公司业务认真商业化并不有趣。 这是一个支持项目, 将重新考虑生产重点的社会结构, 改为 "节约资源" 类型。 各公司和地方政府等, 在材料、低批量生产的高附加值产品和回收资源、产品资源采购、生产、分销、消费和处置生命周期评估咨询方面, 可以说, 引进回收技术、废物集群等促进资源节约是一项综合性的业务。 这项业务的全面规模将促进资源节约和回收技术。


日本从海外进口大量自然资源, 并将其出口到海外作为加工产品。 因此, 它被排放到大量的废物和家庭。 1996年, 它流入了22亿吨资源。 在这12.9亿吨中, 有12.9亿吨是在成为土木工程建筑等新库存后排放的, 但只有2.3亿吨需要回收利用。 剩余的9亿吨是不必要的, 工业废物和 50, 400 吨是一般废物。 在资源问题的急剧改善中, 资源公司的业务不可避免地出现了。

【要点在这里】使用生命周期评估的四个目的 1999.04.15

什么是生命周期评估? 生命周期评估是分析、评估和量化我们所享受的产品和服务在整个生命周期 (产品的采购、生产、消费和处置) 中对环境的影响的一种方式。 生命周期评价的目的是使其成为减少人类活动各个方面的环境负荷的判断材料, 但生命周期评价的使用目的是多种多样的。

 (1) 自愿改善支助。 我们可以计算产品和工艺过程等对环境的影响, 选择可回收材料, 并定量评估支持工具, 以开发对环境影响较小的环保产品 (ecp), 并通过节能加工和组装来改进工艺。 企业环境管理体系和环保产品改善效果的定量评价工具可用于营销。

 (2) 营销支持。 公司不仅将公布产品开发, 而且将评价结果作为公司的正面比较, 并将其作为自我主张公关等支持工具, 以改善产品和企业的形象。 今后, 它可以作为与其他公司产品的比较, 在目录中公布。

 (3) 支持消费活动。 利用环境信息 (如生态标签 bel) 审查生活方式, 以减少对环境的影响, 并选择传播环境教育和购买环境影响较小的产品的工具。 我们还可以为促进绿色采购做出贡献, 积极购买环保产品和服务。

 (4) 对经济和社会制度的反思。 实现低环境影响和周期性经济和社会制度的基本信息。 它还可以作为基本的环境信息, 了解实际环境, 为未来建立环境管理。 此外, 它还可以反映在环境管理体系的对应中, 从而导致自愿改善。 在从生命周期评价的实现或用户方面进行分类时, 大致可分为自我改进类型通用的两个产品选择支持类型和 (1) 的其他 (2) 到 (4)。

2018年12月21日金曜日

鳥取県 湖山池の富栄養化 1999.11.15

鳥取市にある日本一広い池、湖山池の富栄養化が進んでいることから、民間企業から水質浄化技術を募集している。専門家による検討委員会を設置して審査し、5社程度を選んで2000年6月~11月に公開試験をしてもらう。募集しているのはアオコの発生防止やヘドロがたまった底質の改善、流入河川の浄化などによって水質を浄化する技術。実用化の見込みが高く、環境負荷が少ないうえ、費用対効果が妥当な技術を求めている。

森林が1990年の90年CO2排出量の約11%を吸収・蓄積 1999.12.15

オランダのワゲニンゲン大学などが森林や木材製品によって吸収・蓄積されるCO2量を、日米欧など6カ国・1地域を対象に調査した。その結果、日本は90年のCO2排出量の約11%相当を森林や木材製品が吸収・蓄積していると試算。2000年秋の温暖化防止会議でCO2吸収の算定方法が決まるが、今回の計算でいけば90年比6%削減を公約した日本は、同5%の排出増が認められる。

Car sharing business in urban areas--more - from private ownership to sharing utility 2

The origin of the reduction of environmental impact, but now the convenience and match car sharing of the user, in addition to the advantage of saving such as parking lot for the user, car inspection, various insurance money and taxes, just hold the member card to the vehicle car can be borrowed. It is borrowed in 15 minutes shorter than the rental car, and it is a feature that can be returned without refueling. If you are an individual, it's easy to use a little shopping. Recently, the use of the legal entity used for sales of unexpected deliveries is increasing. "Times CarPlus" is a system that receives a basic fee of 1030 yen per month from members and 206 yen per 15 minutes use. The current number of members is more than 720,000 people, up 31% YoY. The social background of this car sharing was to reduce the number of car holdings, relieve congestion in urban areas, curb parking, and reduce the environmental impact of illegal scrapping. 

The Switzerland originated but is now showing a global spread. Not only the "share economy" business car sharing which expands to each field, but the company which is to commercialize the "share economy" which shares the function use from mono-owned by an individual and a member as a business is increasing in each field. In addition to electrical products and furniture, as well as environmental equipment and equipment, it has recently diversified with "Minpaku" for tourists who use vacant condominiums.

21世纪是氢文明的时代3 移动设备

增加了对移动设备的使用。 与手机、个人电脑和其他移动设备中使用的传统电池相比, 可使用更长时间的燃料电池已由电气产品和电信设备制造商开发。 我听说随着移动设备市场的不断扩大, 需求激增。 然而, 空气与甲醇反应的方法是常见的, 现在通过恐怖主义措施很难将收集氢的甲醇盒带到飞机等方面是一个瓶颈。 日本是一个资源小国, 从非化石燃料中依赖外国的大部分氢收集能源资源, 如果我们能够从 "水资源" 和 "生物量" 中收集氢, 可以在国内采购, 我们就能确保资源安全。 在日本, "氢社会" 的传播似乎首先符合国家利益。 该国的能源政策正处于转折点。

Car sharing business in urban areas in Japan - from private ownership to sharing utility 1

Sharing is coming out of the idea of servicing sizing. It is a business model that the product that was sold as a conventional product is obtained by providing the function that the products have. From the standpoint of the user, the purpose is not to own the personal property of the product itself, but to use the function of the product. For example, the function of an automobile is mobility. It takes the form to use only the function without buying and privately owning the car to obtain the function. 

The fastest growing car sharing business in the urban Center is the "Park 24" of the parking lot management company. The company mainly operates in Tokyo mainly in the car sharing business "times carp Russ" other than the main car parking lot, but operating revenues for the fiscal year ending October 2017 are around 2.5 billion yen. The growth rate is more than doubled in the previous fiscal year. It is said that it is "steady expansion" since the change in surplus in October, 2002. The number of bases is 8600 base as of October. It is more than ten thousand momentum in this term. Orix Share (car-sharing 2nd place) 1400, car rental is the largest of Toyota car rental in greater than 1200.

