2018年10月16日火曜日

環境ビジネスここがポイント 2002年3月

環境に準拠したニュー公共事業への転換によって新たな環境ビジネスの視界が開けてきた。社会資本整備を目的とする公共事業は時代の政策テーマに対応した施策・事業によって変わる。従来の公共事業といえば、一律的な道路、橋、湾港、漁港、空港など産業基盤整備、下水道、住宅、こうえん、廃棄物処理施設などの生活基盤整備、治山、治水などの防災基盤整備などが挙げられるが、時代の変化によって、昨今では物流の効率化に資するものや、少子・高齢化社会に対応した街づくり・地域づくり、高度情報通信社会の基盤整備などへ優先シフトされている。

来年度の国の重点政策のテーマの一つは「環境」である。その他の「循環化社会の構築」「都市再生」「地域活性・まちづくり」などのテーマの中に環境配慮からの発想が散見できる。たとえばダイオキシン類対策、建築構造物の長寿命化、屋上緑化、低公害車の普及、エコタウン事業などがある。従来型の産業、生活、防災の社会資本整備も環境配慮が基軸となりつつある。道路や港湾整備には環境配慮によるエコ・ロードやエコ・ポート、国民の生活に直結した施設にはリサイクル施設や環境学習センター防災整備分野においても多自然型河川づくりや森林保全などいろいろ。さらに将来的には資源循環、新エネルギー、自然環境の保全などに関わる社会資本整備に伴う公共事業の創出も必須である。

従来の単なる景気対策、利権がらみ、効率性より投資量が重視され、また、環境破壊の急先鋒の役割を果たしてきた公共事業は見直され、逆に環境財という公共財の創出こそが将来世代の高い事業として求められる。将来世代の持続可能な社会の実現に向けての公共事業はいよいよ拡大の一途をたどるだろう。事業のパイが減少している土木・建設業にも事業チャンスはたくさんある。

2018年10月15日月曜日

エコマテリアル(環境素材)N夜光(ルミノーバ)

エコマテリアル(環境素材)
素材そのものが利用する時に環境に負荷がかからない、あるいは素材が環境改善に役立つ機能を持つエコマテリアル(環境素材)開発は日本が世界を牽引していると言っても過言ではないだろう。今回紹介するのはコレだ。

●N夜光(ルミノーバ)
従来の夜光顔料には「自発光性」と「蓄光性」の2種類がある。前者は放射線によって一晩中発光可能だが、放射性物質が含まれているので用途に制限があり、生産や廃棄にも厳重な管理が必要。一方、後者は放射性物質が含まないが、長時間発光が困難で実用的ではなかった。今注目を浴びているN発光は放射性物質不要、しかも長時間発光を可能にした。アルミナ酸塩化合物を主成分に希土類元素の賦活剤を添加焼成という特殊な製法で製品化に成功した。このN発光の特長は①暗闇での長時間発光②残光、輝度が従来の10倍③照射する光が強いほど光る④耐光性に優れ屋外使用も可能⑤化学的安定性が高い⑥光が遠くまで届く⑦人と環境への負荷が少ない等が挙げられる。現在、日用品、時計、自動車、野外用品等用途開発が進む。根本特殊化学が世界に先駆け製品化して、世界シェア約80%を占めている。

2018年10月14日日曜日

生态材料 (环境材料) Luminova

生态材料 (环境材料) 开发的生态材料 (环境材料) 不承担环境的负担时, 材料本身的使用或材料是有益的改善环境不会夸张地说, 日本领导世界。 这是我这次介绍的。


-n 发光 (Luminova) 传统发光颜料, 有两种类型的 "自发光" 和 "磷光"。 前者可通过辐射夜间发射, 但由于含有放射性物质, 对其应用有一定的限制, 在生产和处置中必须严格管理。 另一方面, 后者不含放射性物质, 长期排放不难, 实用性强。 目前引起人们注意的 n 排放物不是必需的放射性物质, 但它已经能够很长时间地发光。 该氧化铝化合物成功地商业化, 在一个特殊的过程中加入煅烧稀土元素的主要成分。 这种 n-发光的特征是①黑暗中长亮的②残余光, 亮度是一种传统的10倍③光强, 足以发光④抗户外使用也可能⑤化学稳定性高⑥光低, 如负载对⑦人和环境的影响远达。 在日常用品、钟表、汽车和户外用品方面的应用正在取得进展。 基础特殊化学是世界上第一个商业化的行业, 占世界市场份额的80%。

Öko-Materialien (Umwelt Materialien): Luminova

Öko-Materialien (Umwelt Materialien) die Entwicklung von Öko-Materialien (Umwelt Materialien), die die Umwelt nicht belasten, wenn das Material selbst verwendet wird oder das Material für die Verbesserung der Umwelt nützlich ist, wird nicht übertrieben sein zu sagen, dass Japan die Welt führt.