光触媒、2005年に1兆円市場へ 1999.12.15

三菱総合研究所は、排ガス浄化やダイオキシン処理など環境・浄化で使われる触媒利用製品の国内市場が2005年には約2兆円に拡大するとの調査結果をまとめた。中でも光に当たると有機物を分解する光触媒が触媒市場をリードすると見ており、現在の市場規模400億円程度が2005年には1兆円に膨らむとの予測。水処理装置や繊維製品などへの利用範囲も広がる見通し。

2018年12月20日木曜日

都内印刷業が新組織で産業廃棄物対策など検討 1999.12.15

都印刷工業組合、都製本工業組合、東京グラフィックサービス工業会など都内の12の印刷関連主要工業団体が「東京都印刷産業団体協議会」を設立。印刷業界が横断組織を作るのは始めてという。協議会はまず、印刷工程で発生した紙やインクなどの産業廃棄物対策に取り組む。適正処理、コスト削減のための共同処理、リサイクルの促進を視野に入れて検討する。

エコタウン 秋田県・宮城県鷺沢町 1999.12.15

通産省と厚生省からそれぞれエコタウンの承認を得た。両プランとも旧鉱山跡地に廃家電リサイクル施設を中心としたエコタウンを整備する計画。秋田県では家電リサイクル法の施行に合わせて工場を稼働する予定で、当面は東北3県(秋田、青森、岩手)で排出される家電4品目の30%にあたる年間約13万2000台を確保する。一方、鷺沢町では、旧細倉中学校跡地に建設する公開型家電リサイクル工場を中核施設に位置付けた「環境と調和する地域づくりプラン」と策定。三菱マテリアルを中心に家電メーカー数社で新会社を設立し年間30万台を処理する。

【要点在这里】环境标签 - 产品购买者的接口 2001.12.15

越来越多的环境标签附加到产品上, 这些产品将产品环境绩效的环境信息用于产品营销和广告。 这背后有两个原因。 一是为雇主和作为购买者的消费者使用环境标签, 我们披露的信息包括对产品的环保意识、对环境的影响, 以及产品如何促进环境保护。 推广产品的使用。 另一个原因是, 它可以促进绿色消费者的发展, 从而能够从环境中了解消费者的需求, 从而使生产者能够通过环境标签举措维护自己的环境, 准确把握产品的环境性能。

有什么类型的环境标签? 根据 ISO 环境标签的分类, 有三种类型。 类型1是一个独立的第三方, 基于运营商或消费者的申请, 以认证和标记每个产品区域的标准, 并显示标记, 特别是生态标记。 第2类的目的是根据机构的独特标准, 除了在产品中标明环境考虑外, 还用于广告。 第3型是利用LCA(生命周期评估) 方法定量显示环境负荷数据的方法。 类型1生态标志认证是目前4647件项目。 1989年, 该人一开始只有9个项目。

绿色采购法的建立、绿色采购网络 (2601 集团隶属关系) 和绿色消费者的崛起, 是逐步扩大环保产品市场的动力, 但现在 据说, 在出于环境考虑采取消费者行动的企业和消费者中, 有 3% 是整体。 但如果这一比例超过 7%, 市场就会崩溃。 尽管在提供可靠性、透明度和更广泛的环境信息方面存在挑战, 但作为环境标签产品购买者的接口, 这一作用将变得更加重要。

風力発電設備を拡充 山形県立川町 1999.12.15

町おこしの中核に位置付けている風力発電設備を拡充する。同町は「新エネルギー導入計画」を策定し、2005年ごろまでに町の全電力需要を風力で賄う計画を立てている。すでに100キロワット級3基、400キロワット級2基、600キロワット級2基が稼働しているが、さらに同町も出資している「たちかわ風力発電研究所」がデンマークのミーコン社製の風力発電装置2基を2000年に春に稼働。東北電力に売電していく。

2018年12月19日水曜日

取引業者7割がグリーン配送賛成 1999.12.15

都庁への品物搬入にディーゼル車を使わない「グリーン配送」の導入を検討する都が、取引業者約8300社にアンケートを実施(回答約4200社)。「ディーゼル車を使ったことがある」との回答が車で納入する業者の42%を占めたが、全体の約7割がグリーン配送に賛成しており、約6割が対応できると回答。そのうち8割超が対応の方法として「ガソリン車への買い替え」を挙げた。

固形燃料(RDF)発電施設を建設する計画 京都府綾部市 1999.12.15

ごみ焼却施設の老朽化に伴う改修工事にあたり、固形燃料(RDF)発電施設を建設する計画を立てた。99年度中に基本設計や実施設計を終了し、2000年に着工、2002年11月までに完成させる。新施設は1日当たり50トンの可燃ごみを処理して25トンのRDFを製造し、同所に設置した発電施設で燃料として利用する。発電容量は1010キロワットで、施設内の電力を賄う。これにより年間2000万円の電気代が節約できるという。

新長期総合計画 「21世紀の生活優県」大分県 1999.12.15

21世紀に向け新長期総合計画(99~2010年度)の最終案をまとめた。基本目標である「21世紀の生活優県」の実現に向けた5つの施策の中に、環境分野を据えたのが特徴。①2010年に太陽光発電システム導入住宅数を現在の147件から1000件に拡大。②ISO14001認証取得市町村数を1市から48市町村に増やす。③1人あたりのごみ排出量を現在より2割少ない1日945グラムに減らす。④産業廃棄物のリサイクル率を21.2%から44%に高める。など具体的数値目標を盛り込んだ。今後は3年ごとに見なおしていく実施計画を策定し計画を推進する。

【要点在这里】从 "摇篮期" 到 "成长期" 中小企业环保产品 1998.03.15

"抵制运动" 一直是消费群体运动的根源。 然而, 最近这一运动发生了很大变化。 通过撤回传统的抵制运动, 故意购买环保产品 (环保产品) 的方向反而出现了。 它是一个成熟的绿色消费者的诞生。 这个运动的转换的意思是大的, 虽然它是一个做同样潮流从 "指责类型" 在环境保护运动到 "提议类型"。

消费行为标准由当地消费者组织实施。 例如, 
(1) 回收的可能性。
(2) 环境影响的可能性。
(3) 安全。
(4) 使用它可以持续更长的时间。
如购买的基础。 这些运动反映在环境产品制造商的制造中, 是生产环境效率高的产品的导火索。

另一方面, 它是一家专门从事环境业务的中小型公司, 目前在市场上提供许多 "销售" 的环保产品。 大多数公司都有有改善环境的经理。 命中产品的交付只有在对环境有承诺的情况下才能诞生, 但这里有不少需要反思的地方。 管理层表示: "我们已经忘记了业务发展, 考虑到了市场的需求, 有这么多的事情, 只有一个痛苦的产品开发之前。 它开始能够做双方最终都能匹配的产品规划 "


这些产品的环保消费行为以及符合销售方面环境的制造和市场研究, 使环境商品市场发生了质的变化, 并扩大了市场。 环境商业市场摆脱了 "摇篮期", 进入了 "增长时期"。 前几天, 由 7 5家中小型企业在东京举办的环保商业博览会, 进一步增加了反映市场需求的环保产品项目。 因此, 源公司的良好业绩仍在继续。

リサイクルショップに持ち込む理由 1999.11.15

首都圏でリサイクル9店を展開するウエイブが99年7~8月、20~50代の女性904人を対象にアンケートを実施。リサイクルショップに品物を売りたい理由として「その品物に飽きた」が最も多く39.8%。「もらい物で必要ない」が35.8%と続いた。年代別では、20代女性の55.8%が「飽きた」とする一方で、50代女性の61.9%が「もらい物」を挙げ、くっきりと色分けされている。

An energetic president of small and medium-sized enterprises 2000.12.20

It was in a severe, small and medium-sized construction industry that "the companion's how many firms was in the hardships of the bankruptcy", and it was in a very energetic president. Three years ago, the source of energy was the determination of "changing the idea and the change of business category." "To create a new business that takes advantage of the management resources including the network that took over from the father, and put the environment in one of the business philosophies." The environment as a philosophy is "landing on the Sosiovidines as a corporate ideal of the 21st century" and "consideration for the next generation not seen yet". The "ISO9001" and "ISO14001" certification were selected as a tool for the conversion of ideas. ISO9001 was acquired over the course of one year and two months. We are still working on acquiring iso140001. In the process of acquiring these certifications, the president says the workforce has changed rapidly.

"The social motivation of my work" or "The joy of concentrating on one thing together and studying and creating." The cost was more than I had expected, but it was more than I could get. Attitudes related to the high-ratio public works have also changed. At the site, employees voluntarily started to beautify the environment. For example, the extension of the sidewalk will be used for separating garbage and tobacco ashtrays for passers-by. You can arrange the flowers of the season, and guide the purpose of the construction into a big signboard with illustrations. "The consciousness of the people who work in the field has changed. The atmosphere of the site changed greatly, too.

Such a small change is now beginning to change the company vividly, "the president looks happy. On the other hand, a concrete mass recycling business was started to supply roadbed materials used for public works. It stopped digging from the mountain, and it switched to the concrete mass. "First, consider the environment. As a tail, the concrete masses are cheaper than 300 to 400 yen per tonne. Recycled materials have come to sell. " He is also energetic in the renovation business as a new business in the construction field. "The days of scrap and build are no longer the end. The idea from rebuilding. " All the employees are twisting their heads in business development for the environment. "I think I can definitely go," said the president. In some parts of society, the signs of such transformation are surely visible.

【要点在这里】从海外进口和销售环保设备 1998.8.15

环境商业市场正在稳步扩大。 超过 4 0% 的上市公司和约 2 0% 的非上市公司已经在发展或规划环保业务。 整体销售趋势呈上升趋势。 政府的政策、政策、法律和条例、公司方面的环境活动以及提高公民对环境的意识是扩张的风。 因为环保的业务项目可以计数 800, 所以人们认为在扩展生产工作方面总是有商机的。 如果加深对环境问题的兴趣和认识, 使其成为一种雷达, 新来者就不应该那么困难。 即使新进入者没有足够的环境资源, 也有许多新的进入方式进入市场。 其中之一是从海外进口和销售环保设备。 有很多优秀的环保设备和产品的真人大小在日本国家中找不到, 在欧美国家被称为环境先进国家。 数量也很丰富, 质量容易操作高, 价格也积极便宜。 例如, 没有列举这样的事情, 如澳大利亚省电装置、丹麦风力发电机、英国水质分析设备、美国环境商品等日用品。 有这样一个成功的例子。 他说, 四年前成功进口和销售一艘方便运输和储存瑞典制造的垃圾的压缩还原容器的中小型公司总裁 "洞察选择产品, 先见之明地解读法律的目的地, 如果有营销力量," 他说。 在彻底审查了欧洲和美国与回收有关的法律并预计在日本制定类似的法律 (集装箱和包装回收法) 之后, 这是一个成功的成功。 作为进口信息的来源, 将首先在日本举办环境设备展览。 在互联网上搜索也是有效的。 信息可以从海外环保杂志上捕捉到。 日本贸易促进协会 (jetro) 审查了每个国家的环境商品趋势。 通过从海外进口和销售在小企业中进入环境业务, 成功的概率很高。 还可以创建一个专门处理环境问题的贸易公司。

2018年12月18日火曜日

ダイオキシン血中濃度、距離で差なし 1999.12.15

厚生省が廃棄物焼却施設の近くに住んでいる人と遠くに住んでいる人の血液中のダイオキシン濃度の差について調査。宮城、横浜、大阪、島根の4地域での調査の結果、周辺2キロメートル以内に焼却施設があるグループ平均で1グラムの脂肪あたり26.1ピコグラム、周辺3~5キロメートル内に施設がないBグループは同24.4ピコグラムで大きな差は見られなかった。

京都議定書の「早期発効」を採択 1999.11.15

ドイツで開かれた気候変動枠組み条約第5回締結会議が11月5日に閉幕。京都議定書の「早期発効を目指す」などの決定を採択したが、EUや日本を含む多くの国が「遅くとも2002年の発効」を提唱したのに対し、米国は「途上国の排出抑制の参加が保証されるまでは批准しない」との立場。また排出権取引など「柔軟性措置」については、決定期限となる次回会議まですべて先送りされた。

オゾンホールが北海道に移動 1999.11.15

国立環境研究所と名古屋大学の共同研究で、北極上空のオゾンホールの一部がちぎれ96年春に北海道上空へ南下していたことが気球観測によりわかった。北極周辺の気流は不安定で、しばしば一部がちぎれて中緯度地域に移動することがあるというが、オゾン層破壊が日本上空で数値的に確認されたのは初めて。今後もこうしたオゾンホールが日本に到来する可能性は高いとしている。

魚介類でダイオキシンの3倍のPCB検出 1999.11.15

98年度に厚生省が魚介類や肉類、野菜などを36種類197検体でダイオキシン類を調査。魚介類に含まれるコプラナーPCBの平均濃度がダイオキシンより約3倍高いことがわかった。60年代に国内で使用されたPCBが海に流され、蓄積されていたと見られる。ススキでは、ほかの魚に比べ20~85倍の濃度でダイオキシン類が検出されたものもあり、その9割がコプラナーPCBだった。

有機スズ系船底塗料、使用禁止へ 1999.12.15

国際海事機関の総会で、有機スズ系船底塗料の使用を全面禁止する条約を策定することが合意に至った。採択した決議は、1有機スズ系船底塗料を2003年以降は新規塗布禁止、2008年以降は塗布した船を全廃することを盛り込んだ条約の制定、2環境負荷の少ない塗料の開発、使用推奨など。条約採択のため2001年に国際会議を開催することなどが決定された。