Das Stelle ich dieses Mal vor. -n leuchtenden (Luminova) konventionellen leuchtenden Pigmenten gibt es zwei Arten von "spontanem Licht" und "phosphoreszent". Ersteres kann über Nacht durch Strahlung emittiert werden, aber weil das radioaktive Material enthalten ist, gibt es eine Beschränkung auf die Anwendung, und es ist notwendig, es in der Produktion und Entsorgung stark zu verwalten. Auf der anderen Seite enthält Letzteres kein radioaktives Material, lang Zeit Emissionen waren nicht schwierig und praktisch. Die n-Emission, die jetzt Aufmerksamkeit erregt, ist kein radioaktives Material erforderlich, aber Sie konnte schon lange Leuchten. Die Aluminium-Verbindung wurde erfolgreich in einem speziellen Prozess der Zugabe von Kalkulation von seltenen Erden-Elementen in die Hauptkomponente kommerzialisiert. Charakteristisch für diese n-Lumineszenz ist das lang leuchtende ② Restlicht in ① Dunkelheit, die Leuchtkraft ist ein konventionelles Zehnfaches ③ Licht ist stark genug, um zu glühen ④ Beständigkeit gegen den Außeneinsatz ist auch möglich ⑤ die chemische Stabilität ist hoch ⑥ Licht ist gering, wie die Belastung der ⑦ Menschen und der Umwelt weit zu erreichen. Die Entwicklung von Anwendungen für den täglichen Bedarf, Uhren, Autos und Outdoor-waren schreitet voran. Die GrundLegende Spezialchemie ist die weltweit erste kommerzialisierte, die 80% des weltMarktanteil ausmacht.

Eco-materials Luminova

Eco-materials (environmental Materials) The development of Eco-materials (environmental Materials) that does not take the burden of the environment when the material itself is used or the material is useful for improving the environment will not be an exaggeration to say that Japan is leading the WORLD.


This is what I introduce this time. -n Luminous (Luminova) Conventional luminescent pigments, There are two types of "spontaneous light" and "phosphorescent". The former can be emitted overnight by radiation, but because the radioactive material is included, there is a restriction on the application, and it is necessary to manage it severely in production and disposal. On the other hand, the latter does not contain radioactive material, long-time emission was not difficult and practical. The n emission that is now attracting attention is not required radioactive material, yet it has been able to light up for a long time. The alumina compound was successfully commercialized in a special process of adding calcination of rare earth elements to the main component. The characteristic of this n-luminescence is the long-luminous ② residual light in ① darkness, luminance is a conventional 10-fold ③ light is strong enough to glow ④ resistance to outdoor use is also possible ⑤ chemical stability is high ⑥ light is low, such as the load on the ⑦ people and the environment to reach far. The development of applications for daily necessities, watches, automobiles and outdoor goods is progressing. Fundamental special chemistry is the first commercialized in the world, accounting for 80% of the world market Share.

環境ビジネスここがポイント 2002年4月

炭酸ガスなど温室効果ガス削減に関わる京都メカニズムなどのグローバルインセンティブを始め、国内の環境関連の政策及び制度的なインセンティブ、各企業の環境マネジメントシステムなどの社会的なインセンティブなどの拡充に伴い、環境ビジネスのアイテムはこのところ急速に増えている。その数ざっと800。そのそも環境ビジネスとは、さまざまな分野での環境負荷の継続的な改善活動に、経済的なインセンティブを与え、その経済効果によって改善活動を促進するものである。つまり改善活動に寄与する財(製品・商品)やサービスを提供するビジネスであり、新たな産業、新たな雇用を促進するビジネスなのである。

各企業の環境ビジネスの事業化の要因として、まず自社の得意分野を活かして製品(装置や商品)やサービスを開発する方法と、もうひとつは自社のもつ既存の製品やサービスを環境配慮型へ変えていく方法がある。たとえば家電製品。Environmental
Conscious Products=環境配慮型製品という考え方に基づいて、LCAの手法を採り入れ、省エネ・省資源などの環境負荷の定量的な評価、解体性やリサイクル性評価等を行い、製品の環境効率や環境性能についての高度化を図ろうとしている。こうした設計段階におけるエコデザインの発想や環境配慮の高度化は将来、世界市場のグリーン化を展望する時、国内メーカーの市場占有率は大いに期待できる。

環境ビジネスはこれからも事業アイテムは増え続けるだろう。自然再生推進法の立法化や循環型社会のインフラ整備に伴う新たな公共事業の創出など、環境という新しい価値観に基づいた事業へのインセンティブは次々と生起している。環境ビジネスの時代の大きなwaveに乗らないテはない。

2018年10月10日水曜日

環境ビジネスここがポイント 2002年5月

一時期、低迷していた環境装置展が息を吹き返してきた。出展企業数及び来客数も急上昇している。一方、環境装置(大気、水質汚濁防止、ごみ処理)の生産額は日本産業機械工業会(大手企業128社)によると、2000年の売り上げ1兆円5000億円と高水準に達し、今後もより一層の伸びが予測される。同工業会の分類に含まれていないその他の省エネ、新エネなどのエネルギー分野やエコマテリアル製造機などを含むと、この数字はさらに大きくなる。背景には環境ISOに準拠した環境改善活動やリサイクルや環境関連法の法制化の拡充など。

官公需要から民間需要へと急速に広がる環境装置市場において、これから開拓分野として注目を集めているのが環境装置リースである。リース導入のメリットのある民間需要は少なかっただけに、市場として未知数の状態だった。しかし、数年来の各事業所での環境改善活動の拡充に伴い、市場は広がりつつある。工作機械や建機などのリースの代替としても環境装置は有望視されている。現在、市場は廃棄物関連の破砕機や処理装置、商業施設でのコジェネレーション設備、ビルの省エネ機器など。今後はエネルギー関連でいえば、太陽光、風力など発電機リース事業、バイオマス、固形燃料化プラントや燃料電池による発電設備など。廃棄物関連では焼却炉やリサイクル関連瀬渕、炭化炉や生ごみ処理器など。

各地で検討されているPFI関連事業やエコタウン事業の中に、リースによる廃棄物、発電関連設備や装置導入が増えている。中堅リース会社の中には年契約額20億円超える会社も出ていている。また環境装置開発への出資を図るリース会社も。こうした環境装置リースの拡大の一方で、適正な導入に関わるコンサルティング、運転・管理などのメンテナンスなどの付帯業務も創出され、リース市場は本格化へ。