2018年12月17日月曜日

粉じんが温暖化を抑制 1999.12.15

気象庁の予測実験で、化石燃料などを燃焼することで発生する大気中のエアロゾル(浮遊粉じん)が、太陽光を遮り地球温暖化を抑える寒冷化効果は70で約0.3度C,100年で約0.4度Cになることが分かった。エアロゾルは発生源付近に多く分布するため、北半球中緯度地域で濃度が高くなり、日本付近は100年で1度C以上の寒冷化効果も認められた。

遅れるフロンガス対策…。

<オゾン層対策、遅々として進まない…>

食品会社やスーパーマーケット、飲食店の業務用冷蔵庫等の他、ビルの空調設備の冷却用触媒として使われているフロン(クロロフルオカーボン類:CFC類)回収が進まない。フロンは二酸化炭素に比べ数100~1万倍の温室効果ガスがあると言われている。国連・気候変動枠組み条約第24回締結国会議(COP24)で、地球温暖化の国際的枠組み「パリ協定」の実施指針にあたり、日本では再びフロン対策がクローズアップされている。

●フロンガスとは
1970年代半ば、人工的に作り出された物質フロンガスがオゾン層を破壊していることが究明された。オゾン層は地上20~30㎞の成層圏に存在する。太陽の日光に含まれいる紫外線をカットするカーテンのような役割を果たしている。この紫外線は、至って有害で、直接あたってしまうと、皮膚ガンや白内障・失明、免疫低下によるエイズなどのウィルス性の病気にかかりやすくなることがわかっている。さらには、生物細胞の遺伝子(DNA)にも影響がある。現在、世界中で皮膚ガンや白内障にかかる人が増加し、日本でも7倍に増えている。20年後には、オゾン層は2/3が減少。最悪の事態になると言われている。一方、オゾン層破壊は、地球温暖化においても、大きな環境問題のひとつだと指摘されている。オゾン層破壊の元凶であるフロンガスについては、かつてはエアコン、冷蔵庫、スプレーなどに使われ、大気中に大量に放出されていた。 フロンガスは地上付近では分解しにくい性質をもっているため、大気の流れによって成層圏にまで運ばれると、フロンは強い太陽紫外線を受けて分解し、塩素を発生。この塩素が触媒として働きオゾンを次々に破壊する。ちなみにオゾン層を破壊する物質には、フロンのほかにもいくつか存在。消火剤に使われている ハロンなどの物質が放出する臭素によってもオゾン層が破壊されている。

●フロンガスの国内外の取組みについて
フロンガスは、人体に著しい影響を与え、一方で温暖化による自然破壊に寄与している。どちらにしても果てしない欲望の産物として登場したものだが、そのフロンを放置したままって訳にはいかないのだ。1974年にフロンによるオゾン層破壊の可能性が指摘された後、日本を含め先進国は、生産能力の凍結や使用の段階的禁止などの処置をとりました。そして、国際的な議論が活発になり、80年代後半には、国際条約や議定書が定められ、多くの国が締約した。1953年「オゾン層保護のためのウィーン条約」(締結国172カ国とEU)、87年「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」の締結。その後、規制物質の追加や規制スケジュール等の検討、改正が加えられた。国内では、フロンの回収・破壊に関しては、1990年代の後半には手引きやプログラムがつくられた。1988年5月オゾン層保護対策を進めるための法律として「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律」が制定された。同法によって、日本におけるフロン類の生産量・消費量は削減されたが、これまでフロン類を使用していた機器が廃棄される場合のフロン類の回収・破壊については、地方自治体や業界の自主努力によって行われており、処理についての法的なシステムはなかった。このため、大部分のフロン類は、大気へ放出されていた。これを解決するため、制定されたのが、この法律である。98年公布の「特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)」では、家庭用冷蔵庫およびエアコンからの冷媒フロン回収を義務づけられた。2001年公布の「特定製品に係るフロン類の回収破壊、及び実施の確保等に関する法律(フロン回収破壊法)」では、業務用冷凍空調器とカーエアコンに使用されている冷媒フロンを大気中にみだりに放出することを禁止し、機器の廃棄時における冷媒フロンの回収と破壊を義務づけられた.その後時を経て2015年4月に「フロン排出抑制法」が施行されるも、遅々として進展ナシ。地球温暖化についても、他の温室効果ガスの排出量が減少する中、フロンガスだけは年々増加、その対策が課題になっていたのだ。


●フロン対策に係るビジネスチャンス拡大
高知工科大学の中根英昭教授(環境科学)は「罰則適用の強化だけでなく、温室効果の少ないフロンの開発や、代替物質の活用も重要だ」と。フロン罰則逃れではないけれど、各企業の代替品の開発については進展している。フロンとはまったく別の種類の物質を使った冷媒や発泡剤、洗浄剤の開発も進められいる。例えばアンモニアを冷媒とする大型業務用冷蔵庫は昔ながらのアンモニアの利用が考えられるが、アンモニアには毒性や可燃性があり、家庭用冷蔵庫への使用には問題があるので、代りにプロパンやブタンなどの炭化水素を冷媒とするものが研究開発されている。炭化水素。可燃性だが、家庭用冷蔵庫では充填量も少ないので、問題はないらしい。すでに欧州では炭化水素を使う家庭用冷蔵庫がかなり普及している。日本のメーカーも2002年から生産・販売を開始している。炭化水素のエアコンへの導入についても研究開発中だ。ドイツでは販売が開始されている。不燃性の二酸化炭素は理想的な冷媒だが、外気温が高い環境では冷媒作用がないと言う難点あり。しかしカーエアコンなどに利用しようという研究開発が進む。一方、冷媒を使わない冷凍システムも水素吸着合金の「水素を吸収すると熱を放出し、水素を放出すると熱を吸収する」という性質を活かしたMH冷凍システムもそのひとつの試みなのだ。また、電子素子をシステム化。「2種の金属の接合部に電気を流すと、一方の金属からもう一方の金属に熱が移動する」というペルチェ効果を利用したシステムで、静かなのでコンピュータのプロセッサの冷却や、ホテルや病院の小型冷蔵庫、ワイン専用の冷蔵庫などにすでに使われている。発泡剤については炭化水素や二酸化炭素、水への転換が一部実用化しているし、噴射剤については特殊な用途を除いて炭化水素(液化天然ガス:LPG)に転換されている。洗浄剤については水等が使用されている。環境負荷の改善をミッションとする環境ビジネスは「環境の世紀」21世紀にはニーズが高まるばかりなのだ。

自動車でGPNがガイドブック 1999.12.15

グリーン購入ネットワーク(GPN)が「商品選択のための環境データブック-自動車編」を発行した。国内主要メーカーの9社の466車種を掲載。環境情報は燃費、CO2排出量、排ガスレベル、騒音レベル、カーエアコンの冷媒の種類と量、鉛使用量の削減レベル、リサイクル設計の取り組み、再生材の利用状況、標準価格、重量など。価格は1部1000円(税込み、送料別)。

Eco-friendly hotels are on the increase 2

●A variety of environmentally friendly services.

It is said that the environmental and health efforts of the Japan service industry are far behind compared to the West. There are only seven hotels that have been certified as Eco Mark. However, unrelated accommodations that are not livery the official ECO Mark certification are rapidly attracting attention. The accommodation has been born in various places to take the eco-trend and to put the foot on a sustainable management. In the hotel opened in the center, you can set a lot of greening area on the site, the use of old wood beds, recycled bicycles, and food loss to reduce the amount of ingenuity (devised to put out without peeling the organic carrot) and various. At a hotel in Kawasaki City, a disposable toothbrush and other waste plastic is made into solid fuel, and the electricity is taken out from there, and the story served about 30% of the power consumption of the hotel. Among the guests, "I would like to support such management, whether it is an effort to devise environmentally friendly in the place where there are a lot of inn which tries to attract customers by price competition on TV. It is not to be overlooked that the voice of "green living person" who says "it wants to contribute to the society to the extent that I can do is increasing".

●Creation of a new business on the axis of the environment. 

The US-Trump Republican regime's decline in environmental policy has continued to recede. In a CBS News interview on December 14, Trump said, "I don't know if climate change is due to human activity. I don't want to rob millions of jobs, like the coal industry. The LDP Abe administration is also akin to keeping pace with playing cards. The main theme of environmental issues is to use the phrase "realizing a sustainable society" as a word that inflame the traditional GDP (gross national product). However, it is the beginning of the development of the eco current and the new work for smart people and the industry as the action of this eco-hotel no longer. Environmental business is nothing more than a new business development on the axis of the environment.

染料敏化太阳能电池 1998.12.15

染料敏化太阳能电池正在西方和澳大利亚积极研究, 作为下一代太阳能电池的最爱, 这些太阳能电池掩盖了目前主流硅基太阳能电池的弱点。 结构是听到两个导电玻璃电极, 一个是氧化物半导体的二氧化钛薄膜, 一种叫做锆配合物的染料, 布约依次将氧化还原电解质溶液主要由碘组成, 光通过光电化学反应转化为电能的三层问题。 使用敏化染料吸收可见光, 多孔二氧化钛捕获的电子, 光击中苍蝇。 瑞士设计了一个基本结构, 洛桑理工大学的格雷斯切尔教授1991年实现的转换效率约为 10%, 但瑞士联邦技术研究所, 研究与发展, 德国马克斯·普朗克研究所联合研究小组采用有机材料部门, 有效地将正电荷传递到电解质, 从而将转化效率提高到33%。 将电解质溶液的密封到实际使用, 虽然在功能维护措施等技术问题上留下了, 但在这两种主要原料都价格低廉之后, 由于没有必要也需要采取非价制造设备, 估计可以以每瓦70日元左右的价格生产, 已经材料部门, 它吸引了汽车等相关制造商的期望。

環境配慮型商品(環境商品)の始動 1999.12.15

来年の秋以降、環境配慮型商品(環境商品)がいよいよブレイクしそうな気配。その背景には環境商品のアイテム数が豊富になったことと同時にデザイン、品質、価格の面において市場で十分勝負できるようになったからだ。さらに大きな要因として環境配慮を念頭においた消費行動をとる消費者が確実に増えていることだろう。

環境配慮型消費行動の先鞭をつけたのがグリーン購入ネットワーク(GPN)。各企業、自治体などが環境商品の優先的な購入と普及を目的とした組織で現在1983団体がグリーン購入を推進している。その加入団体以外にも独自の基準を設けてグリーン購入を図る企業も増えてきた。一方、市民サイドの動きも見逃せない。大都市においてかつての消費者運動の団体がグリーンコンシューマ〇〇ネットという名称で環境商品支持を掲示し、環境商品の普及に乗り出している。そうした動きに呼応して今、各地に環境商品を扱うエコショップ(専門ショップやスーパー、百貨店などにコーナーの設置)が各地に誕生している。また東京商工会議所の他、通信販売会社では環境商品をインターネット上で紹介している。

消費者のそうした環境商品への関心が高まるとともに、従来は環境商品のメーカーは主に中小企業だったのが、大手メーカーサイドもその商品化に動き始めた。先行している文具メーカーの他、最近では大手家電メーカーも「情報通信」、「福祉・介護、健康」と並んで「環境、生活」分野の取り組みを始めた。

グリーンコンシューマは100人中4~5名といわれ、まだ主要な買い手にはならないが、環境商品が私たちの日常生活の必需品の一部として流通しはじめた意義は大きい。さらにノベルティ商品の中に環境商品が次々と登場している。「おしゃれでかっこいい」環境商品の出現も時間のモンダイ。

2018年12月16日日曜日

Six factors for successful eco business 1999.10.15

Among the major companies, the company has expanded its share of the environmental business market by shifting its accumulated technology to the environment business from early on. It can be said that the business change by the foresight of management top and the idea of the environment consideration enjoyed pioneer profit if it says. However, even in the late-class environment business, there are now business opportunities all over the industry, and the number of successes in the entry case is considerable. Some of the unchanged have succeeded in rebuilding the business of the environment by environmental businesses.

When we look at the success stories of the environmental business, there are some similarities can catch.

1) The motivation and purpose of entry into the environmental business are backed by strong environmental considerations such as improvement of environmental impact. 
2) The idea of environmental business on the extension of remedying. For example, when launching a recycling business, the idea is not to commercialize recycling but to commercialize a remedying business. The case of making use of smelting technology to advance to the consumer electronics recycling field.
3) Conduct marketing research to understand the needs of the market. 
4) Conduct business development at the same time as technical development. We need to make a system to take advantage of technology. The technology does not move if the recycling technology is not established even if the recovery route and the recycle system are made.
Comprehensive management capabilities including system construction are questioned.
5) Introduce appropriate technology and business to meet the local community. 
6) Ability to read policies and measures. Matching by collaborative research in the entry of public works. 


Other factors include: 1) companies and Corporations-Consortium, 2) companies and administrations-PFI (Private Finance Initiative), 3) companies and universities-technical grants or alliances with industry-academia collaboration, 4) companies and public research institutes, etc.

省エネなんて聞いて呆れる…。

<省エネなんて聞いてあきれる…>
◉今年もLEDを光源とするイルミネーションが全国各地の夜を飾っている。その数なんと、なんとLED十数億個と聞くけれど。省エネ効率高いLEDもこれだけ使えば、大変な電力消費量だ。


The future of solar power 2

● From the new photovoltaic power generation business to the maintenance and management business. 
Many business offices are trying to change the risks of these solar power generation businesses into opportunities. In the maintenance and management of the fixed-price purchase system, the company has established a new business center for the development of the existing photovoltaic power generation business, and has been able to convert to the support business of the operation, maintenance, and management To develop more efficient products and systems. The venture, which is a small drone business, intends to use drones to create new businesses for the maintenance and management of solar power plants. 

● Energy basic Plan will have a positive effect.
The energy Basic Plan is a new "energy basic Plan" that the government has put out that can become a further tailwind in the future solar power generation business. In this regard, we have decided to accelerate the spread of solar power generation in the medium and long term by positioning the re-energy as the "flagship power supply" for the first time. The goal is to increase the rate of 15% in fy2016 to around 22 to 24% in FY 2016 for renewable energy ratios (including hydroelectric power generation) in all power supply. I hear that it is a big reason why the re-operation of the nuclear power plant does not advance slow. Looking overseas, the International Energy Agency (IEA) said that two-thirds of the world's increased power generation in 2016 accounted for renewable energy such as solar power and wind power. China, the United States, and India are projected to increase to 43% over the next five years.

* According to a new report from the Solar Energy Industries Association (SEIA), the ratio of solar accounts will be 55% of all US electricity so far in 2018.

https://www.businessinsider.com/more-solar-power-than-any-type-of-electricity-2018-6

2018年12月15日土曜日

【要点在这里】回收矿园概念 - 秋田县的城市说 2001.02.20

回收矿利用世界各地矿山和冶炼厂的场地、设施和技术, 以新的商业和废弃电器作为 "现代矿石", 以环境为价值感, 并以稳定的资源供应来协调环境  回收矿园 - Recycle Mine Park(RMP) 的概念终于成为一个有经济激励的企业。

"灯光又照亮了山。 这种光不应该被抹去”, 秋田县的城市说, 那里的矿山小镇工作再生。 在该矿镇, 持续回收汽车废料电池、碎纸机灰尘和电线废料中的有色金属 (如铅、铜和锌), 该矿已开始刮起强风。 立法是对四种家电项目的回收方法, 或除汽车和消费电子产品四种产品外的四种电子设备的回收利用。 有各种各样的好处, 如废旧产品是否适合回收利用、资源回收、有效利用焚烧能源以及防止重金属污染。

这个问题的经济价值很大。 在回收厂的建设和运营中, 现有的设施和采矿技术可以原原厂利用, 成本低就可以了。 新工厂的八分之一价值50亿日元。 而且, 与动脉系统制造商的回收厂不同, 在熟悉静脉后能够发展业务也是一个优势。 今后, 它将被复制为静脉产业的核心, 创造就业将成为支持本区域潜力和以循环社会的产业结构的试点业务的关注。

【要点在这里】森林保护业务 2002.01.20

森林保护业务有可能扩大这一基础。 正如它所说, 家林是一片废墟。 森林的破坏, 如忽视、无照料伐木, 以及森林管理在眼睛中的明目张胆。 背景中对森林企业进行了极大的误判。 木材和阀门是由外国以低廉的价格供应的, 森林生意不可行, 被毁。 然而, 似乎能够建立成为具有经济激励的企业的微弱光线开始出现在森林企业中。

有几个原因。 首先, 绿色国内生产总值已开始将环境要求纳入国际经济指数 (国内生产总值)。 例如, 如果我们砍伐森林并将其出口到海外, 国内生产总值就会上升。 土壤流失和森林毁灭对生态系统的破坏以及二氧化碳的增加的代价并没有出现在 GCP 中。 考虑到对这一环境的负面影响, 这是对传统国内生产总值的重新思考。 此外, 基于 ISO14000 的森林认证制度, 如森林养护, 用于在排放交易系统中抑制二氧化碳结。 如果你读到这样的国际趋势, 就不可能像以往那样要求国外的廉价森林资源。 因此, 有效利用国内森林是不可避免的。

如何给经济、人力资源等稀缺的森林企业注入活力? 作为这位支持者出现的是具有管理能力的建筑和土木工程相关业务。 森林管理试验, 包括新的经济激励措施, 如森林养护和配套管理, 以及木材废料的回收利用、促进建筑材料的建设和排放交易。 除了一个项圈, 什么也没有, 把埃里莫角变成了一片富饶的森林, 重新获得了富饶的大海, 这是海带角渔民埃里莫的话。 "仅仅因为我们是渔民, 并不是我们只想到海洋, 而是海洋粗糙, 海洋粗糙。 我认为这从头部的核心。 我希望它成为这个企业的起源。

グリーンGNPは縮小中…。

<景気拡大だなんて…>

大いにモンダイ、変だぜ!
期間重視の中身のない「イザナギ景気越え」とかGNP(国民総生産)拡大とかはしゃいでいるも、数字のお遊びしかない…。
ごみ問題や自然破壊の拡大が増大するばかりなのだ。
グリーンGNPからみるとプラスどころかマイナス拡大中…で深刻な数字が出ていることを。

The market size of the environmental industry 920,000 milion USD in the past maximum 2018.07.17

The market size of the environmental industry in 104,219,900,000,000 yen, the report released on June 19, 2018 reported that the domestic environmental industry in FY2016 was estimated to be 104,219,900,000,000 yen (920,000 milion USD, up 3, 6% YoY), and the size of employment Increased by 2 ・ 6% to about 2.6 million people and the largest in the past. Compared with 2000, the ratio of the environmental industry in all industries increased by approximately 1.4 times, from 6, 1% to 10, 4% in 2000.The impact of Japan on economic growth is growing. The definition of the environmental industry is divided into the following four fields, "supplying products and services, contributing directly or indirectly to environmental protection and resource management, and contributing to the realization of a sustainable society".

(1) Prevention of environmental pollution.
(2) Measures against global warming.
(3) "waste disposal and effective use of resources".
(4) "Conservation of the natural environment". 

The market size was increased by 8% to 49,623,400,000,000 yen compared with the previous year (1). On the other hand, 33,258,700,000,000 yen (2), which has been towing the expansion of the environmental industry in recent years, declined by 2%. (3) 12,746,400,000,000 yen, down 0 ・ 2%. But (4) increased by 4% to 0% to 8,592,200,000,000 yen. 

Exports amounted to 11,313,300,000,000 yen, down 7% to 1%, and imports were estimated at 3,892,400,000,000 yen, down 3 and 6%. This report is also the main public demand, private demand, and small and medium-sized companies are not able to be denied that the survey has not reached, but the environmental industry of this country is steadily growing steady first of all. The expansion is expected in the third industrial sector, mainly in the service industry, the field for the purpose of securing energy and resources, and consumer goods and living items. The golden rule of the success of the environmental industry and business is the foundation of entrepreneurship on the extension line of our core businesses.

2018年12月14日金曜日

Green comsumer in Japan - from accusation to proposal 1998.03.15

The "boycott movement" was always at the root of the movement of the consumer group. However, a big change has occurred to the movement recently. By withdrawing the conventional boycott movement, the direction of intentionally buying environmentally friendly products (environmental products) has come out instead. It is the birth of a full-fledged green consumer.

The meaning of the conversion of this movement is large though it is the one which does the same current from "accusation type" in the environmental preservation movement to "proposal type". The standards for consumption behavior are being carried out by local consumer organizations.

For example, 

(1) the possibility of recycling.
(2) Possibility of environmental impact.
(3) safety.
(4) Use it to last longer. such as is the basis of the purchase.

These movements are reflected in the manufacturing of environmental products manufacturers and are the trigger to produce products with high environmental efficiency. On the other hand, it is a small and medium-sized company specializing in the environment business which offers many of the "sell" environmental products in the market now. Most of the companies have managers who have the idea of improving the environment. The delivery of the hit product is born only if there is a commitment to the environment, but there are not a few points to reflect on here. The management said, "There were so many products that only one agony product development was forgotten, and the business development with the needs of the market was kept in mind.

It came to be able to do the product planning that both sides finally matched. " The environmentally conscious consumer behavior of these products and the manufacturing and market research that complies with the environment of the selling side make the market of the environmental commodity a qualitative change and expand it. The environmental business market escaped the "cradle period" and entered the "growth period". On the other day, the environmental business Fair, held by 75 small and medium-sized companies in Tokyo, has further increased the items of environmental products reflecting the needs of the market. As a result, the good performance of the source company continues.

【要点在这里】生态城(ecotown)业务 2002.06

"通过支持发展以私营企业为中心的领先回收设施, 生态泰的业务将继续积极发展, 作为一项国家政策, 以支持创建零废物城市, 并促进环境产业成为一个新的产业。 生态城镇业务将显示今年经济产业省环境预算分布的最大增长率。 今年, 去年增长了13亿日元。 以 "资源回收补贴" 为幌子, 今年的主要业务是 "对宠物瓶、塑料废塑料、废木等回收设施的补贴"。 过去, 生态城镇业务得到了全国 1 5个地点的认可。 我听说目前有50个地点, 该地区正准备申请生态城镇项目。 今年, 第一个 "富山生态城镇规划" 被经济产业省和环境部批准, 削减顶。 该业务的内容是用于包装塑料、塑料加工和农业中产生的废塑料的回收材料, 以及回收成胸罩材料的材料。 左边是转换为石油的过程。 促进 "混合废塑料回收利用", 该区域在没有废物的情况下使用。 此外, 我们还将建筑垃圾回收成高附加值的建筑材料, 以及当地房屋制造商使用的企业。 当我们看生态城镇业务的轮廓时, 我们将促进向铁路和航运的模式转变, 以建设静脉物流网络, 以及废物和服务回收、医疗废物和 pcb 解毒。 引入自然能源和更多。 未来, 生态城镇业务将加快发展, 实现区域循环型社会。 可以肯定的是, 它将在该地区创造第一个环保企业, 但这个问题能否作为盈利企业继续存在?

最強ボランティア団体って。

私にとって、地に足のついた軸のぶれない最強ボランティア団体だと思うのは、子育てを終えた50代主流の主婦らが参加する団体だ。
参加しているボランティア団体を「我が子を育てあげる気持ちでやっている」なんて主婦らが少なくないのだ。
一方お父さんらのボランティア団体は口先の警告・告発型で、どちらかと言うと「ええかっこしい」の直ぐに空中分解してしまうのが少なくなかった。
そんな印象が強く残っている。今でもボランティア団体を見る時の基準値になっている。
単発的な警告・告発でなくて、継続的なオルタナティブな提案と活動が大切であることを学んだ…。

適地技術 - 地域・分散・等身大 環境ビジネスここがポイント 1999.09.15

資源循環にしろ、自然環境の改善にしろ、これから地域社会での取り組みがますます重要視されてくる。たとえば廃棄物。地域から排出された廃棄物は地域で回収し、再資源化し、地域へ戻していく地域循環が基本だ。それが一番効率的だし、的確な取り組みができる。そうした地域社会での取り組みにおいて、大切なのは地域の特性を活かした制度や技術である。

とりわけ技術においては地域ならではの適地技術が必要である。地域によって取り組みがそれぞれ違えば、そこに活かされる対応技術は違ってくる。いま各地で、そうした適地技術が開発され、地域に貢献して地域の環境ビジネスとして地域の活性化の一翼を担いつつある。廃棄物の適正処理およびリサイクル技術、自然環境の浄化及び修復、自然エネルギー利用、環境共生施設、省エネルギー関連技術などいろいろ。

適地技術の特色を挙げれば、地域・分散・等身大である。言ってみれば地域対応で運転管理、メンテナンスが容易な小規模のローテクである。この分野でのビジネスチャンスは数多く残されている。その糸口になるのが各県や市町村の環境行動計画や条例など。それらを読み込むことが事業開発のヒントになるケースが少なくない。そして事業開発に連動した技術開発には地域の大学から技術移転したり、技術提携することがこれからのトレンド。産学官連携による地域の環境産業への創出へと向かう。結果として地域の資源循環、環境改善に役立つ。

2018年12月13日木曜日

A city mine (urban mine) is a treasure trove of rare metals... 2

“The way of recycling rather than foreign resource acquisition”

Smart the road of recycling than the acquisition of resources overseas-the gold contained in the phone and game consoles, etc. is 0.3%. On the other hand, it is said that the amount of harvesting from the natural ore 1 ton is 3-5%. The ratio is about 0.0003%. Other metals with high depletion are also gradually decreasing. The reason is that the ore with a lot of content is decreasing because it takes too much. Based on the current situation, eyes are on the effective use of urban mines where the amount of sampling is reliable. Moreover, it leads to the prevention of the pollution and the health damage of a local resident by the harmful substance to the environment by a large-scale mining, and the hazardous material at the time of harvesting. 


But hear the voices of Shing from the industry and some of the scholars. "Natural ore cannot be won in terms of cost". As a matter of fact, technology to lower the recycling costs of gold and silver and other rare metal recoveries is advancing rapidly. In the environment business, "recycling is a manufacturing industry with waste materials" and from the point of view, there are few successful cases where metal recovery from urban mines is a business. As a guide of Yokohama Metal, Tanaka Precious metals has expanded its base in earnest.

Urban mining is reusing, recycling and rebuilding raw materials from (the electrical and electronic waste of) the city.

Regional, distributed and life-size - strategy for circular economy 1999.09.15

In the future, efforts in the local community will become more and more important to the resource cycle and the improvement of the natural environment. For example, waste. Waste discharged from the region is collected in the region, recycled, and the regional circulation that returns to the region is basic. It is the most efficient and can do the proper work.

In such a community, the important thing is the system and the technology which makes the best use of the characteristic of the region. Especially in the technology, suitable suitability technology of the region is necessary. If each effort is different depending on the region, the corresponding technology to be utilized there will differ. Such suitable suitability technology is developed in various places now, and it contributes to the region, and it is playing a part of the revitalization of the region as an environmental business in the region. Various types of waste disposal and recycling technologies, natural environment purification and restoration, natural energy utilization, environmental symbiosis facilities, energy-saving related technologies, etc. 

The characteristics of suitable technology are regional, distributed and life-size. It is a small low-tech that is easy to manage and maintain in regional correspondence. There are many business opportunities in this area. The each province and municipal environmental action plans and ordinances are the clues. There are a few cases where it becomes a hint of business development to read them. The trend in the future is to transfer technology from a local university to technology development linked to business development. Toward the creation of regional environmental industry by industry-academia-government collaboration. As a result, it helps to circulate resources in the region and improve the environment.

Dye-sensitized solar cells 1998.12.15

Dye-sensitized solar cells are actively being researched in Europe and the United States and Australia as a favorite of next-generation solar cells that cover the weaknesses of the current mainstream solar cell. The structure is to hear two conductive glass electrodes, a thin film of titanium dioxide is an oxide semiconductor, a dye that is referred to as ruthenium complexes, the oxidation-reduction electrolyte solution mainly composed of iodine buyeo in order, the light is converted into electricity by the photoelectrochemical reaction of the three-layer question. Using a sensitizing dye to absorb visible light as much as possible, a porous titanium dioxide captures the electrons that light hits the fly. The basic structure of the Switzerland MP was about 10% of the conversion efficiency achieved in 1991 by Prof. Greg of the University of Technology at Lausanne, Switzerland Federal Institute of Technology, Research and development, The Joint research group of the Max Planck Institute of Germany increased the conversion efficiency to 33% by adopting a positive charge to the electrolyte efficiently. Sealing of the electrolyte solution to practical use, although the technical issues such as functional maintenance measures are left, after both the main raw material is inexpensive, because it is not necessary also takusaivalent manufacturing equipment, it is estimated that it can be produced at about 70 yen per watt, already material department, It attracts expectations of related manufacturers such as automobiles.

【要点在这里】废物是 "第二资源" 或 "流通资源" - 资源服务公司业务 2000.07.15

在废物回收中, 作为废物协调 (中介和中介) 工作的新业务被认为是一个很有希望的业务。 它是一种将从每个营业场所排出的废物作为有价值的材料提供给每个必要的商业场所作为资源的服务。 此外, 还要求它确保必要的废物以及收集这些材料的情况。 当我们考虑到一个有限的资源问题时, 将这些废物作为资源联系起来的企业正在为每个行业建立。 海上的互联网网站可以看到以前的废物交易的例子。 认为废物是 "第二资源" 或 "流通资源" 是常识。

在以往的饮食中, 颁布了五场循环法, 从回收社会的基本立法入手。 预计它将成为有效利用废物的经济激励措施。

随着利用各种经营活动中排放的废料作为资源的理念的推进, 科学的回收利用方法, 以及供需的精确匹配, 作为一个新的业务的扩张, 并不是一个传统的废物处理行业。 这种商业模式的出现, 开始在发展区域循环社会和振兴各地地方工业方面发挥作用。

跨公司的废物回收集群可以降低个别公司的废物处置成本, 也可以通过利用废物降低生产成本或利润。 由于维珍资源未来的价格上涨是预测的, 废物回收不仅是资源和环境的考虑因素, 也是管理战略的一个重要问题。 因此, 废物协调员获得了一个重要的位置。 在能源领域有一个 ESCO 业务, 但最好有一个广义的Resource Service Company(资源服务公司)业务, 包括废物协调。

【要点在这里】弃轮胎的热回收利用 新日本製繊広畑製鉄所 -2001.06.20

不用说, 废物可以通过带来的地方来支付, 这些钱可以作为有价值的东西来支付。 最近, 它被当作一件有价值的东西进行了交易, 钱出来的案子出来是根据浪费的种类支付了这笔钱。 例如, 废轮胎就是这样。 至于热回收, 在引进水泥高中 (用于水泥燃烧) 时, 每瓶40至60日元的加工成本。 当它被带到钢厂时, 就会被当作有价值的东西买下来。

在此背景下, 1999年2月在新日本製繊広畑製鉄所的废旧轮胎投入炼钢燃料的新回收工艺示范运行, 随着操作的全面转变, 对废旧轮胎的需求增加。 顺便说一下, 钢厂安装了切割轮胎输入设备到铁水制造设备, 作为还原剂, 如废轮胎中含有炭黑, 铁漏斗用于熔融金属原料, 合成橡胶是气化炉和吹气。 这将同时加速废弃轮胎的热回收利用。

然而, 废物循环利用是回收利用的最终手段。 当我们考虑资源的有限特性时, 我们要强调材料的回收和再利用。 一般情况下, 废弃轮胎的回收利用率为 36%, 热利用率为51%。 除了再生橡胶和修复轮胎, 材料, 如路面材料和垫子。 剩下的则出口到东南亚作为使用的轮胎并且使用。 为了使材料回收传播, 假定在回收产品的市场方面, 价格、质量和外观与传统产品相同或优于传统产品。 另一方面, jis 的标准化也很重要。 否则, 废弃轮胎必然会被焚烧原理的浪潮吞没。

2018年12月12日水曜日

Six laws concerning circular economy 2000.10.15

Since the establishment of the "Basic Environmental law," which is said to be the constitution of the Environment in 1993, the Law for environmental laws has been steadily underway, and the following six laws have been enacted in the normal diet.

①The Basic Act on promotion of recycling-oriented society (enforced in June 2006).
②The Amended Waste Treatment Act (Ministry of Health and Welfare in April 2001).
③Effective use of resources (environmental agency, Ministry and Ministry of Health and Welfare in January 2001).
④Building Materials Recycling Act (Ministry of Construction in November 2000).
⑤Act on the recycling and promotion of food resources (Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries in April 2001)
⑥Green Purchasing Act (Enforcement of the environmental Agency in April 2001). 

The ordinance of the municipality is newly institutionalized, and it is revised. Both trends are closely related to the business opportunity of the environmental business or the construction of an environmental management system, and the factors that make major changes.

Therefore, it is important for each business operator to understand the contents of the necessary laws and to constantly check their movements. Then, there is the use of the internet first of all how to obtain it. We examine public information such as the Council of Environment-related councils, examination sessions, and research meetings of ministries. Other information by newspapers and magazines, national and local libraries, etc. The Official Gazette, the guidance through economic organizations (industrial associations, the Chamber of Commerce, the Chamber of Commerce, etc.), and briefings by government agencies (prefectures and municipalities) are effective as sources of information. 

On the other hand, we want to use the latest version of laws and regulations related to environment. It is convenient because it is replaced when the statute collection of the addition type is revised. In addition to domestic regulations, we also want to watch the laws of developed countries. Since the legal system of this country is followed by a lot of developed countries, it is possible to advance ahead and advance the dominant approach by catching information from developed countries at an early stage.